フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

生物 Feed

2014年10月 6日 (月)

「筑豊の自然を楽しむ会」の研修 笠置ダム公園 2

A1_2

ブルーギルやバスを撮影していると、、、。

A3_3

この子が前を横切りました♪

A4_2

今回の研修のメインはキノコの観察。

これはオオワライタケです。

A7

A8

A9

A5_3

キノコ担当博士のYさん観察中。

何キノコかな?

 by クロちゃん

「筑豊の自然を楽しむ会」の研修 笠置ダム公園 1

A4

日曜日、予定されていた「いのちのたび博物館 自然史友の会の合同観察会~曽根干潟」が台風接近による悪天候のため中止になり、不参加を表明していたもう一つの所属団体「筑豊の自然を楽しむ会」の研修に参加してきました。

場所は飯塚市の笠置ダム公園。

何時ものことですが前に進みません(笑)

A1

この日はアサギマダラが翅休めをしていました。

A3_2

A5

皆さん写真をたくさん撮ります。

私もデジカメになってバンバン撮るようになりました。

ちなみにこの日は200枚オーバー!

A6

目が少女マンガみたいです。。。

 by クロちゃん

2014年8月28日 (木)

マリモのテレビ

A1_2

先日のNHKの「神秘の球体マリモ」は面白かったですね!

今日の再放送も見てしまいました。

 by クロちゃん

2014年8月15日 (金)

初「クマムシ」

A1_6

先日、いのちのたび博物館・自然史友の会講座で行った「未知とのそうぐう~土の中の生きものさがし」は、土壌生物を観察した参加者から「きゃー可愛い!」と我々スタッフのねらい通り~生きもの観察の楽しさ~を伝えることができ高評価をいただきました。

いや~、本当に良かった!

その時、博物館からサプライズがあったのが、なんと「クマムシ」の観察!

博物館周辺の地衣類から採取したものだそうです。

私も初めて直に見る「クマムシ」に大興奮でした♪

 by クロちゃん

「ツルグレン」で土壌生物を観察しよう ~予備実習の巻~ 2

A4_2

アップが遅くなりましたが、博物館・自然史友の会会員向け~土壌生物観察の予備実習で見られた生物の一部をご紹介します。

A1_2

A2_2

A3_2

A5_2

A6_2

A7_2

ムラサキトビムシなどのトビムシ目、ササラダニなどのダニ目が多く、クモやワラジムシ、コムカデ、ヒメミミズなど多くの生物が観察できました。

 by クロちゃん

2014年8月 3日 (日)

先月遭遇したスッポン

A1

7月6日の深夜に遭遇したスッポンの顔です。

せっかく写真を撮っていたので画像をアップしますね。

A2

間に合わせに入れた衣装ケースから必死に逃げ出そうとする様子です。。。

 by クロちゃん

2014年7月28日 (月)

ミドリガメに遭遇

A1

飯塚市の自然体験プログラム「いいねん」のお手伝いに向かう途中、道端で「ミシシッピアカミミガメ」(ミドリガメ)に遭遇しました。

この前夜中に出合ったスッポンも巨大だったけど、今回も巨大です!

ミドリガメ・・・私が子供の頃は小さいのをペット屋さんで購入し飼っていたこともありましたが、現在は飼われていたのが逃げ出したり放たれたりして広く野生化してしまいました。

A3

このカメ、日本の固有種のイシガメやクサガメよりも大きくなりますし、気性が荒いため在来種を追いやる恐れがあるかもしれませんね。

しかもよく食べますし、、、。

時々口を開けて私を威嚇します。

A4

しばらく観察した後、捕獲した場所近くの農業用ため池に放ったのですが、地面に置いた途端すごい勢いで私に向かってきてズボンに噛みつきました!

コワッ!!!

まるで犬のように私を追い掛けたのでした。

ほんと凶暴だぁ。。。

 by クロちゃん

2014年7月27日 (日)

イモムシ・・・

Z1

誰かさんのおかげで・・・「イモムシ」が可愛いと思うようになった・・・。

 by クロちゃん

「ツルグレン」で土壌生物を観察しよう ~予備実習の巻~ 1

A1

2週間ほど前のことですが、北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会の有志により、会員向け講座として土壌生物の観察をやってみようということで予備実習をやりました。

写真は手作りの装置「ツルグレン」の部品です。

A2

ペットボトルや瓶、白熱電球などで作ります。

A3

熱対策にアルミホイルを使用し、自宅の庭の畑から取ってきた土を入れます。

A4

電球を下してアルミホイールで包みます。

これでセット完了。

土の中の生き物が熱を避けて下へ逃げてきます。

その生き物を顕微鏡で観察しようという試みです。

A5

この網を抜けてくるのはどんな生き物かな?

A6

最初に落ちてきたのは写真の虫たちでした。

ハネカクシが多いですね。

場所によって、種類が変わります。

これを顕微鏡で観察します。

 by クロちゃん

2014年7月21日 (月)

夜中に『日吉遊楽会』へ、ちょこっと参加

Q2

夜中(AM1時ごろ)にフェイスブックを見ていたら岸本さんたちが『日吉遊楽会』でAM3時から虫の観察をするとのこと。

「お邪魔していい?」

「本当に来ますか?」

ということで・・・

お邪魔してきました。

宮若市の山の中の旧・若宮南小学校舎

Q3_2

緑の迷彩柄がかっこいい「ウンモンスズメ」など多くの蛾の仲間が集まっていました。

蛾・・・以前は気持ち悪くて嫌いだったのだけれど、岸本さんのおかげで可愛いと思うようになりました。

Q5

あなただったら「ギャー!」ですか?

Q1

校舎の明かりにも寄っていました。

こちらは葉っぱに似た「オオエグリバ」

Q6

こちらも葉っぱに似てますね~

「アケビノコノハ」というこの蛾、触っていたら死んだふりをしました。

Q7

「ウスギヌカギバ」

Q8「アカシマメイガ」

Q9

「キオビゴマダラエダシャク」
     などなど蛾の仲間は多くて紹介しきれません。

私は3時の観察会だけでおいとま。

帰りに鹿と遭遇したのでした。。。

 by クロちゃん