フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

炭鉱 Feed

2015年8月 2日 (日)

小戸公園の石炭

A1

とある小雨交じりの週末、私とゆずさんは福岡市西区の小戸公園内を歩いていました。

ふと小道の横を見ると、、、。

A2

石炭のようです。

A3

拾い上げてみると、やはり石炭でした。

この周辺は昔、姪浜炭鉱があり、小戸公園周辺には石炭の積み出し場やボタ山がありました。

私が拾った石炭が地層中からなのかボタからなのか分かりませんが周りに層状に落ちていたので、もしかしたら地層からかもしれません。

公園から車道を挟んだ結婚式場周辺は古第三紀の海成層で貝などの化石を含み、以前このブログでリポートしたことがあります。

A4

海岸側に出てきました。

A6

砂浜に打ち上げられている黒いものは?

A7

炭でも砂鉄でもなく、どうやら細かくなった石炭のようです。

 by クロちゃん

2014年12月28日 (日)

漂着石炭

A1

先日、ソデイカを拾った海岸で一緒に持って帰った石炭。

かなり大きなものでした。

ソデイカと大きな石炭、、、。

車まで遠かった、、、、。

この海岸ではおそらく船から落ちたと思われる石炭が多く漂着します。

この石炭には小さなフジツボが付着していますね。

A2

こちらも同じ場所で拾った石炭。

比較的軽いものが良質とされます。

これは結構軽いです。

さてさて今日もアパートの整理で一日終わりそうです。

 by クロちゃん

2014年11月19日 (水)

地質鉱物研究部会巡検 / 北九州市門司鉱山のスカルン鉱床 4

A1

コケの間に可愛い水晶見っけ!

じつはカメラの調子が悪く、ピンボケばかりで現地での鉱物写真が他に無い・・・。

残念。。。

ここはスカルン鉱床でザクロ石や磁鉄鉱、珪灰鉄鉱などが見つかっています。

A3

山を下りた中腹からの眺めです。

A5

今回の採集品の一つ、灰鉄ザクロ石。

ザクロ石の綺麗なものはガーネットとして取り扱われますが、ここでは研磨剤用として採掘されたようです。

 by クロちゃん

2014年11月 9日 (日)

「筑豊 炭都物語」

A1

11月7日の新聞の筑豊版に、飯塚観光協会が「筑豊 炭都物語」という筑豊炭田を紹介したパンフレットを作成したとの記事が載っていました。

さっそく父に頼んで飯塚観光協会で貰ってきてもらいました。

表紙は「黒ダイヤ」

先日私が作った石炭の黒ダイヤと。。。

 by クロちゃん

2014年11月 3日 (月)

インテリア小物を作ってみました。

A1_2

ガラスの小瓶に所属している団体名を入れて。。。

A2_2

筑豊の石炭を入れてみました♪

 by クロちゃん

「黒ダイヤ」を作ってみました・・・石炭で。。。♪

Z1_2_2

昨日、筑豊の自然を楽しむ会(ちくぜんらく)の会議で、冗談っぽく「筑豊の石炭でダイヤを作ったら黒ダイヤやねぇ~」なんて言った私・・・。

・・・作ってみようか・・・。

と、いうことで自宅近くの目尾古川炭鉱産の石炭を使って挑戦!

これがなかなか上手くいかない・・・。

ひびが入って割れる割れる(泣)

さらにブリリアントカットを目指したのだけれど難しくて、、、。

こんなんで勘弁して!

とりあえず形になった?

A3_2

ミネラの最新号と♪

 by クロちゃん

2014年10月26日 (日)

筑豊の化石  「珪化木」  ~新生代~

A1_2

筑豊を代表する化石として「珪化木」が挙げられます。

珪化木とは地中に埋没した樹木に珪酸分が染み込み珪化したものです。

日本の近代化を支えた、かつての筑豊炭田の石炭、その石炭採掘の際に邪魔者扱いされたのがボタと一緒に掘り出された珪化木でした。

今では筑豊地区のあちこちで民家の石垣に使われていたり空き地に放置されたりして残っています。

写真の珪化木は以前、直方層群の地層中から掘り出して採取したものです。

通常、圧力により変形しているものが多いですが、この珪化木は状態が良く切り株状に保存されています。

 by クロちゃん

2014年7月21日 (月)

ビール瓶のあった炭鉱の遺構

A1

北九州市八幡西区某所。

煉瓦の遺構。

A2

ボタ山だったらしく表層はシャモット。

A3

その下のボタには、、、。

A4

石炭が含まれていました。

 by クロちゃん

2014年7月20日 (日)

「さくらビール」 ~地層の調査中に~

A1

今日の早朝、休みを有効に使おうと地層の調査に出かけました。

そこで炭鉱の遺構らしきものを確認、そのそばに落ちていたのが写真の割れたビール瓶。

A2

底には桜の絵に「九」の文字が、、、。

A3

「SAKURA BEER」とロゴがある。

A4

反対側には「サクラビール」。

調べてみると、大正時代に誕生した九州最古のビールで、今から70年前に姿を消したビールだそうです。

http://mojibeer.ntf.ne.jp/mojiko/topic_sakurabeer.htm

私が思うに傍の炭鉱の遺構は煉瓦から明治期のものと考えられ、おそらく同時期のものでしょう。

残念ながら割れていたので(ヒビも入っていた)放置してきましたが、しばし現地でタイムスリップした私でした、、、。

 by クロちゃん

2014年3月24日 (月)

田川市内のボタ山で

A1 先日、田川市内を地層の観察で回っていたところ、某所のボタ山に転がっていたのが写真の珪化木。

まるでストロマトライトのようです。

 by クロちゃん

続きを読む »