フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

化石・直方層群・大辻層群 Feed

2018年6月25日 (月)

筑豊炭田遺跡群、国史跡指定へ!

Cimg1612

2018年6月16日の新聞の朝刊です。

地方版(筑豊版)に大きく「筑豊炭田遺跡群が国の史跡指定へ」の記事が掲載されました。

文化庁の発表によりますと、6月15日に文化審議会から文部科学大臣に答申されたもので、官報告示の後に登録される予定です。

文化庁のHPによりますと・・・

筑豊炭田遺跡群は

三井田川鉱業所伊田坑跡(田川市)

目尾炭坑跡(飯塚市)

旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所および救護練習所模擬坑道(直方市)

の筑豊地区3市の遺跡群で構成されています。

内容は・・・

福岡県北部の遠賀川流域に開発された,明治中期から昭和20年代にかけて,我が国最
大の炭田であった筑豊炭田の遺跡群である。炭鉱経営は中央財閥,筑豊地方の有力者,小
坑主によるものであった。筑豊炭田は明治30年(1897)には全国産出量の50%を
超え,昭和15年(1940)を出炭量のピークとしてその後は漸減し,昭和48年(1
973)までに閉鎖となった。三井田川鉱業所伊田坑跡は,筑豊最大規模を誇った炭坑跡
で明治43年(1910)築の竪坑櫓1基と,炭坑節でも唄われた明治41年(1908)
築の煉瓦煙突2基が残存し,竪坑の巻上機室や汽缶場の基礎などが確認された。目尾炭坑
跡は杉山徳三郎が明治14年(1881)に筑豊で初めて蒸気機関による排水に成功した
遠賀川沿岸の炭坑で,杉山が排水に成功した竪坑を覆うコンクリート製蓋や煙突基礎など
を確認した。明治43年に完成した旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所には,筑豊の炭坑経営
者たちが集まり,採炭制限や保安対策などについて議論した。同組合の救護練習所模擬坑
道は,大正9年(1920)に設置された煉瓦造と鉄筋コンクリート造のアーチ型の練習
坑道で,炭坑の深部掘削を背景とした爆発事故に対応して作られたものである。石炭業を
採炭,運搬,労働環境など多岐の面より理解する上で重要である。

と、いうものです。

小・中・高校の頃、考古学に熱中していた私ですが、まさか近代の炭鉱跡が国の史跡の指定を受ける時代が来ようとは、その頃は思ってもみませんでしたが、今となってみれば、国が歩んできた歴史を語るうえで貴重な遺跡と言えるでしょう。

この3市の遺跡のうち、田川市と直方市の遺跡に関しては、整備保存され、ほぼ見学可能なのに対し、飯塚市は遺跡は発掘後に埋め戻され、現在見学は出来ません。

Cimg1599

これが現在の目尾炭鉱跡(飯塚市)です。

草ぼーぼーでしょ、、、。

ちなみに目尾は「しゃかのお」と読みます。

Cimg1598

遠景です。

現在道路になっているところは、昔、幸袋線という鉄道の軌道があり、目尾炭鉱には積み出し用の引き込み線がありました。

じつはここ、私の実家の目と鼻の先なのです。

目尾炭鉱跡は、現在のような草ボーボーでなく、畑や線路、積み出し場の跡があり、私が子供の頃の遊び場の一つでした。

Cimg1603_2

この写真は平成27年5月にあった、飯塚市教育委員会による目尾炭鉱跡の発掘調査の現地説明会の様子です。

排水台座と排水管のようです。

その他にも、円形や八角形の煙突の台座などが見つかっています。

今後、飯塚市がどういう遺跡の活用を考えるのか、お手並み拝見です。

 by クロちゃん

2018年1月 3日 (水)

琥珀入りの石炭

A2

先日、北九州市若松区の海岸へ向かう途中のこと、遠賀郡水巻町の某ボタ山の横を車で走行中、道路脇にボタが落ちているのを確認、車を停め妻と一緒に見てみると立派な石炭で中に琥珀が入っていた。

A3

妻が拾った別の琥珀入り石炭。

比較的琥珀を含むことが多い大辻層群産でしょうね。

 by クロちゃん

2016年9月19日 (月)

宮若市「光陵グリーンパーク」の珪化木展示

A1_3

連休というのに嫌な雨ですね。

筑豊炭田全盛のころ、かつて炭鉱があった宮若市(旧宮田町)。

その炭鉱の跡に「光陵グリーンパーク」という野球場などの運動公園が完成し、その一角に巨大な珪化木の展示ができています。

A4

場所はクラブハウスという建物の横。

周辺の道路からの入り口は2つあります。

公園は広いので探してみてください。

A3

それにしても巨大な珪化木の立ち木です。

A2_2

説明版です。

宮若市、なかなか良い対応をしてくれますね。

ありがたいです。

実はこの場所、ずっとブログで紹介したいと思っていたのですが、公園が長期間工事中で危険なため紹介を控えていました。

昨日、見てきましたが、ほぼ工事は終了したように思います。

この場所の良さ、それは当ブログの上部の画像の石炭層の見学ができることです。

ちょうど石炭層に沿って歩道が整備されており、見ることができます。

ただ・・・石炭層のある崖は宮若市の所有ではありませんので、いつまで見学が可能なのかは分かりません。

いつの日か整備され見れなくなるかもしれません。

かつて筑豊地区では石炭の露天掘りの跡など多くの場所で石炭層を含む地層を見ることができました。

しかし現在、開発が進みその場所は消滅、またはコンクリートで巻かれ固められ見ることができなくなっています。

石炭層が見てみたいと思われる方がいらっしゃいましたら近いうちにどうぞ。

それと、「光陵グリーンパーク」から車で5分くらいのところに宮若市の石炭資料館もありますのでセットで見学されることをお勧めします。

巨大な珪化木でできた石垣も近くにありますよ。

 by クロちゃん

2016年8月 9日 (火)

お盆の「筑豊化石収蔵庫」の公開について

2016年8月、お盆の間に筑豊化石収蔵庫の見学を募集します。

今年は8月13日(土)を予定しています。

場所は福岡県飯塚市目尾です。

地元の筑豊地区を中心に北九州・山口の化石を展示しています。

個人の資料館ですので大きな標本など、目立つ展示は無いかもしれませんが、郷土の大昔のことを知りたいという方がいらっしゃいましたら一度見学はいいかがでしょうか?

最近は子育てでバタバタしていますので、採集にも行かず、子ども中心の生活になっていますが、お盆の一日(13日)は時間を作りますので希望される方がいらっしゃいましたらコメントを残してください。

追って返事をします。

 by クロちゃん

2016年7月 2日 (土)

ブログデザインが変わりました

ブログのデザインが変わり、上方が福岡県筑豊地区某所の地層の写真になりました。

時代は古第三紀始新世で「直方層群」という名前のついた地層です。

縞の黒い部分は「石炭」です。

所々に樹木の化石である珪化木も見られます。

A11

[地層中の珪化木] 

先日、日本地質学会で47都道府県の「県の石」が発表されました。

岩石・鉱物・化石をそれぞれ1つに絞って認定されています。

福岡県で認定された岩石が「石炭」です。

筑豊地区では、かつて石炭採掘が盛んで、石炭層は多くの場所で観察できましたが、現在では整地され観察できる場所は少なくなりました。

 by クロちゃん

2015年11月14日 (土)

お知らせ「筑豊の化石展」

A1_2

11月8日の「エコ工房まつり」の日限定とお知らせした「筑豊の化石展」ですが、筑豊の化石を触ってみようのコーナーと、石材の中の化石(街の中の化石)コーナーを除いた展示で、まだ「エコ工房」に残しています。

せっかく展示したので、もうしばらく展示を延長します。

ただし、私が居ないので解説が出来ません。

また、いつまで展示するか、現在のところ決まっておりません。

見学を希望される方は、直接「エコ工房」まで問い合わせください。

 by クロちゃん

2015年11月 9日 (月)

「筑豊の化石展」ご来場ありがとうございました

A1

11月8日「エコ工房まつり」にて開催された「筑豊の化石展」

多くの家族連れの皆様にご来場いただきました。

ありがとうございました。

とりあえずお礼まで。。。

 by クロちゃん

2015年11月 7日 (土)

いよいよ明日11月8日「筑豊の化石展」エコ工房にて

A1

写真は筑豊各地から見つかった古第三紀の植物化石やコハク。

さて、いよいよ明日に迫った「筑豊の化石展」。

11月8日はイベントが多い日なので、時間を取るのは難しいかもしれませんが、興味のある方はぜひお越しください。

もちろん私も展示スペースで待機しております。

質問等お受けいたしますので、お声をお掛けください。

なお当日会場では「エコ工房まつり」が開催されており、飲食コーナー等ございますので利用してください。

http://eco-kobo.com/img/ecofesta2015.pdf

住所等はこちら

http://eco-kobo.com/

時間が10:00~15:00になっておりますのでご注意ください。

A2

街の中で見つける化石のコーナーや、化石に触ってみようのコーナーも設けました。

A3

A4

エコ工房の館長さんが足寄動物化石博物館の新村学芸員さんにデータ提供のご協力をいただき、建物の中を古代生物でディスプレイ。

A5

館長さん、なにやら工作中・・・

恐竜たちと記念撮影できる「たてばんこ」を用意するみたいですよー♪

 by クロちゃん

2015年11月 6日 (金)

「筑豊の化石展」の準備 5 エコ工房にて

A1

中生代白亜紀の時代、筑豊や北九州~山口にかけてあった湖「古脇野湖」に生息していた貝類やカメ・ワニ・魚などの他、ソテツやシダ・イチョウなどの植物化石も展示します。

 by クロちゃん

2015年11月 5日 (木)

「筑豊の化石展」の準備 4 エコ工房にて

A1

筑豊の白亜紀ストロマトライトの展示。

私は化石の選択と配置などを担当、そして妻(ゆずさん)へ簡単な説明をすると、横でスラスラと図と共に書いていく。

それがとても分かり易く、図がまた上手なのです。

彼女の才能には、いつも関心します。

ちなみに今回は私の世界のストロマトライトのコレクションも展示します。

 by クロちゃん