フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

ビーチコーミング・自然・化石 Feed

2018年12月31日 (月)

ビーチコーミング~歩き納め~

12月30日の早朝、暗いうちから岡垣町へ。

到着した時はまだ暗く、ライトを取り出そうと車の中を探すと

・・・忘れてきた。。。

Dscn1409

仕方がないので、暗闇の海岸を歩き始めることに。

間もなくクサフグに遭遇。

ソデイカ無いかな~

しばらく食べてないから食べたいな~

アオイガイ無いかな~

こちらもしばらく出会えてない。

Dscn1413_2

歩いていると少しづつ明るくなってきた。

真新しい先客さんの足跡を追うように進んでいきます。

ここは毎日歩いている方が数人いらっしゃいます。

Dscn1418

Dscn1435

今回は満ち潮で漂着物が多いようです。

ただ、時折吹雪いて寒く、足早に歩いてのビーチコーミングです。

小さいものから大きなものまで、カエル浮きも多く漂着していました。

Dscn1420

こんな浮きもありましたよ。

Dscn1422

綺麗なロープがありました。

でもエボシガイの赤ちゃんがくっついていたので、しばらく海に浮かんでいたようです。

これは使えそうなのでお持ち帰り。

Dscn1423

こんな大きなものも数本漂着していました。

海の上で船にぶつからないか心配になりますね。

Dscn1438

こんな冷蔵庫の残骸や・・・

Dscn1424

ドラム缶も・・・

さらに毎年この時期困る漂着があります・・・

Dscn1433

それがこのポリタンク!

韓国などで網の消毒に用いる過酸化水素など、強酸性の液体が入っていることがあり危険なのです。

Dscn1428

今年ももれなく日本海側に大量に漂着しているようです。

見つけても蓋を開けたりしないようにしてくださいね。

各自治体で危険物として回収対象となっています。

Dscn1437

Dscn1431

Dscn1426

今回の漂着物は生物系が少なく、ゴミが多いという結果となりました。

2018年10月29日 (月)

ルリガイ

Dscn1255

日曜日の夕方、久しぶりに海へ家族で出かけてきました。

写真は長男と椰子です。

Dscn1261

お目当ては長男の前にあるもの。

Dscn1260

ルリガイです。

数日前に友人から漂着の情報を聞いており、まだあるかなーと来てみたのですが、「ありました!」

欠けはありますが、拾えて良かった。

臭いと言われる中身は抜けてるし♪

Dscn1265

りんたろうも楽しそうに遊んでいました。

Dscn1276

やっぱり海は良いですねー

 by クロちゃん

2017年12月10日 (日)

「2010年と2013年に九州北部で採集されたアオイガイ(カイダコ)の交接腕」のレポート

A2

A3

以前、当ブログでも報告したアオイガイの交接腕を採集した話ですが、やっとレポートとして雑誌に掲載することができました。

所属する漂着物学会誌にお願いするか迷いましたが、同じく所属する北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会の会誌がカラー写真を多く掲載可能と考え投稿しました。

掲載されたのは、北九州市立自然史・歴史博物館友の会誌「わたしたちの自然史」2017/第140号で、本文と写真合わせて10ページになりました。

これまでに私が確認したアオイガイの交接腕は計13本。

実験も取り入れ、一般の方にも分かり易く書いたつもりです。

日頃からブログ等を通じて情報交換していただいている皆様には、本当に感謝しております。

今後このレポートが、アオイガイの生態解明のヒントになれば幸いです。

 by クロちゃん

2017年11月28日 (火)

貝殻のリース

A1

ビーチコーミングで拾った貝殻で、真っ白なリースを作ってみました。

 by クロちゃん

2017年11月26日 (日)

りんたろうの初ビーチコーミング

A1

2017年11月12日、私と妻、長男と海へ。

りんたろうのビーチコーミングデビューです。

A4

いろいろと気になるものがあるらしく、先へ進みません。

A2

拾ったよ!

A3

韓国のアナゴの漁具やらなんやら拾っていました。

遠くに見える長男。

時々、こちらをチラッとみては座り込み、漂着物を手に取っていました。

 by クロちゃん

2017年5月11日 (木)

若松の海岸にて

A1

連休中は家族で海岸にも行きました。

風が強く、黄砂もあったけど、気持ちよく過ごせました。

私と妻は別々にビーチコーミング。

妻は小さな珪化木とメノウ狙いです。

A2

ここの地層の大半は芦屋層群で所々化石を含みます。

写真はツノガイの化石。

家族で歩いていると、ビーチコーミングをしている人がいたので声をかけ、化石があることを伝えました。

色々と話していると、ブログの読者さんであることが分かりました。

フィールドでの出会いも楽しさの一つです。

 by クロちゃん

2017年5月 7日 (日)

4月30日・夜のビーチコーミングにて

A1

ゴールデンウイーク前半、旅行から帰ってきた日、ウズウズして一人夜のビーチコーミングへ出掛けました。

以前は昼夜問わず出掛けてましたが、さすがに歳が。。。

結果、波打ち際に小ぶりなアオイガイを一つ見つけました♪

一つでも見つかって良かった。。。

 by クロちゃん

2017年2月 5日 (日)

美しき糸島の海岸を楽しむ ライフスタイルを考える ー鳴き砂と漂着物

A5_2

1月29日、向かった先は・・・

A6_2

福岡県の最西部、「糸島市」

福岡市に近接し、自然豊かな場所としてテレビでも良く取り上げられるところです。

そしてこの場所「姉子の浜」

鳴き砂で知られています。

この日は雨で砂が濡れていたため、残念ながら鳴きませんでした。

私は海岸の横にある観光案内所で鳴き砂の音を聴かせていただきました。

A3_3

場所を移動し、深江の公民館へ。

九州大学院 工学研究院主催の講演会

「美しき糸島の海岸を楽しむ ライフスタイルを考える -鳴き砂と漂着物」に参加しました。

写真は主催の九州大学の清野先生。

漂着物学会の会員でもあります。

会場には私を含め漂着物学会の会員さんがちらほら、ブログでお世話になっているsatoさんやあかずきんさんも参加しています。

A4_2

そう、この日はゲスト講演者として漂着物学会のshigeさんが来られていたのでした。

写真はshigeさんのこれまでの歩みの中で、1990年に福井県初記録の恐竜足跡を発見したエピソードを紹介しているところです。

「なんか自分と似ているな~」っと勝手に考えながら聴いていました。

shigeさんのライフスタイルは私の手本でもあります。進化系とでも言いましょうか、、、。

とにかくカッコいい生き方だと思っています。

講演の中で伝えようとしていらっしゃることの一つが、楽しさだと思います。

楽しみながら自然を学ぶ。

自然と親しみながら郷土愛を育んでいく、そういう流れができると素晴らしいと思います。

きっと心も豊かになるんじゃないかなぁ。

A1_3

講演会の後、shigeさんとあかずきんさん、satoさんと私の4人で食事をしました。

A2_3

shigeさんから思いがけず素敵なサプライズのプレゼントが!

海豆や写真のアサガオガイなどの漂着貝を私たちのために用意してくださっていました。

私はなかなか拾えずにいた貴重なものです。

さらに私には福井の前期白亜紀貝類化石のプレゼントを用意してくださり感激しました。

どれもコンディションの良いもので、福岡の前期白亜紀貝類化石との比較標本として活用させていただきます!

本当にありがとうございました。

追伸・先日のアオイガイの交接腕の原稿ですが、昨日行われた北九州市市立自然史・歴史博物館 自然史友の会の事業担当幹事会出席のおり、出版担当幹事へ提出させていただきました。発行までまだ時間がかかりますが、発行の際は皆さんの手元にお届けさせていただきます。

 by クロちゃん

2017年1月 9日 (月)

久しぶりに若松でビーチコーミング

A11月9日祝日の午後、久しぶりに北九州市若松区の海岸に出掛けました。

A2_2

A3

周辺は約3000万年前の海成層「芦屋層群」が分布しています。

写真はアシヤヒタチオビ。

このまま取り出すと、バラバラになってしまいます。

上手に取り出すためには、表面を接着材やレジンで補強する必要があります。

そして掘り出した後、見えていない裏側からのクリーニングをするのが良いでしょうね。

 by クロちゃん

 


 

2017年1月 2日 (月)

今年最初の海へ

Aa1

A2_5

A3_10

どんな味なんだろう。。。

 by クロちゃん