フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

化石 Feed

2017年8月25日 (金)

西日本新聞 8月24日 筑豊版 「森へおいでよ」48

Dsc_0429

2017年8月24日の西日本新聞朝刊の筑豊版に、私が書いた記事が掲載されました。

今回は、筑豊地区で産出する「琥珀」について書きました。

新聞紙面では文字数だけでなく、書くにあたって何かと制限があったりしますが、ある程度は伝えることができたのでは、、、と思います。

地方版ですので、なかなか見ることができないと思います。

ですが、しばらくの間、ネット版で見ることができます。

しかもカラーです。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/fukuoka_serialization/article/353187/

 by クロちゃん

2017年7月25日 (火)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ⑥お土産編

A1_4

博物館での楽しみの一つに、ミュージアムショップでの買い物があります。

今回もいろいろと買いましたが、その中で御船町恐竜博物館オリジナルのものを少し紹介します。

先ずは子供用に買ったTシャツ。

デザインが可愛いですね。

色は他にブルーなど数色用意してありました。

A3_2

同じデザインのクリアファイルと下敷きです。

別バージョンもあります。

A2_3

私のお気に入りがこれ!

藍染めの手拭い。

A4_3

この「和」なデザイン、とっても良いでしょ♪

他に数種ありました。

 by クロちゃん

御船町恐竜博物館へ行ってきました ⑤

A1

A1_2

2階から恐竜骨格ゾーンを見たところです。

A2

2階には、地球の歴史についての展示がありました。

A3

酸素をもたらすという大きなイベントのきっかけとなった、ストロマトライトも展示されています。

微化石を紹介する美しい展示もありました。

A4

A5

その他にも、化石のクリーニングの様子が見れたり、恐竜キーホルダーづくりや、紙粘土アンモナイトづくりなどの各種体験教室があります。

また、夏休み化石教室も事前申込制で開催されています。

詳しくは御船町恐竜博物館のホームページをご覧ください。

http://www.mifunemuseum.jp/index.php

博物館の隣の観光交流センターでは、化石発掘体験を行っています。こちらも事前予約制です。

御船町観光ホームページから予約が出来ます。

A6

御船町恐竜博物館、おすすめです!

 by クロちゃん

2017年7月24日 (月)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ④

A5

恐竜の全身骨格ゾーンの周りには・・・

A1

御船層群から見つかった恐竜化石や・・・

A4

ほ乳類化石、翼竜化石も展示してありました。

A6

様々な恐竜の歯の形状が分かる展示。

A3

激しく動く羽毛恐竜ロボット。

これには、小さな子供たちが集まっていました。

A2

マチカネワニの展示もありましたよ。

ここから2階の展示へ移動します。

つづく。。。

 by クロちゃん

2017年7月22日 (土)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ③

A1

恐竜の全身骨格ゾーンは迫力もあって、子ども達にも大人気です。

A2

スピノサウルス、かっこいいですねー。

A3

ここは展示場が明るく、目の前で見れるので詳しく観察できます

A5

標本のクオリティも高くて・・・

A6

歯の形状もよく分かります。

A4

リアルな復元模型も一緒に展示しているのは有難いですね。

つづきます。。。

 by クロちゃん

2017年7月21日 (金)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ②

A2

入り口の展示の中には・・・

A1

先日の古生物学会で発表されていたヨロイトカゲの実物化石が展示されていました。

現在北九州市立自然史・歴史博物館自然史友の会の会員でもある筑紫氏の研究成果です。

素晴らしい!

A3

館内は近代的で綺麗な作りになっています。

常設展、ワクワクしてきます。

A4

最初に目に入ってきたのは、肉食恐竜の歯が日本で最初に見つかったことで知られる「ミフネリュウ」の歯です。

昭和54年、当時小学校1年生だった早田展生さんによって発見されました。

御船の恐竜化石研究のスタートとなった化石です。

A5

御船の白亜紀の地層の剥ぎ取り標本です。

この地層から発見された化石により、再現されたのが・・・

A6

A8

このジオラマです。

恐竜だけでなく、ワニやカメ、魚類も再現されています。

A7

これには、1歳の息子も興味津々です。

A9

もちろん、見つかった実物化石標本も多数展示されています。

この後、世界の恐竜骨格ゾーンへ進みます。

つづきます。。。

 by クロちゃん

2017年7月20日 (木)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ①

A1_2

夏になると、各地で恐竜展が開催されます。

九州では・・・

・「恐竜展―トリケラトプスの仲間とその進化―」

 平成29年7月15日(土)~9月3日(日)の日程で、天草市立御所浦白亜紀資料館にて開催。

 開館20周年記念の特別展ということで、なんと入場料無料!

 化石の採集体験等、無料の体験イベントも行っています。

・「新発見 恐竜時代の支配者 ~進化するモンタナの恐竜たち~」

 平成29年7月15日(土)~11月26日(日)の日程で御船町恐竜博物館にて開催。

 御船町恐竜博物館は、平成28年4月に発生した熊本地震で被害を受け、長らく休館していまし た。

旧博物館から新館になって訪ねてなかったこと、復興をこの目で確認したかったこともあり、7月16日に家族で出かけてきました。

A2

御船町恐竜博物館近くの公園に設置されたモニュメント。

ここに来るまで、未だブルーシートが掛けられた住宅や、仮設住宅を目にしました。

A3

A4

それでも、博物館には多くの家族連れが来ており、各所の臨時駐車場はすぐに一杯になっていました。

やはり恐竜パワーは凄いですね!

A5

新しくなった博物館。

恐竜の前で皆記念撮影していました。

A6

モンタナ州立大学付属ロッキー博物館と、御船街恐竜博物館、姉妹館提携5周年記念。

熊本県・米国モンタナ州姉妹提携35種年記念の特別展です。

A7

A8_2

A8_3

A9

A0

A00

息子には、まだ何が何だか分からないでしょうが。。。

ここまでは特別展での一コマ。

つづきます。。。

 by クロちゃん


2017年7月 7日 (金)

西日本新聞 筑豊版 森へおいでよ 〈41〉

Dsc_0369

昨日、2017年7月6日発行の西日本新聞・朝刊の筑豊版に、私が書いた記事が掲載されました。

これは、筑豊の自然を楽しむ会(ちくぜんらく)が、メンバー持ち回りで、それぞれの得意分野で、筑豊の自然と人との関わりについて書いているもので、今回私は関門層群脇野亜層群の化石について書かせていただきました。

地元の人には、あまり知られていない白亜紀の化石。

興味を持って下さる方が出てきてほしいを願っています。

しばらくは、西日本新聞のネット版でも見ることができます。

 by クロちゃん

2017年6月19日 (月)

古生物学会にて

Dsc_0745

2017年6月11日、古生物学会年会の最終日、一般向けの講演会を含む全てのプログラムが終わった後、博物館の売店の前に科博の真鍋先生がいらっしゃったので息子と一緒に記念撮影をお願いしました。

先生、ありがとうございました。

普段は仕事で古生物学会の参加は難しいのですが、今年は北九州での開催でしたので、なんとか部分的にですが参加できました。

古生物の世界は研究が進み、新たな仮説や発見が次々と出てきていますので目が離せません。

今回の学会で、福岡大のグループがポスター発表していたのが、地元、関門層群の恐竜類の多様性についてでした。

これは北九州市小倉南区の関門層群で以前採集されていた化石についての研究で、一つは獣脚類の遊離歯でドロマエオサウルス科のものと同定。もう一つの骨化石(長さ35㎝、高さ20㎝、幅7㎝)については竜脚類のティタノサウルス形類のものと同定されたというもの。

この化石を含む岩塊は、以前まとめて博物館へ運ばれ、岩が弱い変性を受け非常に硬いことから、長い間外気にさらして割りやすいようにしていたもの。私も過去に割り出しに参加したことがありました。その時、一緒に出ていた化石はビビパルスでした。

話しを戻しましょう。

関門層群ですが、これまでに宮若市から獣脚類の遊離歯標本によるワキノサウルス、北九州市小倉南区から角竜類の遊離歯標本が見つかっています。

そして先日の山口県下関市の関門層群から獣脚類の卵化石発見のニュース。

これには驚きました。

驚いた理由は二つ。

一つは化石が1965年に採集されていたということ。そして長い間保管され、今、研究され世に出たこと。

二つ目は、発見されたのが関門層群脇野亜層群ではなく、関門層群下関亜層群だということ。火山活動が活発になる下関亜層群では。化石の発見は難しいと考えていたが、下部層ではさらなる発見が期待できるかもしれない。

関門層群はまだまだ研究されていない地層であり、ポテンシャルを秘めています。

今後の望みは、皆が研究しやすい環境をつくること。

これが難しい。

保護・保存と研究。

両立させるには道徳心や管理が必要となる。

他の地域の試みを参考に、良い方向に進むことを願う。

 by クロちゃん

2017年6月13日 (火)

放散虫ストラップ

A1_2

古生物学会の物販で購入したRC GEARさんの放散虫ストラップ。

コースターとステッカーのおまけつき。

生物大好き理科教員の妻へのお土産です。

A2

「ポドキルティス・ゲーテアナ」始新世の放散虫です。

スターリングシルバー製のストラップですが、ペンダントに作り替えようと思います。

それにしてもよく出来てますよね~

歯科技工士の私は大変さが分かるのです。。。

 by クロちゃん