フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

化石・芦屋層群 Feed

2019年3月10日 (日)

もうすぐ届く「自然史資料集 化石研究部会と芦屋層群の化石」

皆様ご無沙汰しております。

私が所属している北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会 会誌の特別号が、もうすぐ会員の手元に届きます。

会員には会誌「わたしたちの自然史」がありますが、今回はその特別号になります。

「私たちの自然史 自然史資料集 化石研究部会と芦屋層群の化石」 です!

内容は芦屋層群の代表的な観察地である藍島と馬島の紹介、そして長年会員が集めてきた芦屋層群の化石の紹介等です。

構想から完成まで、資金の問題や構成などで長く時間がかかりました。

その中で、化石研究部会創設からお世話になった博物館顧問のOK先生には、編集から出版までの間、そとんどすべての工程に多大なご協力をいただきました。本当にありがとうございます。

資料の提供や写真撮影では会員の皆さん、編集では博物館の先生方、そして出版では慣れないネット印刷までの校正作業をKIYONOさんにご協力いただきました。

本当に本当にありがとうございました。

化石研究部会として一つ区切りができたように思います。

この特別号ですが、北九州自然史・歴史博物館 自然史友の会会員向けに発送されます。

おそらく明日からご自宅に届き始めると思います。

会員外の方には残念ながら非売品となっておりますのでご了承ください。

 by クロちゃん

2019年1月20日 (日)

下関・元旦小旅行 4 彦島西山の化石層

Cimg3203jpg1

続いて訪れたのは「彦島西山の化石層」です。

海岸にかかる橋の周辺に化石層があります。

駐車場はありませんので、見学するにはちょっと不便ではあります。

Cimg3205

橋には、おそらくグリキメリスと思われる貝の化石をモチーフにしたデザインが♪

Cimg3207

橋の中央付近に海岸へと降りられる階段があります。

Cimg3210

Cimg3208

ここで注意!!!

ここの岩盤は下関市指定文化財(天然記念物)に指定されておりますので、化石の採集はもちろん、岩盤を叩くことはできません!!!

ルールを守って見学だけにしましょう。

Cimg3217

見えている岩盤すべてが芦屋層群の地層で貝化石を豊富に含んでいます。

Cimg3211

Cimg3213

重なり合った二枚貝化石のグリキメリスを見学できます。

Cimg3221

橋の下にも。

過去に地元で化石層の保存運動があり、橋は化石層を避けて建設されました。

保存と研究を考えると難しい面もありますが、これだけ立派な貝化石層がそのまま現地で保存され、何時でも誰でも自由に見学ができるというのは素晴らしいことだと実感しました。

地学の学習におすすめのスポットです。

 by クロちゃん

2019年1月13日 (日)

下関・元旦小旅行 3

Cimg3176

下関でサンデン交通のバスの後ろを走りながら向かった先は彦島!

Cimg3179

さらに進んで竹ノ子島へ向かうのでした。

Cimg3189

ここは簡単に海岸へは出れそうになかったので、地元の方にお願いして浜へ案内していただきました。

ありがとうございます!

Cimg3190_4

浜にはソデイカが二つ。

一つにはトビが群がっていました。

Cimg3197

木材の漂着が多いですね~

Cimg3201

こちらはプラゴミがいっぱい!

Cimg3199_2

この周辺の地層は約3000万年前の海成層の芦屋層群。

生痕化石(オフィオモルファやタラシノオイデス)が見られます。

ここは短時間で切り上げて次の場所へ移動です。

 by クロちゃん

2018年5月28日 (月)

芦屋町 平成30年度 化石探検~家族で化石を探そう~ 

A1

平成30年5月27日(日)、福岡県遠賀郡芦屋町にある芦屋町歴史民俗資料館のイベント「化石探検~家族で化石を探そう~」の講師を務めてきました。

芦屋町にはプロトプテルムなどの化石で世界的にも知られる古第三紀漸新世の海成層「芦屋層群」が分布しています。

今回は実際にフィールドに出て化石を探しながら、楽しく町の地球史を学ぶというものです。

ルールは、露頭の地層は叩かないこと。ハンマーで叩いて良いのは浮いている石、転石のみです。

地層中にはアシヤキリガイダマシなどの貝化石が見えていますが、これらは見学用にそのまま残しておくこと。

資料館で陳列してある化石を見て、レクチャーした後現地へ移動。

A2

今回の参加者、なんと80名!

凄い人気ですね!

子どもも親も張り切ってます。

皆さん何か見つけると、私のところに持ってきて鑑定です。

石の割れ目に付いている赤い鉄分を何かの化石と思って持ってくる子どもさんや、黒く炭化した植物片が含まれた石を持ってくる方が多い中、ばっちり貝化石をゲットする方もいらっしゃいました。

見つかった貝化石は、アシヤキリダイダマシが最も多く、他にもソデガイやアシヤハマグリ、アシヤキララガイ、アシヤニシキがあり、アシヤブンブクと思われるウニの化石を見つけたお父さんもいらっしゃいました。

ゴカイなどが残した生痕化石を見つけた方も多かったですね。

上の写真は小さいですが樹脂の化石、琥珀です。

大昔、水に運ばれて海で堆積したものが見つかることがあります。

見つけた方、皆さんおめでとうございます。

今回は、残念ながらサメの歯を見つけた方はいらっしゃいませんでした。

A3

ここ数年、毎年講師を引き受けさせていただいておりますが、前任の昭ちゃん先生が講師をしていた頃と比べると、ちょっと化石が少なくなったかなという印象がありますが、後のことを考えて露頭の化石は叩かないようにお願いしたいと思います。

参加された方、お疲れ様でした。

 by クロちゃん

2017年12月31日 (日)

2017年の思い出 長男 初めての化石採集

A1_4

10月、芦屋層群の地層が露出している海岸で、長男が手にしているのは?

Dsc_0457

二枚貝の化石です。

Dsc_0453

風化で崩れている崖から、コロンと化石が落ちてくることがあります。

長男が手にしていたのは、約3000万年前のアシヤフミガイの化石でした。

本人はよく分からず、味見していました(笑)

 by クロちゃん

2017年5月11日 (木)

若松の海岸にて

A1

連休中は家族で海岸にも行きました。

風が強く、黄砂もあったけど、気持ちよく過ごせました。

私と妻は別々にビーチコーミング。

妻は小さな珪化木とメノウ狙いです。

A2

ここの地層の大半は芦屋層群で所々化石を含みます。

写真はツノガイの化石。

家族で歩いていると、ビーチコーミングをしている人がいたので声をかけ、化石があることを伝えました。

色々と話していると、ブログの読者さんであることが分かりました。

フィールドでの出会いも楽しさの一つです。

 by クロちゃん

2017年1月 9日 (月)

久しぶりに若松でビーチコーミング

A11月9日祝日の午後、久しぶりに北九州市若松区の海岸に出掛けました。

A2_2

A3

周辺は約3000万年前の海成層「芦屋層群」が分布しています。

写真はアシヤヒタチオビ。

このまま取り出すと、バラバラになってしまいます。

上手に取り出すためには、表面を接着材やレジンで補強する必要があります。

そして掘り出した後、見えていない裏側からのクリーニングをするのが良いでしょうね。

 by クロちゃん

 


 

2016年8月 9日 (火)

お盆の「筑豊化石収蔵庫」の公開について

2016年8月、お盆の間に筑豊化石収蔵庫の見学を募集します。

今年は8月13日(土)を予定しています。

場所は福岡県飯塚市目尾です。

地元の筑豊地区を中心に北九州・山口の化石を展示しています。

個人の資料館ですので大きな標本など、目立つ展示は無いかもしれませんが、郷土の大昔のことを知りたいという方がいらっしゃいましたら一度見学はいいかがでしょうか?

最近は子育てでバタバタしていますので、採集にも行かず、子ども中心の生活になっていますが、お盆の一日(13日)は時間を作りますので希望される方がいらっしゃいましたらコメントを残してください。

追って返事をします。

 by クロちゃん

2016年5月21日 (土)

明日は「芦屋歴史の里」(歴史民俗資料館)の行事へ

ご無沙汰しております。

妻が出産準備のため実家へ帰っておりまして、毎日バタバタしております。

ブログの更新を待っている皆様、気長にお待ちいただけると有難いです。

さて、明日は遠賀郡芦屋町の「芦屋歴史の里」の行事のお手伝いに行ってきます。

久しぶりの芦屋層群です。

参加される皆様よろしくお願いします。

 by クロちゃん

2016年2月29日 (月)

ビーチコーミング&化石採集 2月28日 その1

A1

A2

A3

A4

A5

月が綺麗でした。

 by クロちゃん