フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

化石・生物・自然 Feed

2014年10月26日 (日)

神奈川県立 生命の星・地球博物館 5

A3

A5

A4

美しい鉱物標本の展示

 by クロちゃん
 

2014年10月19日 (日)

神奈川県立 生命の星・地球博物館 4

A1

さらに奥へと進むと・・・

A2

私のお気に入りのスペースが♪

A3

ここは大好きなストロマトライトの展示が充実しているのです。

A4

A5

A7

A6

オーストラリア・シャーク湾の現生ストロマトライトの標本も展示してあります。

 by クロちゃん




2014年10月17日 (金)

神奈川県立 生命の星・地球博物館 3

A1_2

隕石衝突の痕跡

A2

A3

最古の岩石の数々

 by クロちゃん

2014年10月15日 (水)

神奈川県立 生命の星・地球博物館 2

A1

ロビーです。

左手にはミュージアムショップがあります。

自然史関係の書籍も充実していました。

企画展の「外来生物」は後にレポートしましょう。

A2

それでは常設展へ。

先ずは地球誕生から。。。

A3

様々な隕石の展示。

A4

A5

 by クロちゃん

2014年10月14日 (火)

神奈川県立 生命の星・地球博物館 1

A1_3

小田原から箱根登山電車で3つ目の駅「入生田」で下車。

A2_3

歩いて直ぐのところに神奈川県立 生命の星・地球博物館があります。

ここに来るのは本当に久しぶりです。以前サメの歯化石研究会に所属していた時、小田原で古生物学会があり、同時にサメの歯化石研究会の例会も開催。

その時に訪問して以来です。

A3_2

楽しみ~♪

 by クロちゃん

2014年8月31日 (日)

「THE モンスター展」 ~いのちのたび博物館 2

A1

大きなアノマロカリスの模型がありました♪

 by クロちゃん

2014年8月28日 (木)

化石研究部会 室内講座~史上最大級のイカとタコの化石発見!~

A2

日曜日に行われた北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会 化石研究部会例会は

担当学芸員 御前先生による室内講座~史上最大級のイカとタコの化石発見!~でした。

同じ頭足類であるアオイガイやソデイカファンの私にとっては興味津々の内容♪

発見された化石はくちばしの部分。

巨大です!

解説には私の画像資料(ソデイカの解剖画像)も使っていただきました。

 by クロちゃん

2014年7月22日 (火)

連休中の化石採集は・・・

A1

変な時間に目が覚めてしまったのでブログレポートを書くことにします。

今回の連休は行きたかった地元のフィールドを数か所回りました。

それらはどこも化石の少ない場所。

そんなところもじっくり見ると、面白いものがあったりするものです。

写真は直方市某所で見つけた恐竜時代の巻貝「タニシ」の化石です。

今から約1億2000万年前の白亜紀前期のものです。

残念ながら化石は面白いものは無かったですが、定期的にフィールドは回る必要があります。

A2

白亜紀の地層の崖に生えていたキノコ。

何て名前でしょう?

 by クロちゃん

2014年6月 9日 (月)

北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会講座 「貝のこと知ってるカイ?」

Q3

2014年5月25日(日)、北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会の会員向け講座 「貝のこと知ってるカイ?」 ~ハマグリの体のしくみを調べ、貝化石のレプリカを作ってみよう!~が同博物館3階実習室で行われました。

写真は今回の講師、会員のTさんによる二枚貝の分類・進化・解剖などについての解説の様子です。

Q4

解剖の前に計測から実習しました。

Q6

解剖の途中、各部位を顕微鏡でも観察しました。

Q8

異なる種類の二枚貝も解剖してみました。

Q7

生態の観察も行いました。

Q2

こちらは私の貝化石のレプリカ作りの解説コーナー。

材料の印象材や石膏は主に歯科用を使います。

Q9

レプリカ作り、なかなか上手く出来ていましたね♪

 by クロちゃん

2013年9月16日 (月)

海響館(下関市)の化石のはなし 2

A1_2 海響館のカブトガニの水槽。
私が行ったときはカブトガニはラブラブ中でした。

その水槽の横には・・・・

A2_2 古生代の三葉虫が埋め込まれていました。
しかも立派!たくさん!

どうやら実物化石のようです。

三葉虫の化石はもともと欠けた部分などを修復しているものも多いため、一部はフェイクの部分もあるかとは思いますが、、、。

A3_2 
ファコプスかな?丸まって防御姿勢の小さな三葉虫のほか、アンモナイトも!

これって、つまり触れるってことなんです。

A4 実物化石に直接触れながら、古代から受け継がれてきた生命の神秘について考える。

こんな楽しみ方もあるんですよ~

 by クロちゃん