フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

学び・教育 Feed

2017年7月20日 (木)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ①

A1_2

夏になると、各地で恐竜展が開催されます。

九州では・・・

・「恐竜展―トリケラトプスの仲間とその進化―」

 平成29年7月15日(土)~9月3日(日)の日程で、天草市立御所浦白亜紀資料館にて開催。

 開館20周年記念の特別展ということで、なんと入場料無料!

 化石の採集体験等、無料の体験イベントも行っています。

・「新発見 恐竜時代の支配者 ~進化するモンタナの恐竜たち~」

 平成29年7月15日(土)~11月26日(日)の日程で御船町恐竜博物館にて開催。

 御船町恐竜博物館は、平成28年4月に発生した熊本地震で被害を受け、長らく休館していまし た。

旧博物館から新館になって訪ねてなかったこと、復興をこの目で確認したかったこともあり、7月16日に家族で出かけてきました。

A2

御船町恐竜博物館近くの公園に設置されたモニュメント。

ここに来るまで、未だブルーシートが掛けられた住宅や、仮設住宅を目にしました。

A3

A4

それでも、博物館には多くの家族連れが来ており、各所の臨時駐車場はすぐに一杯になっていました。

やはり恐竜パワーは凄いですね!

A5

新しくなった博物館。

恐竜の前で皆記念撮影していました。

A6

モンタナ州立大学付属ロッキー博物館と、御船街恐竜博物館、姉妹館提携5周年記念。

熊本県・米国モンタナ州姉妹提携35種年記念の特別展です。

A7

A8_2

A8_3

A9

A0

A00

息子には、何が何だか分からないでしょうが。。。

ここまでは特別展での一コマ。

 by クロちゃん


2017年2月 5日 (日)

地質鉱物研究部会 学習会 2017年1月22日

A2_2

2017年1月22日、北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会 地質鉱物研究部会の学習会がありました。

A1_2

会員による鉱物標本の展示や河野会員による発表などが行われました。

A3_2私は家族で参加していたのですが、子どもが長時間は無理なので、博物館の森先生による「ヒマラヤの地質と風景」の講演 のみお聴きしました。

ちょうど、NHKの特集番組を見たばかりだったので復習になり、とても勉強になりました。

 by クロちゃん

2016年10月23日 (日)

第352回化石研究部会例会

A1_2

ちょっと報告が遅れましたが・・・。

2016年10月16日、北九州市立自然史・歴史博物館 1階会議室にて、自然史友の会化石研究部会の例会がありました。

今回は部会担当の御前学芸員による「化石から探る古生物どうしの関係」の話。

~捕食や共生など、生き物と生き物の関係を化石から調べることは非常に困難です。しかし、まれにそのような関係を記録した化石があります。過去の生き物どうしの関係を教えてくれる化石に注目して、興味深い研究例や当館展示標本をご紹介します。~御前先生

室内講座は、いつも興味深く、詳しく話が聞けるのでとても勉強になっています。

 by クロちゃん

2016年10月 1日 (土)

改装前にマリンワールドへ 4

A3

サメがいっぱいいるよぉ~wink

A4

パパはタッチプールで大好きなネコザメに触れて大興奮でしたhappy02

マリンワールド海の中道は、「癒し」をテーマに来年4月にリニューアルオープン予定です。

館内展示も「九州の海」に変えるといいます。

楽しみですねnote

 by クロちゃん

改装前にマリンワールドへ 3

A1

改装のため、明日までで一旦休館になるマリンワールド海の中道。

今回で見納めになるトンネル水槽の前で記念撮影♪

A2

ハイギョの顔ってユーモラスですね!

このハイギョを展示していた場所、マリンサイエンスラボも見納めになります。

 by クロちゃん

2016年9月26日 (月)

改装前にマリンワールドへ 2

A1_2

ryugueさんがコメントでメガマウスのことを書いてらっしゃったのでご紹介。

福岡市東区の海岸に漂着した当時、世界初のメスの個体だったのがこの標本。

マリンワールドの顔として入り口を入ってすぐのところに鎮座してらっしゃいます♪。

 by クロちゃん

改装前にマリンワールドへ

A1

改装のため、10月2日までで一旦閉園するマリンワールド海ノ中道に行ってきました。

 by クロちゃん

2016年9月19日 (月)

宮若市「光陵グリーンパーク」の珪化木展示

A1_3

連休というのに嫌な雨ですね。

筑豊炭田全盛のころ、かつて炭鉱があった宮若市(旧宮田町)。

その炭鉱の跡に「光陵グリーンパーク」という野球場などの運動公園が完成し、その一角に巨大な珪化木の展示ができています。

A4

場所はクラブハウスという建物の横。

周辺の道路からの入り口は2つあります。

公園は広いので探してみてください。

A3

それにしても巨大な珪化木の立ち木です。

A2_2

説明版です。

宮若市、なかなか良い対応をしてくれますね。

ありがたいです。

実はこの場所、ずっとブログで紹介したいと思っていたのですが、公園が長期間工事中で危険なため紹介を控えていました。

昨日、見てきましたが、ほぼ工事は終了したように思います。

この場所の良さ、それは当ブログの上部の画像の石炭層の見学ができることです。

ちょうど石炭層に沿って歩道が整備されており、見ることができます。

ただ・・・石炭層のある崖は宮若市の所有ではありませんので、いつまで見学が可能なのかは分かりません。

いつの日か整備され見れなくなるかもしれません。

かつて筑豊地区では石炭の露天掘りの跡など多くの場所で石炭層を含む地層を見ることができました。

しかし現在、開発が進みその場所は消滅、またはコンクリートで巻かれ固められ見ることができなくなっています。

石炭層が見てみたいと思われる方がいらっしゃいましたら近いうちにどうぞ。

それと、「光陵グリーンパーク」から車で5分くらいのところに宮若市の石炭資料館もありますのでセットで見学されることをお勧めします。

巨大な珪化木でできた石垣も近くにありますよ。

 by クロちゃん

2016年8月21日 (日)

第351回化石研究部会例会報告

A2

8月21日(日)、北九州市立自然史・歴史博物館1階会議室において、自然史友の会 第351回化石研究部会例会がありました。

今回は担当の御前明洋学芸員による室内講座 「淡路〜四国と宮城での中生代化石調査」のはなしでした。

A3

パワーポイントでの解説の後にアンモナイトなどの標本を見せていただきました。

今回は前任のok元学芸員さんもいらっしゃっていて、病気されていてその後を皆心配していたのですが元気な姿が見られて良かったです。

 

2016年8月 9日 (火)

お盆の「筑豊化石収蔵庫」の公開について

2016年8月、お盆の間に筑豊化石収蔵庫の見学を募集します。

今年は8月13日(土)を予定しています。

場所は福岡県飯塚市目尾です。

地元の筑豊地区を中心に北九州・山口の化石を展示しています。

個人の資料館ですので大きな標本など、目立つ展示は無いかもしれませんが、郷土の大昔のことを知りたいという方がいらっしゃいましたら一度見学はいいかがでしょうか?

最近は子育てでバタバタしていますので、採集にも行かず、子ども中心の生活になっていますが、お盆の一日(13日)は時間を作りますので希望される方がいらっしゃいましたらコメントを残してください。

追って返事をします。

 by クロちゃん