フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

日記 Feed

2019年3月22日 (金)

フィルム画像のデータ化

21日の祭日、フィルム写真時代の化石標本や産地の画像をデジタルデータにして保存するため、厳選したものを写真屋さんに持っていきました。

私が得た情報を広く世間の皆様に知っていただくために、また次の世代に引き継ぐために必要なことです。

また、週末開催予定の座学「筑豊の石のひみつ」のパワーポイントを作っておりました。

対象が小さな子どもを含む家族なので、難しくならないように、、、。

 by クロちゃん

2019年3月10日 (日)

もうすぐ届く「自然史資料集 化石研究部会と芦屋層群の化石」

皆様ご無沙汰しております。

私が所属している北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会 会誌の特別号が、もうすぐ会員の手元に届きます。

会員には会誌「わたしたちの自然史」がありますが、今回はその特別号になります。

「私たちの自然史 自然史資料集 化石研究部会と芦屋層群の化石」 です!

内容は芦屋層群の代表的な観察地である藍島と馬島の紹介、そして長年会員が集めてきた芦屋層群の化石の紹介等です。

構想から完成まで、資金の問題や構成などで長く時間がかかりました。

その中で、化石研究部会創設からお世話になった博物館顧問のOK先生には、編集から出版までの間、そとんどすべての工程に多大なご協力をいただきました。本当にありがとうございます。

資料の提供や写真撮影では会員の皆さん、編集では博物館の先生方、そして出版では慣れないネット印刷までの校正作業をKIYONOさんにご協力いただきました。

本当に本当にありがとうございました。

化石研究部会として一つ区切りができたように思います。

この特別号ですが、北九州自然史・歴史博物館 自然史友の会会員向けに発送されます。

おそらく明日からご自宅に届き始めると思います。

会員外の方には残念ながら非売品となっておりますのでご了承ください。

 by クロちゃん

2019年1月20日 (日)

モンシロチョウ

Cimg3338

今朝、6時ごろに目が覚めてテレビをつけると、ひらひらと何かが舞い上がり、画面にぶつかりました。

何だろうと見てみると、モンシロチョウでした。

じつは12月の初旬、妻の実家の畑から採ってきた大根の葉にアオムシがついていて、飼ってみようと葉と一緒に容器に入れていたら、数日して居なくなっていたのでした。

おそらく蛹になるために移動したのだろうと考えたのですが見つからず・・・。

そして今日、無事生まれたということが判明♪

外に逃がしてあげたのでした。

 by クロちゃん

2019年1月 4日 (金)

筑豊化石収蔵庫にて

Cimg2918

年末、休みになったので息子を連れて「筑豊化石収蔵庫」へ。

Cimg2931

まだ化石のことはよく分からないけど、石や恐竜のことは理解しているようです。

 by クロちゃん

2018年8月17日 (金)

クリーニング室にて

Cimg2127

お盆休みに少しだけ時間を作り、久しぶりに化石のクリーニングをしました。

今年の4月にRKBのテレビ番組で私の活動が紹介されましたが、その時映っていたのが実家にある化石のクリーニング室。

最近は忙しくてずっと使っていなかったのですが、採りためた化石のクリーニングをちょっと進めました。

Cimg2128

これは以前、田川市内の某所にて採集した古第三紀の二枚貝。

海成層です。

産地は残念ながら消滅してしまいました。

Cimg2137_2

クラックが入っているところは、木工用ボンドを薄めて流し込みました。

Cimg2135

こちらは以前、直方市内某所から採取したもの。

古第三紀・大辻層群出山層の泥岩で、植物遺骸やコハクを含んでいます。

ここも産地は消滅しましたが、造成中は許可をいただいて長期間調査させていただきました。

この母岩から取り出したものが・・・

Cimg2133a

これですが、分かります?

淡水の二枚貝なのですが、現生で言うとドブガイのようなものかと思います。

この母岩は、乾燥するとバラバラになるので、日陰で高温にならないよう保管しておりました。

現在接着処理中で、これはゆっくりとクリーニングする予定です。

Cimg2136a_2

こちらも同じ場所で採集したもの。

淡水性の二枚貝化石です。

ボンドを薄めて染み込ませました。

長いこと筑豊地区各所で地層の観察をしてきましたが、私が確認した淡水の二枚貝化石はこの場所の数個のみで貴重なものです。

 by クロちゃん

2018年8月15日 (水)

標本の整理で。。。

今年のお盆は、妻の実家が初盆でしたので、ほとんど妻の実家にお世話になっております。

その合間に、私の実家で化石標本の整理を少ししておりました。

Cimg2124

こちらは福岡県直方市産の白亜紀のストロマトライト。

発見して10年以上経つかな?

当時はまだ黒っぽい色をしていて、縞々が分かりにくい状態でした。

こういう場合、雨風にさらして風化せるのですが、これは上手くいったものと言えるでしょう。

Cimg2124a

縞がはっきり見えるようになりました。

Cimg2126a

この標本、巻貝を含んでいたようで、一緒に随分と風化してしまいました。

ブロティオプシスでしょうか。

一緒に野ざらしにしていたストロマトライトの中には、風化の程度が少し進み気味かなと思えるものもあり、定期的に観察していないといけませんね。

 by クロちゃん

2018年8月14日 (火)

本の紹介 角川まんが科学シリーズ「恐竜キングダム」

Cimg2082_3

私が子どもの頃は、学研まんがのひみつシリーズ「化石のひみつ」や「昆虫のひみつ」が案読書でした。

最近書店に並んでいる学習まんがの中に、面白いものがありますので紹介します。

角川まんが科学シリーズ「恐竜キングダム」です。

恐竜と題名が付いていますが、5億4100万年前から人類が登場するまでの生物の歴史を描いていくもので、現在①~⑥巻までが出版されています。

オールカラーのまんがの中、ところどころに詳しい解説があり、化石や生物好きの大人でも楽しめる内容かと思います。

2歳のうちの息子には、ちょっと早いようですが、興味を持ってくれると良いなぁ。。。

 by クロちゃん

2018年8月12日 (日)

千石峡で水遊び

Dscn0926

先日、宮若市の千石峡に息子を連れて水遊びに行きました。

Dscn0931

サワガニやエビなどもいて、楽しめます。

Dscn0917

こんなトノサマガエルもいましたよ♪

Dscn0943

いつものように、白亜紀の淡水巻貝化石「ブロティオプシス ワキノエンシス」の観察も出来ます。

Dscn0937

地層面に生痕化石らしきものも観察できました。

Dscn0964

熱中症予防に、水分補給はしっかりと取りましょう。

 by クロちゃん

2018年7月24日 (火)

ぼやき。。。

先日の西日本豪雨、被災された皆様、お見舞い申し上げます。

私の故郷「筑豊」を流れる遠賀川も決壊寸前でした。

私が住んでいる直方市も、一時は堤防の上の道路まで水が溢れてきていたそうです。

幸い私が住んでいる場所は、地学好きの夫婦ということもあり、様々な災害のことを考え選んでいますので被害はありませんでした。

日曜日、2歳になった息子と二人で飯塚市の実家に行ったのですが、実家から車で2~3分のところでは床上浸水多数で、被災したアパート一階に住んでいた方は「こんなところは住めない」と皆さん出ていかれたと聞きました。

以前、地元で大水害があった後、大雨が降っても耐えられるように、遠賀川は数年かけて大改修しました。

しかし今回、想定を超えてきました。

水害や地震など、起こり得ることを考え、備え、行動する。

これはいつも意識していることなのですが、、、。

地元では、今も多くのところでソーラー発電所の建設が進んでいます。

自然豊かな丘陵地から次から次へと木が切り倒され、重機によって表土を剥ぎ、造成され、ソーラーパネルが設置されていっているのです。

その規模・スピードは異常としか言いようがありません。

これでは雨水を蓄えることができなくなり、より洪水が起こりやすくなるのでは?

今後が心配です。

 by クロちゃん

2018年5月28日 (月)

芦屋町 平成30年度 化石探検~家族で化石を探そう~ 

A1

平成30年5月27日(日)、福岡県遠賀郡芦屋町にある芦屋町歴史民俗資料館のイベント「化石探検~家族で化石を探そう~」の講師を務めてきました。

芦屋町にはプロトプテルムなどの化石で世界的にも知られる古第三紀漸新世の海成層「芦屋層群」が分布しています。

今回は実際にフィールドに出て化石を探しながら、楽しく町の地球史を学ぶというものです。

ルールは、露頭の地層は叩かないこと。ハンマーで叩いて良いのは浮いている石、転石のみです。

地層中にはアシヤキリガイダマシなどの貝化石が見えていますが、これらは見学用にそのまま残しておくこと。

資料館で陳列してある化石を見て、レクチャーした後現地へ移動。

A2

今回の参加者、なんと80名!

凄い人気ですね!

子どもも親も張り切ってます。

皆さん何か見つけると、私のところに持ってきて鑑定です。

石の割れ目に付いている赤い鉄分を何かの化石と思って持ってくる子どもさんや、黒く炭化した植物片が含まれた石を持ってくる方が多い中、ばっちり貝化石をゲットする方もいらっしゃいました。

見つかった貝化石は、アシヤキリダイダマシが最も多く、他にもソデガイやアシヤハマグリ、アシヤキララガイ、アシヤニシキがあり、アシヤブンブクと思われるウニの化石を見つけたお父さんもいらっしゃいました。

ゴカイなどが残した生痕化石を見つけた方も多かったですね。

上の写真は小さいですが樹脂の化石、琥珀です。

大昔、水に運ばれて海で堆積したものが見つかることがあります。

見つけた方、皆さんおめでとうございます。

今回は、残念ながらサメの歯を見つけた方はいらっしゃいませんでした。

A3

ここ数年、毎年講師を引き受けさせていただいておりますが、前任の昭ちゃん先生が講師をしていた頃と比べると、ちょっと化石が少なくなったかなという印象がありますが、後のことを考えて露頭の化石は叩かないようにお願いしたいと思います。

参加された方、お疲れ様でした。

 by クロちゃん