フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

日記 Feed

2018年1月 7日 (日)

コパールを研磨してみました

A2

昨年、筥崎宮の骨董市の露店で購入したマダガスカル産のコパール。

価格は200円でした。

骨董市やフリーマーケットは私も妻も好きで、時々出掛けています。

買うものは子供服や普段使いのための古伊万里、化石、鉱物などで、この時は古伊万里の蕎麦猪口、古布、鉱物標本、そしてこのコパールを購入しました。

ちなみに、基本的に1000円以上の物は買いません。

安く、楽しく買うがモットーです。

さて、購入したマダガスカル産のコパールですが、購入動機は「安い」のと「なんか昆虫が入ってそうだなー」でした。

実際入っているかは、表面を見ても分かりませんでした。

今日、「筑豊の自然を楽しむ会」の新年会から自宅に戻った際、コパールがあったのを思い出し、耐水ペーパーで研磨してみることにしました。

A1_2

入ってますね~

しかもたくさん!

種類も様々で当たりでしたね♪

 by クロちゃん

2018年1月 3日 (水)

スーパームーン

A1

一日遅れ1月3日の早朝にコンデジで写したスーパームーン。

 by クロちゃん

2017年12月31日 (日)

2017年 今年もお世話になりました

A1_6

先日の「いいねん!」の講座で余った材料に追加し、妻と作った門松です。

A2_6

A3_3

A4_4

妻が作ったしめ縄です。

実家と自宅用です。

水引は結婚式でいただいたお祝いに付いていたものを保管して利用させていただきました。

A6

筑豊化石収蔵庫は私が作ったしめ縄で。

今年もお世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

 by クロちゃん

2017年12月10日 (日)

筑豊の自然素材でリース作り

A1

妻(ゆずさん)が飯塚市や直方市の野山で拾ってきた蔓(かずら)やどんぐり、松ぼっくりで作ったリースです。

なかなか豪華にできています。

ドングリなどは虫の卵が産みつけられていることがあるので、煮沸処理をしています。

接着剤(グル-ガン)だけは人工物。

先日妻は、直方市の子育てセンターでリース作りの講座をしてきたようで、好評だったとのこと。

楽しいですもんね♪

 by クロちゃん

2017年8月20日 (日)

熊本旅行にて「熊本城」

A1

先月、御船恐竜博物館を訪れた際の旅行の様子を少し紹介します。

熊本市内のホテルに宿泊。

窓からの景色ですが、コンデジをズームアップしていくと・・・

A2

修復中の熊本城が見えました。

A3

今回宿泊したのはここ。

翌朝、熊本城を目指しました。

A4

熊本城内の駐車場に車を停め、歩いて加藤神社方向へ。

A5

地震で見学の規制はありましたが、被害の様子は見て取れました。

A6

戌亥櫓(いぬいやぐら)周辺の石垣の崩落状況です。

A7_2

石垣の半ばが崩落し、隅石で支えられていました。

A8

崩落した石垣に番号がふってあり、並べられていました。

その数は膨大で、復興にはまだまだ時間がかかりそうでした。

A9

石垣の崩落は、あらゆる場所でそのままでした。

A0

土嚢に守られた石垣の横を歩いて行くと・・・

A10

A11

加藤神社があり・・・

A12

境内から天守閣修復の様子が見学できました。

A13

A14

境内には、以前ニュースにもなった、崩落した石垣から見つかった観音様が安置してありました。

まさか目の前で現物を見られるとは思ってなかったので驚きました。

A16

もと来た道を戻り、桜の馬場 城彩苑へ向かいます。

A15

ここでは土産物屋さんや、食事をする店が立ち並び、元気な熊本が感じられました。

熊本城とセットで訪れることをお勧めします。

 by クロちゃん

2017年7月25日 (火)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ⑥お土産編

A1_4

博物館での楽しみの一つに、ミュージアムショップでの買い物があります。

今回もいろいろと買いましたが、その中で御船町恐竜博物館オリジナルのものを少し紹介します。

先ずは子供用に買ったTシャツ。

デザインが可愛いですね。

色は他にブルーなど数色用意してありました。

A3_2

同じデザインのクリアファイルと下敷きです。

別バージョンもあります。

A2_3

私のお気に入りがこれ!

藍染めの手拭い。

A4_3

この「和」なデザイン、とっても良いでしょ♪

他に数種ありました。

 by クロちゃん

御船町恐竜博物館へ行ってきました ⑤

A1

A1_2

2階から恐竜骨格ゾーンを見たところです。

A2

2階には、地球の歴史についての展示がありました。

A3

酸素をもたらすという大きなイベントのきっかけとなった、ストロマトライトも展示されています。

微化石を紹介する美しい展示もありました。

A4

A5

その他にも、化石のクリーニングの様子が見れたり、恐竜キーホルダーづくりや、紙粘土アンモナイトづくりなどの各種体験教室があります。

また、夏休み化石教室も事前申込制で開催されています。

詳しくは御船町恐竜博物館のホームページをご覧ください。

http://www.mifunemuseum.jp/index.php

博物館の隣の観光交流センターでは、化石発掘体験を行っています。こちらも事前予約制です。

御船町観光ホームページから予約が出来ます。

A6

御船町恐竜博物館、おすすめです!

 by クロちゃん

2017年7月24日 (月)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ④

A5

恐竜の全身骨格ゾーンの周りには・・・

A1

御船層群から見つかった恐竜化石や・・・

A4

ほ乳類化石、翼竜化石も展示してありました。

A6

様々な恐竜の歯の形状が分かる展示。

A3

激しく動く羽毛恐竜ロボット。

これには、小さな子供たちが集まっていました。

A2

マチカネワニの展示もありましたよ。

ここから2階の展示へ移動します。

つづく。。。

 by クロちゃん

2017年7月22日 (土)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ③

A1

恐竜の全身骨格ゾーンは迫力もあって、子ども達にも大人気です。

A2

スピノサウルス、かっこいいですねー。

A3

ここは展示場が明るく、目の前で見れるので詳しく観察できます

A5

標本のクオリティも高くて・・・

A6

歯の形状もよく分かります。

A4

リアルな復元模型も一緒に展示しているのは有難いですね。

つづきます。。。

 by クロちゃん

2017年7月21日 (金)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ②

A2

入り口の展示の中には・・・

A1

先日の古生物学会で発表されていたヨロイトカゲの実物化石が展示されていました。

現在北九州市立自然史・歴史博物館自然史友の会の会員でもある筑紫氏の研究成果です。

素晴らしい!

A3

館内は近代的で綺麗な作りになっています。

常設展、ワクワクしてきます。

A4

最初に目に入ってきたのは、肉食恐竜の歯が日本で最初に見つかったことで知られる「ミフネリュウ」の歯です。

昭和54年、当時小学校1年生だった早田展生さんによって発見されました。

御船の恐竜化石研究のスタートとなった化石です。

A5

御船の白亜紀の地層の剥ぎ取り標本です。

この地層から発見された化石により、再現されたのが・・・

A6

A8

このジオラマです。

恐竜だけでなく、ワニやカメ、魚類も再現されています。

A7

これには、1歳の息子も興味津々です。

A9

もちろん、見つかった実物化石標本も多数展示されています。

この後、世界の恐竜骨格ゾーンへ進みます。

つづきます。。。

 by クロちゃん