フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

2018年6月25日 (月)

筑豊炭田遺跡群、国史跡指定へ!

Cimg1612

2018年6月16日の新聞の朝刊です。

地方版(筑豊版)に大きく「筑豊炭田遺跡群が国の史跡指定へ」の記事が掲載されました。

文化庁の発表によりますと、6月15日に文化審議会から文部科学大臣に答申されたもので、官報告示の後に登録される予定です。

文化庁のHPによりますと・・・

筑豊炭田遺跡群は

三井田川鉱業所伊田坑跡(田川市)

目尾炭坑跡(飯塚市)

旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所および救護練習所模擬坑道(直方市)

の筑豊地区3市の遺跡群で構成されています。

内容は・・・

福岡県北部の遠賀川流域に開発された,明治中期から昭和20年代にかけて,我が国最
大の炭田であった筑豊炭田の遺跡群である。炭鉱経営は中央財閥,筑豊地方の有力者,小
坑主によるものであった。筑豊炭田は明治30年(1897)には全国産出量の50%を
超え,昭和15年(1940)を出炭量のピークとしてその後は漸減し,昭和48年(1
973)までに閉鎖となった。三井田川鉱業所伊田坑跡は,筑豊最大規模を誇った炭坑跡
で明治43年(1910)築の竪坑櫓1基と,炭坑節でも唄われた明治41年(1908)
築の煉瓦煙突2基が残存し,竪坑の巻上機室や汽缶場の基礎などが確認された。目尾炭坑
跡は杉山徳三郎が明治14年(1881)に筑豊で初めて蒸気機関による排水に成功した
遠賀川沿岸の炭坑で,杉山が排水に成功した竪坑を覆うコンクリート製蓋や煙突基礎など
を確認した。明治43年に完成した旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所には,筑豊の炭坑経営
者たちが集まり,採炭制限や保安対策などについて議論した。同組合の救護練習所模擬坑
道は,大正9年(1920)に設置された煉瓦造と鉄筋コンクリート造のアーチ型の練習
坑道で,炭坑の深部掘削を背景とした爆発事故に対応して作られたものである。石炭業を
採炭,運搬,労働環境など多岐の面より理解する上で重要である。

と、いうものです。

小・中・高校の頃、考古学に熱中していた私ですが、まさか近代の炭鉱跡が国の史跡の指定を受ける時代が来ようとは、その頃は思ってもみませんでしたが、今となってみれば、国が歩んできた歴史を語るうえで貴重な遺跡と言えるでしょう。

この3市の遺跡のうち、田川市と直方市の遺跡に関しては、整備保存され、ほぼ見学可能なのに対し、飯塚市は遺跡は発掘後に埋め戻され、現在見学は出来ません。

Cimg1599

これが現在の目尾炭鉱跡(飯塚市)です。

草ぼーぼーでしょ、、、。

ちなみに目尾は「しゃかのお」と読みます。

Cimg1598

遠景です。

現在道路になっているところは、昔、幸袋線という鉄道の軌道があり、目尾炭鉱には積み出し用の引き込み線がありました。

じつはここ、私の実家の目と鼻の先なのです。

目尾炭鉱跡は、現在のような草ボーボーでなく、畑や線路、積み出し場の跡があり、私が子供の頃の遊び場の一つでした。

Cimg1603_2

この写真は平成27年5月にあった、飯塚市教育委員会による目尾炭鉱跡の発掘調査の現地説明会の様子です。

排水台座と排水管のようです。

その他にも、円形や八角形の煙突の台座などが見つかっています。

今後、飯塚市がどういう遺跡の活用を考えるのか、お手並み拝見です。

 by クロちゃん

2018年6月13日 (水)

マッコウクジラの頭骨展示

A1

2018年6月10日(日)、いのちのたび博物館で特別展示してあるマッコウクジラの頭骨を見学に行きました。

これは2015年9月に、北九州空港沖で発見された死骸を砂浜に埋め、3年近くかかって脱脂処理されたもので、6月9日、10日の2日間限定で展示されたものです。

A2

私と息子で大きさが比較できると思います。

頭骨が載せてあるトラックは、マリンワールドさんのもので、マリンワールドのスタッフさんによる解説を聞くことができました。

A3

同じ鯨類のバンドウイルカとカマイルカの頭骨も展示していました。

残念ながら、頭骨に並んでいる歯は発泡スチロールのレプリカでした。

私が手に持っているのはスタッフさんに貸していただいた本物の歯。

私も個人的に自宅にマッコウクジラの歯を3本持っています。

A5

バンドウイルカ。

A4

カマイルカ。

A6

マッコウクジラの下顎骨には怪我の痕がありました。

いのちのたび博物館での展示は終わってしまいましたが・・・

2018年6月16日(土)と17日(日)の2日間限定で、マリンワールド海の中道で公開が予定されています。こちらは水族館の入館料金が必要となりますのでご注意ください。

 by クロちゃん

2018年5月28日 (月)

芦屋町 平成30年度 化石探検~家族で化石を探そう~ 

A1

平成30年5月27日(日)、福岡県遠賀郡芦屋町にある芦屋町歴史民俗資料館のイベント「化石探検~家族で化石を探そう~」の講師を務めてきました。

芦屋町にはプロトプテルムなどの化石で世界的にも知られる古第三紀漸新世の海成層「芦屋層群」が分布しています。

今回は実際にフィールドに出て化石を探しながら、楽しく町の地球史を学ぶというものです。

ルールは、露頭の地層は叩かないこと。ハンマーで叩いて良いのは浮いている石、転石のみです。

地層中にはアシヤキリガイダマシなどの貝化石が見えていますが、これらは見学用にそのまま残しておくこと。

資料館で陳列してある化石を見て、レクチャーした後現地へ移動。

A2

今回の参加者、なんと80名!

凄い人気ですね!

子どもも親も張り切ってます。

皆さん何か見つけると、私のところに持ってきて鑑定です。

石の割れ目に付いている赤い鉄分を何かの化石と思って持ってくる子どもさんや、黒く炭化した植物片が含まれた石を持ってくる方が多い中、ばっちり貝化石をゲットする方もいらっしゃいました。

見つかった貝化石は、アシヤキリダイダマシが最も多く、他にもソデガイやアシヤハマグリ、アシヤキララガイ、アシヤニシキがあり、アシヤブンブクと思われるウニの化石を見つけたお父さんもいらっしゃいました。

ゴカイなどが残した生痕化石を見つけた方も多かったですね。

上の写真は小さいですが樹脂の化石、琥珀です。

大昔、水に運ばれて海で堆積したものが見つかることがあります。

見つけた方、皆さんおめでとうございます。

今回は、残念ながらサメの歯を見つけた方はいらっしゃいませんでした。

A3

ここ数年、毎年講師を引き受けさせていただいておりますが、前任の昭ちゃん先生が講師をしていた頃と比べると、ちょっと化石が少なくなったかなという印象がありますが、後のことを考えて露頭の化石は叩かないようにお願いしたいと思います。

参加された方、お疲れ様でした。

 by クロちゃん

2018年5月21日 (月)

Boutonボタン[直方市のbar]の店内に…

Dsc_0114

Dsc_0117

友人が始めた直方市のbar「Boutonボタン」

人と人を繋ぐ情報交換の場としての役割もあります。

  • このお店に、オーナーが飾っているアオイガイがあったので、私が作ったアオイガイのフォトブックと、私がアオイガイの交接腕について投稿した北九州市立自然史.歴史博物館 自然史友の会の機関誌を横に置かせていただきました。興味がない方は、ぜひ手にとってご覧下さい。
  • by  クロちゃん

2018年5月13日 (日)

天草旅行 7

A1

妻と息子が寝ている間に・・・

A2

どうやらイルカのいるポイントに到着したようです。

A3

周りには数隻のイルカウオッチングの舟が。

A4

いるいる♪

ミナミハンドウイルカの群れです!

A5

実際に見ると感動するもんですね!

A6

朝からの雨で、どうなることかと思いましたがイルカとの感動の出合いが待っていました。

A7

クルーザーは埠頭へと戻ってきました。

つづく。。。

 by クロちゃん

2018年5月 9日 (水)

天草旅行 6

A1

宿から望遠で。

A2

宿の露天風呂は5号橋を眺めての入浴でした。

温泉、気持ちよかった―♪

A3

車が大好きなりんたろう。

この後、雨が降り始めます(涙)

A4

宿からほど近い「シークルーズ」さん。

イルカウォッチングを事前にネット予約していたのです。

ここからイルカのいる海域までは船で約40分かかります。

その海域に近いイルカウォッチングの業者さんは料金が安いのですが、車でそこまで行くのが面倒だったので、割高ですがシークルーズさんに決めたのです。

そのかわり船は漁船タイプではなくクルーザー、しかもJRのななつ星などのデザインで知られる水戸岡鋭治さんの設計とのこと。

美しい景色も見られるので良いと思っていたのに・・・雨は激しくなる一方。

A5

クルーザーで緊張して座っているりんたろう。

これでも乗り込むときは嬉しそうにしていました。

たぶん嬉しいんです。

つづきます。

 by クロちゃん

天草旅行 5

A1

今回の旅行ではハンマーを使った化石の採集は行いませんでした。

家族でゆっくりと自然を満喫&地層・化石の観察を行いました。

もしもの時のため(重要な化石を発見した場合など)に採集道具は用意しておりました。その時は最寄りの研究機関に連絡し、指示を仰ぐことが必要です。

A2

ゴードリセラスと思われるアンモナイト。

A5

ウニと思われる化石。

A3

植物化石も見られました。

A6

生痕化石。

写真の化石は簡単に取り出せるものではありません。

まずバラバラになるものとお考えください。

多くの方の見学を考え、無理な採集はやめましょう。

さて、息子のりんたろうはというと大興奮で潮だまりで遊んでいました。

凄く楽しかったようです。

今回の旅行は一泊旅行です。

連休の半分は妻が仕事だったため、貴重な旅行なのです。

2日目へとつづきます。

 by クロちゃん

2018年5月 6日 (日)

天草旅行 4

Dscpdc_0000_burst20180505180827843

Dsc_0071

夕食は前島にある「潮まねき」というお店で食べました。

魚は新鮮でしたねー。

あら炊き定食の量は凄かった!

Dsc_0077

この店からの夕日は凄く綺麗でしたよ♪

by クロちゃん

天草旅行 3

Dsc_0070

天草を車で移動中に、こんな看板が、、、。

気になったので、一旦通りすぎてUターン。

Dsc_0063

この神社の横に、、、。

Dsc_0064

マジか!

凄い存在感!

巨木は期待を裏切りません。

寄って良かった。

by クロちゃん

天草旅行 2

Dsc_0061

続いて向かった場所では、8500万年前の姫浦層群の露頭でアンモナイトやイノセラムスの観察をしました。

私も妻も息子も日焼け止めを塗っていたのですが、真っ赤に日焼けしてしまいました。

by クロちゃん