フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

2017年10月22日 (日)

杖立~阿蘇 ジオパークの旅 観光編 下城滝~鍋釜滝

A1_2

下城の大イチョウから川を挟んで反対側に滝の観光用駐車場があります。

車を停め、歩いて行くと・・・

A2

遊歩道が整備されているので進んでいきます。

雨の日は滑りそうな、、、。

A3

ビビりながら降りてくる妻。

A4

下城滝を真上から見たところです。

滝つぼに吸い込まれそうです。

大イチョウの方から見たほうが絶景です。

A5

向かって奥が滝です。

周りの地層を見ると、柱状節理であることが分かります。

A6

吊り橋が大の苦手な妻。

腰が引けてます。

りんたろうが居るので、余計に必死です。

A7

吊り橋の上流側には甌穴がありました。

A9

さらに先を歩いて行くと、鍋釜滝があります。

A10

上流側はこんな感じ。

A11_2

大イチョウ側から川岸に降りることができました。

川床の岩石に黒い模様が・・・

A12_2

黒い部分は黒曜石ぽかったですね。

 by クロちゃん

杖立~阿蘇 ジオパークの旅 観光編 下城の大イチョウ~下城滝

A1_2

杖立の宿から、車で数分のところに「下城の大イチョウ」がある。

今回の旅は、急きょ思い立って決めたので、これといった目的地も決めてなかった。

そのため、旅行の前日にネット検索して見つけたのがここ。

A2_2

A3_2

期待していたわけではなかったが、巨木好きな私と妻は大満足。

いやぁ、デカい!!!

足元には、たくさんの銀杏が落ちていた。

踏んで臭いを車の中に持ち込まないでよねと妻。

このイチョウの木のある場所から見えたのが、ノーマークの滝でした。

A1

下城滝です! 

こんな立派な滝があるとは知りませんでした。

 by クロちゃん

2017年10月15日 (日)

杖立~阿蘇 ジオパークの旅 宿編

A3

10月8日~9日の連休、大分・熊本の県境にある杖立温泉と阿蘇へ旅行してきました。

杖立温泉は古くからの温泉地です。

A4_2

周辺には立ち寄り湯も多く、家族風呂も人気がある温泉地です。

A1

今回は杖立で最も大きな宿「ひぜんや」に泊まりました。

A9

館内には大分と熊本の県境があります。

A2

ひぜんやの宿泊者は野外や館内の4つの温泉が無料で楽しめます。

私は館内の2つの温泉で十分楽しめました。

それぞれに、檜風呂や露天風呂などがあり気持ちよかった♪

もちろん源泉かけ流しです。

A6

りんたろうもご機嫌でしたよ。

A5

部屋からの眺めです。

自然いっぱいです。

A7

カワウもいました♪

A10

夕食のバイキングは種類がとても多く、ステーキやアユの塩焼きも実演提供で食べ放題♪

写真は一旦食べ終わってテーブルの上を片付けた後、コーヒーを飲みながら、ケーキなどのスイーツを4種類食べた後、欲張って、さらに熊本ラーメンを注文したところです。

どれも美味しくて大満足!

A11

こちらは朝食。

息子に食べさせるため、妻と順番に食事します。

朝も種類多かったですねー

私は和食を中心にいただきました。

おすすめの宿です。

観光編は後ほど。。。

 by クロちゃん

2017年8月25日 (金)

西日本新聞 8月24日 筑豊版 「森へおいでよ」48

Dsc_0429

2017年8月24日の西日本新聞朝刊の筑豊版に、私が書いた記事が掲載されました。

今回は、筑豊地区で産出する「琥珀」について書きました。

新聞紙面では文字数だけでなく、書くにあたって何かと制限があったりしますが、ある程度は伝えることができたのでは、、、と思います。

地方版ですので、なかなか見ることができないと思います。

ですが、しばらくの間、ネット版で見ることができます。

しかもカラーです。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/fukuoka_serialization/article/353187/

 by クロちゃん

2017年8月20日 (日)

宗像大社にて

A1_2

ちょっと前の話しです。

この日は妻と長男とドライブ。

着いたところは宗像大社。

長男が遊んでいる芝生にいたのは・・・

A4_2

アマガエル♪

同じカラーリングの個体が数匹。

A2_2

実はこの日、沖ノ島関連遺産群の世界遺産登録発表の日で、海の駅 むなかた館で衛星中継が予定されていました。

私が高校生のころ、宗像市の教育委員会にお世話になり、市内各地で遺跡や古墳の調査をしていました。その頃は開発が多く、緊急調査が同時にあちこちであっていたため、今日はここ、明日はあっちと大忙しでした。一日中一つの現場を任され、古墳の石室の中で人骨や副葬品の計測をしたりしていました。

その頃お世話になった学芸員さんが、むなかた館で勤務されています。

懐かしくご挨拶していると報道関係の方がちらほら来られたので、ここを後にしました。

A3_2

宗像大社辺津宮本殿にも報道関係の方が取材で来られていました。

本殿では結婚式が執り行われていました。

関連遺産群、全ての登録決定!

良かったですね。

 by クロちゃん

熊本旅行にて「熊本城」

A1

先月、御船恐竜博物館を訪れた際の旅行の様子を少し紹介します。

熊本市内のホテルに宿泊。

窓からの景色ですが、コンデジをズームアップしていくと・・・

A2

修復中の熊本城が見えました。

A3

今回宿泊したのはここ。

翌朝、熊本城を目指しました。

A4

熊本城内の駐車場に車を停め、歩いて加藤神社方向へ。

A5

地震で見学の規制はありましたが、被害の様子は見て取れました。

A6

戌亥櫓(いぬいやぐら)周辺の石垣の崩落状況です。

A7_2

石垣の半ばが崩落し、隅石で支えられていました。

A8

崩落した石垣に番号がふってあり、並べられていました。

その数は膨大で、復興にはまだまだ時間がかかりそうでした。

A9

石垣の崩落は、あらゆる場所でそのままでした。

A0

土嚢に守られた石垣の横を歩いて行くと・・・

A10

A11

加藤神社があり・・・

A12

境内から天守閣修復の様子が見学できました。

A13

A14

境内には、以前ニュースにもなった、崩落した石垣から見つかった観音様が安置してありました。

まさか目の前で現物を見られるとは思ってなかったので驚きました。

A16

もと来た道を戻り、桜の馬場 城彩苑へ向かいます。

A15

ここでは土産物屋さんや、食事をする店が立ち並び、元気な熊本が感じられました。

熊本城とセットで訪れることをお勧めします。

 by クロちゃん

2017年8月11日 (金)

大昆虫博②

A1

コノハムシや・・・

A2

ナナフシ・・・

A3

ハナカマキリなど、植物とそっくりなものもいれば・・・

A4

毒グモで知られるタランチュラは、およそ10種類も展示してます。

他に、大きなヤスデやゴキブリなど、ちょっとグロテスクな虫もいて楽しめました。

A5

記念撮影用に、各種かぶりものもあり、さらに楽しめますよ♪

 by クロちゃん

2017年8月 6日 (日)

大昆虫博①

A1

先日、息子にはちょっと早いかなーと思いつつ、北九州市立自然史・歴史博物館で開催中の「大昆虫博」に行ってきました。

開催期間 平成29年7月15日(土)~平成29年9月3日(日)

A2

思った通り、息子は昆虫を見るというよりも、会場をあっちこっち歩き回るという状態。

落ち着いては見れませんでしたが、生き物大好きの私も妻も楽しめる内容でした。

A3

ミズカマキリやゲンゴロウが懐かしー!

A4

A5

ブラジル産を中心とした昆虫化石もたくさん展示されていました。

A6

開館15周年を記念した15種類の蝶で作ったパネル。

前で記念撮影する人が多かったですね。

A7

なんだこれ?その1

A8

なんだこれ?その2

つづきます。。。

 by クロちゃん

2017年7月25日 (火)

御船町恐竜博物館へ行ってきました ⑥お土産編

A1_4

博物館での楽しみの一つに、ミュージアムショップでの買い物があります。

今回もいろいろと買いましたが、その中で御船町恐竜博物館オリジナルのものを少し紹介します。

先ずは子供用に買ったTシャツ。

デザインが可愛いですね。

色は他にブルーなど数色用意してありました。

A3_2

同じデザインのクリアファイルと下敷きです。

別バージョンもあります。

A2_3

私のお気に入りがこれ!

藍染めの手拭い。

A4_3

この「和」なデザイン、とっても良いでしょ♪

他に数種ありました。

 by クロちゃん

御船町恐竜博物館へ行ってきました ⑤

A1

A1_2

2階から恐竜骨格ゾーンを見たところです。

A2

2階には、地球の歴史についての展示がありました。

A3

酸素をもたらすという大きなイベントのきっかけとなった、ストロマトライトも展示されています。

微化石を紹介する美しい展示もありました。

A4

A5

その他にも、化石のクリーニングの様子が見れたり、恐竜キーホルダーづくりや、紙粘土アンモナイトづくりなどの各種体験教室があります。

また、夏休み化石教室も事前申込制で開催されています。

詳しくは御船町恐竜博物館のホームページをご覧ください。

http://www.mifunemuseum.jp/index.php

博物館の隣の観光交流センターでは、化石発掘体験を行っています。こちらも事前予約制です。

御船町観光ホームページから予約が出来ます。

A6

御船町恐竜博物館、おすすめです!

 by クロちゃん