フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« いのちのたび博物館 ミュージアムショップオリジナル缶バッチ・マグネット | メイン | フィルム画像のデータ化 »

2019年3月10日 (日)

もうすぐ届く「自然史資料集 化石研究部会と芦屋層群の化石」

皆様ご無沙汰しております。

私が所属している北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会 会誌の特別号が、もうすぐ会員の手元に届きます。

会員には会誌「わたしたちの自然史」がありますが、今回はその特別号になります。

「私たちの自然史 自然史資料集 化石研究部会と芦屋層群の化石」 です!

内容は芦屋層群の代表的な観察地である藍島と馬島の紹介、そして長年会員が集めてきた芦屋層群の化石の紹介等です。

構想から完成まで、資金の問題や構成などで長く時間がかかりました。

その中で、化石研究部会創設からお世話になった博物館顧問のOK先生には、編集から出版までの間、そとんどすべての工程に多大なご協力をいただきました。本当にありがとうございます。

資料の提供や写真撮影では会員の皆さん、編集では博物館の先生方、そして出版では慣れないネット印刷までの校正作業をKIYONOさんにご協力いただきました。

本当に本当にありがとうございました。

化石研究部会として一つ区切りができたように思います。

この特別号ですが、北九州自然史・歴史博物館 自然史友の会会員向けに発送されます。

おそらく明日からご自宅に届き始めると思います。

会員外の方には残念ながら非売品となっておりますのでご了承ください。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/34172115

もうすぐ届く「自然史資料集 化石研究部会と芦屋層群の化石」を参照しているブログ:

コメント

お疲れ様です.長年の目標でおられた成果が達成され,なによりです.僕たちのほうもがんばります.また僕たちの夢の続きが合流できるような道筋がそこにあったなら,すこしご一緒しましょう.強引な気持ちですみません.ますますのご健闘を近畿地方の神戸から応援しております.

兵庫県私設博物学研究所ブログのものです.さん、コメントありがとうございます。
最近は平日は夜遅くの帰宅と、妻が切迫流産の恐れがあり、しばらく実家に帰っておりますので、私も休日は妻の実家に行っております。
ネット環境が無いものですから、ブログの更新とお返事が遅くなりますことをお許しください。
化石に関してはライフワークとして、地道に活動を続けていきます。
よろしくお願いします。

遅くなり申し訳ございません.奥様と新しい命の安全と末永い安福を祈っております.もちろん,ご返事など遅れておられても全然大丈夫です.化石の活動も息抜きとしても活動されるとより良いですね.知ったかぶりしてもうしわけありません.化石の先輩としてまた,ブログを通じてご教示いただけるとさいわいでございます.ι(`・-・´)/

コメントを投稿