フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2018年12月 | メイン | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月28日 (月)

美祢市ぶらぶら

1月14日、思い立って山口県美祢市へ向けてドライブしました。

Cimg3323

Cimg3321

秋吉台(今回は異なるルートで辿り着きました)

Cimg3311

長登銅山跡(妻と息子は車で爆睡中)

Cimg3325

石灰岩の露頭で、ウミユリやサンゴ化石の観察をしました。

探すのに時間がかかり夕方になってしまいましたが、風化面に化石を見つけた時は、妻も興奮していました。

息子は自然が大好きなので、そこらじゅうを走り回っていました。

Cimg3327

 by クロちゃん

2019年1月21日 (月)

炭鉱の記憶

1_2

子どもの頃、生まれ育った飯塚市で、遊んだ数々の炭鉱の廃墟。

その記憶をもとに、先日とある炭鉱跡を探しに出掛けた。

すると・・・

あるではないか!

もう壊されたかと思っていたが残っていた。

当時、周囲には露天掘りの後や、陥没し坑道が見えていた場所もあった。

懐かしい。

ずっと残っていてほしい遺構である。

 by クロちゃん


2019年1月20日 (日)

パンチトーキョー

Cimg3295

地元の山で、炭鉱の遺構を散策中に見つけたのがこれ。

「パンチトーキョー」なる清涼飲料水のビン。

子どもの頃あったような。。。

残念ながら表のラベルが擦れて消えていたので放置。

 by クロちゃん

下関・元旦小旅行 4 彦島西山の化石層

Cimg3203jpg1

続いて訪れたのは「彦島西山の化石層」です。

海岸にかかる橋の周辺に化石層があります。

駐車場はありませんので、見学するにはちょっと不便ではあります。

Cimg3205

橋には、おそらくグリキメリスと思われる貝の化石をモチーフにしたデザインが♪

Cimg3207

橋の中央付近に海岸へと降りられる階段があります。

Cimg3210

Cimg3208

ここで注意!!!

ここの岩盤は下関市指定文化財(天然記念物)に指定されておりますので、化石の採集はもちろん、岩盤を叩くことはできません!!!

ルールを守って見学だけにしましょう。

Cimg3217

見えている岩盤すべてが芦屋層群の地層で貝化石を豊富に含んでいます。

Cimg3211

Cimg3213

重なり合った二枚貝化石のグリキメリスを見学できます。

Cimg3221

橋の下にも。

過去に地元で化石層の保存運動があり、橋は化石層を避けて建設されました。

保存と研究を考えると難しい面もありますが、これだけ立派な貝化石層がそのまま現地で保存され、何時でも誰でも自由に見学ができるというのは素晴らしいことだと実感しました。

地学の学習におすすめのスポットです。

 by クロちゃん

モンシロチョウ

Cimg3338

今朝、6時ごろに目が覚めてテレビをつけると、ひらひらと何かが舞い上がり、画面にぶつかりました。

何だろうと見てみると、モンシロチョウでした。

じつは12月の初旬、妻の実家の畑から採ってきた大根の葉にアオムシがついていて、飼ってみようと葉と一緒に容器に入れていたら、数日して居なくなっていたのでした。

おそらく蛹になるために移動したのだろうと考えたのですが見つからず・・・。

そして今日、無事生まれたということが判明♪

外に逃がしてあげたのでした。

 by クロちゃん

2019年1月13日 (日)

下関・元旦小旅行 3

Cimg3176

下関でサンデン交通のバスの後ろを走りながら向かった先は彦島!

Cimg3179

さらに進んで竹ノ子島へ向かうのでした。

Cimg3189

ここは簡単に海岸へは出れそうになかったので、地元の方にお願いして浜へ案内していただきました。

ありがとうございます!

Cimg3190_4

浜にはソデイカが二つ。

一つにはトビが群がっていました。

Cimg3197

木材の漂着が多いですね~

Cimg3201

こちらはプラゴミがいっぱい!

Cimg3199_2

この周辺の地層は約3000万年前の海成層の芦屋層群。

生痕化石(オフィオモルファやタラシノオイデス)が見られます。

ここは短時間で切り上げて次の場所へ移動です。

 by クロちゃん

2019年1月 6日 (日)

下関・元旦小旅行 2

泊まったのはドーミーイン下関。

安く泊まれて、天然温泉もあり、朝食はフグ料理もあるバイキング。

立地も良く、部屋は少し狭いですが快適に過ごせました♪

Cimg3165

翌朝、赤間神社と厳島神社へ参拝。

海響館・亀山神社・赤間神社は近く、コンパクトに動けてgoodです!

正月はゆっくり歩いて行くのが良いかもしれません。

その後、私たちはフィールドへ向かうのでした。

 by クロちゃん

2019年1月 4日 (金)

筑豊化石収蔵庫にて

Cimg2918

年末、休みになったので息子を連れて「筑豊化石収蔵庫」へ。

Cimg2931

まだ化石のことはよく分からないけど、石や恐竜のことは理解しているようです。

 by クロちゃん

2019年1月 3日 (木)

下関・元旦小旅行 1

Dscn1448jpga

2018年の締め括りは、いつものように地元の神社で年越し祭の準備。

Dsc_0416

12月31日から1月1日の午前2時ごろまでは年越し祭で、うどん・そばコーナーを担当しておりました。

夜が明け、下関に一泊の小旅行へ。

Pengin

最初の目的地「海響館」では比較的入館者が少なく、こんなコスプレにも挑戦できました。

ペンギンは私です。

Pen1

息子は照れてちょっと嫌がっていました。。。

Dsc_0001_burst20190101170737110

ゆっくり見て回って海響館を後にしたのは夕方でした。

Cimg3151jpga

その後、カモンワーフの向かいにある亀山神社へ。

ここはブラタモリでも紹介されてましたね~

野球の球が鳥居の額に挟まっていましたよ。

Cimg3155jpga

ここにあったのが世界最大のフグの銅像!?

せっかくなのでパチリ。

Cimg3158jpga
お参りし、御朱印をいただきました。

この後、夕食を済ませホテルへ。

 by クロちゃん

海響館~関門海峡の海~

Cimg2989

2019年1月1日、下関市の海響館です。

ここの名物と言えば、私が思うにはフグの展示が多いことやシーラカンスの実物標本があること、そして関門橋をバックに関門海峡周辺に生息する魚たちを展示していることではないでしょうか。

Cimg2992

その水槽の左手前の作り物の岩の一部に・・・・

Cimg2993jpga

下関に分布する約3000万年前の海成層「芦屋層群」の実物の岩塊が埋め込んであります。

その中には、グリキメリス(キッシュウタマキガイ)という二枚貝化石が重なってたくさん含まれています。

特に説明板も無いのであまり知られてないかも。

設計した方のこだわりが感じられますね。

 by クロちゃん