フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« クリーニング室にて | メイン | 北九州市立自然史・歴史博物館自然史友の会合同野外観察会 2018年9月23日 »

2018年9月 2日 (日)

標本の整理で。。。2 糞化石

Cimg2109

先日、お盆休みの標本整理中に見つけたもの。

宮若市で以前、道路工事があった際に採集した石。

脇野亜層群千石層のトビゲラ類の巣穴と考えられる生痕化石がある層と、ほぼ同じ層準ではないかと思われる。

その石の端に、風化して茶色になった部分がある。

Cimg2116a

おそらく石灰質であったのだろう。

解像度を若干落としているので分かりにくいかもしれませんが、写真の中央部2か所に小さな糞化石と思われるものが密集している。

これが何がどのように残していったものなのか、想像していくのが面白い。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/34142186

標本の整理で。。。2 糞化石を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿