フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2018年8月 | メイン | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

日田「マリオワールドの世界展」へ 4

A1_5

つづきです。

泉さんの作品は、同じものは二つとない、自然が造った造形が基本となっています。

A2_4

作品を実際に見ていただければ、その美しさや楽しさが分かると思います。

A3_5

A4_5

A5_2

A6_3

泉さんが採集した、九州各地の化石標本の展示もありますよ。

つづく。。。

 by クロちゃん

日田「マリオワールドの世界展」へ 3

A1_4

つづきです。

これぞマリオワールドの世界!

泉さんが海岸の漂着物で作った作品の数々です。

A2_3

バックの写真は、北九州市若松海岸ですね!

A3_4

息子は泉さんの作品にまたがらせてもらってご機嫌です。

A4_4

カエル浮きで作ったカエルと、カエルの歌を熱唱するりんたろう。

A6_2

すっかりマリオワールドに引き込まれるりんたろうです。

A7_2

泉さんにアオイガイのランプを点けていただきました。

綺麗だね♪

つづきます。。。

 by クロちゃん

日田「マリオワールドの世界展」へ 2

A1_3

前回からのつづきです。

朝、宿から日田市複合文化施設AOSE(アオーゼ)へ。

現地で出迎えてくださったのは化石仲間でもある泉マリオさん。

今回の旅の目的である「自然の造形美 マリオワールドの世界展」は泉さんの個展なのです。

写真は1階のロビーにある水槽です。

A2_2

アオーゼの3階にある日田市立博物館へ。

A3_3

さあ、マリオワールドの世界へ!

A4_2

21歳の時から世界を旅し、訪れた国の数は南極大陸を除く5大陸合わせて72ヶ国。

そこで出合った風景を描いた絵は独学だそうです。

A4_3

泉さんの目の前にあるのは、世界中を旅して集めた化石の数々。

A5

A6

泉さんにとって、化石は自然が造り出した芸術の一つという考えです。

一方で北九州市立自然史・歴史博物館友の会に所属し、化石を見つける一流の目を持つ泉さんは、重要な化石を発見すると博物館に寄贈しています。

A7

こちらは触れる化石コーナー。

福岡県や長崎県で採集した珪化木や貝化石を展示しています。

使用している台は、もちろん泉さんの手作り。

海岸の漂着物で作られています。

つづきます。。。

 by クロちゃん

日田「マリオワールドの世界展」へ 1

A1

7月の初め、化石仲間でアーティストでもある泉マリオさんから便りが届きました。

それによると日田市立博物館で「自然の造形美 マリオワールドの世界」という展示会を開催するとのこと。

これはどこかで時間を調節して行かねば・・・と、9月23日から24日の日程で家族で日田に出掛けることにしました。

初日は北九州で自然観察会に参加した後、車で東峰村を越え日田へ。

A2

この日お世話になった宿は日田温泉の「よろずや」さん。

A3

到着後、出していただいたお抹茶と蕎麦饅頭をいただいて、ご満悦のりんたろう。

A3_2

今回は妻の希望で部屋食をチョイス。

子連れでも落ち着いて食することができました。

A4

部屋の前は三隈川が流れ、夜は鵜飼いを見物する屋形船がたくさん出ていました。

りんたろうも興奮しながら眺めていました。

明日は、日田市立博物館で泉さんと待ち合わせです。

楽しみ~♪

 by クロちゃん

2018年9月24日 (月)

北九州市立自然史・歴史博物館自然史友の会合同野外観察会 2018年9月23日

1

2018年9月23日(日)、北九州市畑貯水池一帯にて、北九州市立自然史・歴史博物館自然史友の会 各研究部会合同の野外観察会が行われました。

5

この日は久しぶりに家族で出掛け、昆虫などを観察、私も池の支流でスジエビやウシガエルなどを観察しました。

2

キノコも様々な種類のものがありました。

1_2

ヤマトシジミ

Pptx

ルリタテハの幼虫

Photo

地衣類をまとったイモムシ。種類は分かりません。

6

この日は午後からお出掛けがあり、昼食後、お先においとまさせていただきました。

 by クロちゃん

2018年9月 2日 (日)

標本の整理で。。。2 糞化石

Cimg2109

先日、お盆休みの標本整理中に見つけたもの。

宮若市で以前、道路工事があった際に採集した石。

脇野亜層群千石層のトビゲラ類の巣穴と考えられる生痕化石がある層と、ほぼ同じ層準ではないかと思われる。

その石の端に、風化して茶色になった部分がある。

Cimg2116a

おそらく石灰質であったのだろう。

解像度を若干落としているので分かりにくいかもしれませんが、写真の中央部2か所に小さな糞化石と思われるものが密集している。

これが何がどのように残していったものなのか、想像していくのが面白い。

 by クロちゃん