フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 標本の整理で。。。 | メイン | 標本の整理で。。。2 糞化石 »

2018年8月17日 (金)

クリーニング室にて

Cimg2127

お盆休みに少しだけ時間を作り、久しぶりに化石のクリーニングをしました。

今年の4月にRKBのテレビ番組で私の活動が紹介されましたが、その時映っていたのが実家にある化石のクリーニング室。

最近は忙しくてずっと使っていなかったのですが、採りためた化石のクリーニングをちょっと進めました。

Cimg2128

これは以前、田川市内の某所にて採集した古第三紀の二枚貝。

海成層です。

産地は残念ながら消滅してしまいました。

Cimg2137_2

クラックが入っているところは、木工用ボンドを薄めて流し込みました。

Cimg2135

こちらは以前、直方市内某所から採取したもの。

古第三紀・大辻層群出山層の泥岩で、植物遺骸やコハクを含んでいます。

ここも産地は消滅しましたが、造成中は許可をいただいて長期間調査させていただきました。

この母岩から取り出したものが・・・

Cimg2133a

これですが、分かります?

淡水の二枚貝なのですが、現生で言うとドブガイのようなものかと思います。

この母岩は、乾燥するとバラバラになるので、日陰で高温にならないよう保管しておりました。

現在接着処理中で、これはゆっくりとクリーニングする予定です。

Cimg2136a_2

こちらも同じ場所で採集したもの。

淡水性の二枚貝化石です。

ボンドを薄めて染み込ませました。

長いこと筑豊地区各所で地層の観察をしてきましたが、私が確認した淡水の二枚貝化石はこの場所の数個のみで貴重なものです。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/34140208

クリーニング室にてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿