フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 筑豊の自然素材でリース作り | メイン | 直方市鴨生田池のコウノトリ 2017年12月3日 »

2017年12月10日 (日)

「2010年と2013年に九州北部で採集されたアオイガイ(カイダコ)の交接腕」のレポート

A2

A3

以前、当ブログでも報告したアオイガイの交接腕を採集した話ですが、やっとレポートとして雑誌に掲載することができました。

所属する漂着物学会誌にお願いするか迷いましたが、同じく所属する北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会の会誌がカラー写真を多く掲載可能と考え投稿しました。

掲載されたのは、北九州市立自然史・歴史博物館友の会誌「わたしたちの自然史」2017/第140号で、本文と写真合わせて10ページになりました。

これまでに私が確認したアオイガイの交接腕は計13本。

実験も取り入れ、一般の方にも分かり易く書いたつもりです。

日頃からブログ等を通じて情報交換していただいている皆様には、本当に感謝しております。

今後このレポートが、アオイガイの生態解明のヒントになれば幸いです。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/34097050

「2010年と2013年に九州北部で採集されたアオイガイ(カイダコ)の交接腕」のレポートを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿