フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

2017年 今年もお世話になりました

A1_6

先日の「いいねん!」の講座で余った材料に追加し、妻と作った門松です。

A2_6

A3_3

A4_4

妻が作ったしめ縄です。

実家と自宅用です。

水引は結婚式でいただいたお祝いに付いていたものを保管して利用させていただきました。

A6

筑豊化石収蔵庫は私が作ったしめ縄で。

今年もお世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

 by クロちゃん

2017年の思い出 篠栗 九大の森

A1_5

12月3日、篠栗九大の森へ出掛けてきました。

A2_3

ここは篠栗町と九州大学が管理している大学の敷地で、決められたルールのもと、遊歩道と広場のみ利用させていただくことができます。

A4_3

自然の中を散歩して歩くのに、とても良いところなのですが、最近有名になって、多くの人が訪れるようになりました。

A5_3

それがこのヌマスギです。

とても見ごたえがあります。

最近流行りのインスタ映えと言うのでしょうか、、、。

今は池の水位が下がっていますが、時期により根元は水で満たされます。

 by クロちゃん

2017年の思い出 長男 初めての化石採集

A1_4

10月、芦屋層群の地層が露出している海岸で、長男が手にしているのは?

Dsc_0457

二枚貝の化石です。

Dsc_0453

風化で崩れている崖から、コロンと化石が落ちてくることがあります。

長男が手にしていたのは、約3000万年前のアシヤフミガイの化石でした。

本人はよく分からず、味見していました(笑)

 by クロちゃん

2017年の思い出 いいねん!

飯塚市自然体験プログラム「いいねん!」

私と妻も所属する「筑豊の自然を楽しむ会(ちくぜんらく)」で企画・運営しています。

私と妻は子育てのためあまり参加できず、12月10日のおでかけ「いいねん!」鳥羽池公園(庄内)いきものさがしと、12月24日のいつもの「いいねん!」健康の森~エコ工房 いきものさがし・季節の工作 ~のみの参加となりました。

A2_2

鳥羽池にて。

A1_3

健康の森。

いきものさがしと季節の工作の材料の調達です。

A3_2

季節の工作の説明をする岸本さん(バッタさん)。

A4_2

わらを叩いてほぐし、しめ縄を作ります。

A5_2

門松・しめ縄・リース、どれも立派なものです。

一般参加者の作品です。

 by クロちゃん

2017年の思い出 田代恒雄さんの個展「鳥の詩」

A1_210月1日、漂着物学会に所属される造形作家の田代恒雄さんの個展「鳥の詩」に家族で出掛けました。 

ユーモラスな鳥の造形に息子も大興奮。

私は久しぶりに田代さんにお会いできて嬉しかったです♪

 by クロちゃん

2017年の思い出 いのちのたび博物館にて 

A0_2

ティラノサウルス、スーの前で。

結婚前に、この場所で前撮りしたのですが、一人増えました♪

A00_2

りんたろうよ、足元の恐竜の足跡は、お父さんが韓国・慶尚層群で型どりしてきたものなのだよ。


A1

初めての恐竜ロボットとの対面は恐がりませんでした。

A2

A3

A4

A5

平尾台の洞窟を再現したゾーンにて。

 by クロちゃん


2017年12月10日 (日)

直方市鴨生田池のコウノトリ 2017年12月3日

Cimg0584

今年もまた、直方市の鴨生田池にコウノトリが2羽飛来していました。

2017年12月3日夕方の撮影です。

 by クロちゃん

「2010年と2013年に九州北部で採集されたアオイガイ(カイダコ)の交接腕」のレポート

A2

A3

以前、当ブログでも報告したアオイガイの交接腕を採集した話ですが、やっとレポートとして雑誌に掲載することができました。

所属する漂着物学会誌にお願いするか迷いましたが、同じく所属する北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会の会誌がカラー写真を多く掲載可能と考え投稿しました。

掲載されたのは、北九州市立自然史・歴史博物館友の会誌「わたしたちの自然史」2017/第140号で、本文と写真合わせて10ページになりました。

これまでに私が確認したアオイガイの交接腕は計13本。

実験も取り入れ、一般の方にも分かり易く書いたつもりです。

日頃からブログ等を通じて情報交換していただいている皆様には、本当に感謝しております。

今後このレポートが、アオイガイの生態解明のヒントになれば幸いです。

 by クロちゃん

筑豊の自然素材でリース作り

A1

妻(ゆずさん)が飯塚市や直方市の野山で拾ってきた蔓(かずら)やどんぐり、松ぼっくりで作ったリースです。

なかなか豪華にできています。

ドングリなどは虫の卵が産みつけられていることがあるので、煮沸処理をしています。

接着剤(グル-ガン)だけは人工物。

先日妻は、直方市の子育てセンターでリース作りの講座をしてきたようで、好評だったとのこと。

楽しいですもんね♪

 by クロちゃん