フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2017年1月 | メイン | 2017年5月 »

2017年2月

2017年2月 5日 (日)

美しき糸島の海岸を楽しむ ライフスタイルを考える ー鳴き砂と漂着物

A5_2

1月29日、向かった先は・・・

A6_2

福岡県の最西部、「糸島市」

福岡市に近接し、自然豊かな場所としてテレビでも良く取り上げられるところです。

そしてこの場所「姉子の浜」

鳴き砂で知られています。

この日は雨で砂が濡れていたため、残念ながら鳴きませんでした。

私は海岸の横にある観光案内所で鳴き砂の音を聴かせていただきました。

A3_3

場所を移動し、深江の公民館へ。

九州大学院 工学研究院主催の講演会

「美しき糸島の海岸を楽しむ ライフスタイルを考える -鳴き砂と漂着物」に参加しました。

写真は主催の九州大学の清野先生。

漂着物学会の会員でもあります。

会場には私を含め漂着物学会の会員さんがちらほら、ブログでお世話になっているsatoさんやあかずきんさんも参加しています。

A4_2

そう、この日はゲスト講演者として漂着物学会のshigeさんが来られていたのでした。

写真はshigeさんのこれまでの歩みの中で、1990年に福井県初記録の恐竜足跡を発見したエピソードを紹介しているところです。

「なんか自分と似ているな~」っと勝手に考えながら聴いていました。

shigeさんのライフスタイルは私の手本でもあります。進化系とでも言いましょうか、、、。

とにかくカッコいい生き方だと思っています。

講演の中で伝えようとしていらっしゃることの一つが、楽しさだと思います。

楽しみながら自然を学ぶ。

自然と親しみながら郷土愛を育んでいく、そういう流れができると素晴らしいと思います。

きっと心も豊かになるんじゃないかなぁ。

A1_3

講演会の後、shigeさんとあかずきんさん、satoさんと私の4人で食事をしました。

A2_3

shigeさんから思いがけず素敵なサプライズのプレゼントが!

海豆や写真のアサガオガイなどの漂着貝を私たちのために用意してくださっていました。

私はなかなか拾えずにいた貴重なものです。

さらに私には福井の前期白亜紀貝類化石のプレゼントを用意してくださり感激しました。

どれもコンディションの良いもので、福岡の前期白亜紀貝類化石との比較標本として活用させていただきます!

本当にありがとうございました。

追伸・先日のアオイガイの交接腕の原稿ですが、昨日行われた北九州市市立自然史・歴史博物館 自然史友の会の事業担当幹事会出席のおり、出版担当幹事へ提出させていただきました。発行までまだ時間がかかりますが、発行の際は皆さんの手元にお届けさせていただきます。

 by クロちゃん

地質鉱物研究部会 学習会 2017年1月22日

A2_2

2017年1月22日、北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会 地質鉱物研究部会の学習会がありました。

A1_2

会員による鉱物標本の展示や河野会員による発表などが行われました。

A3_2私は家族で参加していたのですが、子どもが長時間は無理なので、博物館の森先生による「ヒマラヤの地質と風景」の講演 のみお聴きしました。

ちょうど、NHKの特集番組を見たばかりだったので復習になり、とても勉強になりました。

 by クロちゃん

香春神社 2

A1

A2

A3

A4

A5

さらに上がると社殿があります。

訪れたのは1月で正月を過ぎたころだったのですが、人がいなかったのが寂しかったですね。

A6

A7

昭和14年に山頂の山王神社から落下したと言われる山王岩、一ノ岳山頂にはかつて山城跡もあり、調査されることなく石灰岩の採掘が行われ現在に至っているのは残念です。(二ノ岳・三ノ岳は学術調査が行われました)

A8

境内には採掘されている結晶質石灰岩が落ちていました。

A9

数々の大木もあり、癒される場所です。

A10

神社の横には「間歩跡」(銅等鉱石採掘)というのがありました。

一ノ岳で石灰岩以外の鉱石を採掘した話を聞いたことが無かったので、ちょっと?でした。

A11

間歩跡から・・・

A12

古く歴史ある神社なので、もっと賑わうと良いなと思った訪問でした。

 by クロちゃん