フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 郷土の化石救出作戦! 決行中 | メイン | 関門層群脇野亜層群のストロマトライトについて思うこと。 »

2016年9月16日 (金)

郷土の化石救出作戦! 報告

A1

前回のブログで触れた、郷土の化石を救出する作戦の話。

その化石とは「白亜紀のストロマトライト」

ストロマトライトとは光合成を行いながら成長する細菌~シアノバクテリア~がつくる縞状・ドーム状などの堆積岩のことで、ラン藻類とも呼ばれます。

酸素が無かった地球に酸素をもたらしてくれた原始的な細菌です。

写真のものが福岡県筑豊地区にあったストロマトライトで二十年以上前に確認していました。

当時は飲食店の庭園に埋め込まれていて、巨大なものを含め3つの岩に含まれていました。

仲良くさせていただいていた飲食店のオーナーさんによると、彼が経営していた複数の採石場のうち、数百メートルしか離れていないすぐ横の廃業した砕石場から切り出したものとのことでした。

その地層は関門層群脇野亜層群。

白亜紀の湖成層です。

実は同じオーナーさんの別の廃業した採石場の地層中にも大きなドーム状のストロマトライトを確認していました。

ちなみにその場所は、その後造成され地中に埋まってしまいました。

さて、話を戻しましょう。

ストロマトライトの岩塊がある飲食店は廃業し、長い間空き地になっていました。

管理している不動産屋さんに何度か交渉し、土地の買い手が決まり造成が始まったら岩塊を譲っていただく話をしていたのですが、土地は転売を繰り返し・・・。

それが先日急展開!

すでに造成が始まっていて、一番綺麗で大きなストロマトライトの岩塊が地中に埋められていました。

「うおー!」

車を停め交渉。(その間。。。一緒に車に乗っていた息子はギャン泣き、妻は怒り。。。ごめんねー、許してちょ。。。)

まだ残っている2つのストロマトライトの岩塊を重機で掘り出し確保していただけないか掛け合いました。

結果、うち一番小さな岩塊のみを掘り出し、確保していただけることになりました。

貴重な貴重な2つのストロマトライトの確保は叶いませんでしたが、個人で出来ることには限界があります。

そして。。。

A2

ユニックトラックとオペレーターさんを手配して上の写真のストロマトライトの岩塊の確保に無事成功しました!!!

とりあえず1つ、貴重な郷土の化石が世に残りましたよ!

(まだお金払ってないけど・・・)

この作業に協力していただいた皆さんに感謝です。

心配してくださっている仲間や博物館の先生。

この場を借りて報告させていただきます。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/33938273

郷土の化石救出作戦! 報告を参照しているブログ:

コメント

凄く良い話ですね。私が地元新聞記者なら絶対伝えたいニュースです。化石産地など開発行為で消滅することは今後も起こり得えますよね。今回のように一部でも痕跡を残せたのは奇跡だと思います。本来なら博物館や大学が確保すべき事案でしょうね。。。ただ、こういう事に使える費用が地元や学校レベルでは予算削除の一方なのが現状ですよね。ホントお疲れ様でした。

こういう話を マスコミに持っていくのは、絶対にすることではありません。
マスコミは、事の真相を十分に調べることもなく、ただ興味本位に取上げて
記事にするでしょうが、これはこの善意の行為をした方々、また直接、間接的に関わった方をも、おとし入れる結果になることもあります。マスコミは怖いですよ・・・。

goodnoduleさん、コメントありがとうございます。

開発によって失われていった化石産地をたくさん見てきました。
その中には、ほんの一部モニュメント的にでもいいから残してほしいと思うものも多かったですね。
新興住宅地が大昔どのような場所であったか・・・そのヒントを残してあげるってワクワクするじゃないですか。

でも、そう簡単にはいかないんですよね。

遺跡や古墳と違って文化財保護法には当てはまりません。

化石をとりまく環境も以前よりも厳しくなってきました。

博物館も所定の手続き等が大変みたいです。

保護と規制、これも難しい問題です。

法律でガチガチにしてしまうと学問の発展を阻害してしまう恐れもある。
ある一定のゆるさが必要であり、博物館ができないところは我々アマチュアが頑張る。

なんかいろいろ考えちゃいます。

石吉さん、コメントありがとうございます。

書かれていること。良く分かります。
今まで多くの取材を受けてきましたが、初めのころなんか既に台本ができてて記者の方が「私が質問したら○○○と言ってください」って、ありえないと思いました。
全てのマスコミがそうとは言いません。
一部の親しい方々は理解してくださっています。

ただ報道は難しいですね、、、。
こちらが伝えたいと思っていることが、ねじ曲がって伝わることもありますし。

今回の事案、工事関係者の方がとても親切に対応してくださいました。
とても有難かったですね。

そのような方々に迷惑をかけたくありませんので、詳しい場所等は伏せます。
私に関わったばっかりに、嫌な思いはさせられません。

情熱ですね。
化石に対するクロちゃんの思いを感じます。
素晴らしいと思います。

こんにちは!
ストマトライトでしたか!
しかも想像以上の岩塊でした。
貴重な資料ですから一塊だったとはいえ、長年の想いが叶って良かったですね。

土肥 学さん、ありがとうございます。
もともと化石に対する思い入れは強いものがありますが、それが貴重なもの、しかも地元のものとなれば絶対に見逃すわけにはいきません。

そうそう話は変わりますが、先日息子のお食い初めの時、頂いた可愛い波佐見焼の食器を使わせていただきました。
彼の人生の節目に、良い思い出の品になりました。
ありがとうございました。

カズキチさん、ストロマトライト、しかも素晴らしく保存の良いものでした。
これから少し脇野のストロマトライトについて書きますね。

コメントを投稿