フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 誕生日に・・・ | メイン | カブトガニの大量死 »

2016年8月21日 (日)

第351回化石研究部会例会報告

A2

8月21日(日)、北九州市立自然史・歴史博物館1階会議室において、自然史友の会 第351回化石研究部会例会がありました。

今回は担当の御前明洋学芸員による室内講座 「淡路〜四国と宮城での中生代化石調査」のはなしでした。

A3

パワーポイントでの解説の後にアンモナイトなどの標本を見せていただきました。

今回は前任のok元学芸員さんもいらっしゃっていて、病気されていてその後を皆心配していたのですが元気な姿が見られて良かったです。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/33915203

第351回化石研究部会例会報告を参照しているブログ:

コメント

大変ご無沙汰しています。御前先生のセミナーが聞けるなんて良いですね。九州が近ければ何度でも聞いてみたい内容です。凄腕ハンターでもある先生の標本は凄いですもんね。化石を見つける嗅覚は常人ではないです。身近におられて羨ましいです。

goodnoduleさん、御無沙汰しております。
コメントありがとうございます。

御前先生・・・ほんと凄腕ハンターですよね!

~化石を見つける嗅覚は常人ではないです~
おっしゃる通りです!
しかも採取がまた上手い。
今回の標本は風化が著しく、凡人は採取が困難だと思われるもの。
それを瞬間接着剤で固めながら採取されていました。
これには研究会のベテラン達も「凄いなぁ・・・」と驚いていました。

コメントを投稿