フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 福岡技工研究会30周年記念発表会 | メイン | 恐竜博2016のパンフレット »

2016年7月18日 (月)

新種のシーラカンスの化石

A1_6

先日報道された新種のシーラカンスが見つかったというニュース。

インドネシアの約2億3000万年前(三畳紀後期)の地層から見つかったもので、南アフリカやカナダの三畳紀前期(約2億5000万年前)の地層で発見されている「ワイテイア属」に分類され、同属がアジアで見つかったのは初めてだそうです。

この実物化石は現在、北九州市の「いのちのたび博物館」で開催されている「恐竜博2016」の会場にて展示されています。

A2_6

この化石の論文発表者の一人である籔本美孝学芸員と。

 by クロちゃん

 

 



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/33886103

新種のシーラカンスの化石を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿