フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 白亜紀のトビゲラ?の巣化石 | メイン | 「豊田ホタルの里ミュージアム」へ行ってきました 1 »

2016年5月 2日 (月)

4月14日からの熊本・大分地方の地震

A1

久々の投稿になります。

振り返りの話になりますが、触れないと先に進めない気がしますので、、、。

4月14日の熊本地震の時は北九州市小倉南区の職場で仕事中でした。

私や従業員の携帯の緊急地震警報がなって「来るぞ」と声を出した後、グラグラとしばらく揺れた。

そこそこ大きな揺れだったので、近くが震源かと思いきや、ラジオから熊本が震源との情報。

「これはただ事ではない」

そう思って従業員に急遽早めに仕事を終わらせるように指示。

妻に電話し状況を聞き、家族にメール。その後電話は繋がらない状態が続いた。

JRが九州全線で休止との情報を聞き、一部の従業員を車で送り、そこから地震で速度規制中の東九州道~九州自動車道経由で直方市の自宅に帰った。

途中何度も緊急地震警報がラジオや携帯から鳴った。

そこからしばらく携帯などから緊急地震警報や地震情報がひっきりなしに続き、その嫌な音に悩まされた。

特に妻は妊娠中ということもあり、ストレスで体調を崩してしまった。

4月16日の本震とされる地震の時は一晩中寝れなかった。

私は自宅から職場まで高速道で通勤しているのですが、連日日本中から支援の緊急車両やボランティアの車両が列をなして走っている姿を目にして、有難いと目が熱くなりました。

上の写真は16日の夕方の九州道。緊急車両が切れ目なく熊本を目指している様子です。この後、本震が起こることになるとは、、、。

熊本の親戚たちは避難せざるを得ない状況に陥りました。

今回の地震、活断層が連鎖して震源地が阿蘇や大分など東や西へと移っていますね。

まだまだ油断できない状況が続いていますので、今回大きな被害が出ていないところでも非常持ち出し袋や緊急連絡方法等の対応を考えておきましょう。

日本は地震列島、活断層はあらゆるところに存在します。

私が住んでいる福岡県では、以前福岡西方沖地震が発生しました。

この地震を引き起こした警固断層帯では、まだ内陸部が動いていません。昨年末はやや内陸部に近い志賀島あたりで震度1程度の微震が発生しています。内陸部にどの程度エネルギーが溜まっているか分かりませんし、過剰に反応するのは良くないですが、もしもの時に備えておくのは必要でしょう。

さらに警固断層帯の東側には、同じように北北西-南南東に伸びる宇美断層が、その東側には、宗像市沖ノ島付近~福津市~宮若市~飯塚市~嘉穂郡~小石原~朝倉市へと延びる西山断層帯が、また北九州市若松区頓田付近~八幡西区~直方市~福智町~田川市夏吉へと延びる福知山断層帯が存在します。

これらの断層帯の、はっきりした活動間隔は分かっていませんが、おおよそ2万年くらいと考えられています。

これらの断層がいつ動くのか?

これは分かりません。

何千年も動かないかもしれないし、明日動くかもしれない。

熊本地震で動いた布田川・日奈久断層帯に刺激され、別府-万年山断層帯まで動いた今回の一連の地震。一部の地震学者の間では雲仙地区への影響も心配されているようです。

地震が少ない九州と言われてきましたが、皆で気を付けていきましょう。

今回の投稿で地震のことは一旦終わり、通常の投稿に戻ろうと思います。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/33814501

4月14日からの熊本・大分地方の地震を参照しているブログ:

コメント

こんばんわ!
特に奥様はご心配ですね。
私も今でそこ睡眠が取れるようになりましたが、今でも緊急地震速報が鳴るんじゃないかと、いまだにトラウマ状態です。
緊急支援の方々は、とても勇敢ですよね。
本当にカッコイイと思います!(涙)

カズキチさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ほんと、今でこそですよね。
熊本・大分の皆さんの気持ちを思うと、胸が痛みます。

こんにちは!

宇美断層や西山断層帯のこと、初めて知りました。。。
教えてくださってありがとうございます。

先日の地震で、何か倒れてきても大丈夫なように部屋の掃除をし直しました。
クロちゃんさんもお気をつけください。

奥さまにも、よろしくお伝えくださいね。
元気な赤ちゃんが生まれてくることを楽しみにしています^^

原口さん、コメントありがとうございます。

断層だけで言うと化石や地層の観察中にも普通に見られるのですが、問題は活断層。
縄文や弥生時代などの遺跡を発掘中にその時代に地震や津波が起こったことを示す痕跡が見つかる場合もありますし、また古文書に記してあることもあります。それらは私たち現代人に災害の警鐘を鳴らしているということを認識する必要があります。
しかし、あまり話題にならないのは、それぞれの専門分野の連携が取れていないからでしょうか、、、。
歴史から学ぶことも多いと思うのですがねー。

話は変わりますが、出産の予定は6月2日です。
もう少しです。
お心遣いありがとうございます。

ご親戚も奥様もたいへんでしたね。
中々収まらない余震、、。
来週、また実家へ行く予定ですが、
状況が落ち着くまでには、まだ時間がかかりそうですね~。

satoさん、コメントありがとうございます。
ご実家は熊本だったのですね。
本当に大変だったでしょう、、、。
熊本地震は過去の例からみると、どうやら長期化する可能性があります。
まだまだ気が安まらない日が続きそうです。

コメントを投稿