フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

ビーチコーミング&化石採集 2月28日 その1

A1

A2

A3

A4

A5

月が綺麗でした。

 by クロちゃん

2016年2月28日 (日)

特別展「ふしぎの教室」~よみがえる学校標本たち~

A1

平成28年3月19日(土)から5月15日(日)までの会期で、特別展「ふしぎの教室」~よみがえる学校標本たち~ が北九州市立自然史・歴史博物館「いのちのたび博物館)で開催されます。

学校から受け継がれた貴重な実物標本が大集合!

A2

ぜひお越しください。

 by クロちゃん

2016年2月22日 (月)

「豊の国古代史研究会」に参加してきました。

A1

2月21日(日)、 田川市新町にある近代建築遺産 料亭「あをぎり」にて開催された「豊の国古代史研究会」の講演会に参加してきました。

久留米地名研究会神社考古学研究班 古川 清久さんによる「豊の国『新春三社詣りトレッキング』の神々と題した講演と、ブログ「ひもろぎ逍遥」の綾杉るなさんによる「神功皇后を支えた遠賀水軍―列伝―」の講演です。

そうです、神功皇后の伝承を研究していらっしゃる綾杉るなさんが筑豊で講演されるのです。

「これは行かねば!」

講演会のことを知って直ぐに申し込みをしました。

国登録有形文化財である「あをぎり」で行われるというのも嬉しいですね。

一度入ってみたかったので♪

さて、お二人の話ですが、とっても面白かった!

綾杉さん、やっと会えて嬉しかったです!

この私・・・小学生低学年のころ、筑豊飯塚の地で考古学に目覚め、自転車で筑豊各地から遠賀川河口の芦屋町まで足を延ばし、遺跡や古墳を巡りました。

遠賀川には川床遺跡が多数存在し、私は友人と川原で縄文や弥生・古墳時代の土器や石器を採集しました。

土器は破片だけでなく、完形のものもあり、石器は縄文時代の石匙や弥生時代の石包丁の未完成品や完成品、使用した砥石、時に石戈や石剣(これらは立岩遺跡近くの下流域)もありました。

遠賀川から採集した遺物は大量でゆうに軽トラ一台分はありました。

このころから「立岩遺跡収蔵庫」に通い、館長の盛内先生から指導を受けるようになりました。

福岡県の遺跡分布図を頂いてからは、さらに足を延ばしました。

ある時は大分廃寺の礎石を見学しようと自転車で出かけると、周囲で道路の舗装工事をしていて、排出された土砂に大量の瓦があるのを見つけました。

よく見ると軒先瓦には新羅系の唐草模様が!

慌てつつも工事の人に怒られないように、排出された土砂を積んだトラックを自転車で追いかけ、なんとか荷を下ろした場所を発見し、瓦を回収・・・そんなこともありました。

中学になって、学校で歴史研究会というクラブを立ち上げました。

私が通った幸袋中学校の基盤は花崗岩の風化したマサ土と呼ばれる土壌で切り通しの崖には弥生の袋状貯蔵穴などの遺構が観察できました。

また近くに高取焼の窯跡があり、校庭から窯に入れる前の腕の破片が採集できていました。

このころ残念だったことが一つあります。

目尾小学校から幸袋中学校に上がって直ぐぐらいだったか、普段入れない教室が一つあって、そこは郷土室で様々な考古資料が収蔵されていました。

ただ管理が行き届いていない様子で荒れ放題だったのですが、ある日突然部屋の中のものが廃棄されたのです。

廃棄される途中、びっくりして見に行ったのですが、その中には目尾の埴輪の窯跡から発掘されたと思われる馬や人物の埴輪の一部(腕や足など)があり、無残にも壊され保管されていた木製の棚と一緒にゴミ回収業者がトラックに積んで持って行ってしまいました。

その頃の私は「待て!」と言えませんでした。

悔やまれます。

その後、中学から高校にかけては、立岩遺跡(下方)や寺山古墳、新延大塚古墳、城山古墳群などなど飯塚市や鞍手町、宗像市の教育委員会が手掛けた多くの遺跡や古墳の発掘作業に携るようになりました。

小学~中学のころに採集した遺物は飯塚市歴史資料館に引き取ってもらいました。

そんなことを講演を聴きながら思い出していました。

綾杉さんの講演で紹介していた撃鼓神社は飯塚市幸袋にあり、娘のお宮参りでお世話になった神社であり、宮大工だった祖父が一部手掛けた神社でもあります。

この神社は弥生時代に石包丁などの石製品を大量生産し、交易していたとされる立岩遺跡から、その石材の供給地である笠置山の中間地点にあります。

神社がかなり古くから存在していたことを考えると、やはり大きな勢力を持った豪族がいたのでしょうね。

古生物が好きな私ですが、考古学少年だったころを思い出しあれこれと推測しています。

講演された先生方、企画・運営してくださった方々、会場で出会った受講者さん、お世話になりありがとうございました。

 by クロちゃん

2016年2月14日 (日)

2016 バレンタイン

A1_4

今日はバレンタイン。

妻から恐竜のチョコレートをいただきました。

A2

なかなか楽しくなるチョコレートです♪

A3

私もミュージアムショップに寄った時にパッケージにつられて買ったチョコがあります。

A4

可愛かったのでつい。。。

今、家には他にも美味しそうなチョコがいっぱいです♪

 by クロちゃん



2016年2月 7日 (日)

第348回化石研究部会例会報告

N1

2016年2月7日(日) 北九州市立自然史・歴史博物館 1階会議室において、自然史友の会 第348回 化石研究部会例会がありました。

化石研究部会では今年最初の例会です。

今回は担当学芸員の御前先生による「2015年の調査報告」でした。

内容が様々で楽しく学習できました♪

A1

昨年採集された標本の一部。

生痕化石「コダイアマモ」

間近に見たのは初めてです。

よく観察すると、生痕なのが分かります。

 by クロちゃん

2016年2月 1日 (月)

地質鉱物研究会 学習会報告

A1_2

2016年1月31日(日)北九州自然史・歴史博物館 会議室において、所属する自然史友の会 地質鉱物研究部会の学習会がありました。

今回の講演は 「新鉱物 阿武石」 延寿里美氏 (九州大学大学院理学府地球惑星科学専攻) です。

鉱物初心者の私にとっては、毎回とっても勉強になるのですが、最近仕事が忙しく、帰りが深夜になっている私は、プロジェクターを使用しての講演で部屋が暗くなると同時に眠気が、、、、。

地質鉱物研究部会では私より先輩の妻は、久しぶりの参加。しっかり聴いてノートを取っていました。

A2_3

講演後、質問タイムが終わると、自分の標本を持ち寄っての鉱物鑑定会・自慢会が始まりました。

A3_2

田川市産の巨大なザクロ石♪

A4

広島でこんな立派な標本が採集されるのですね!

A4_2

顕微鏡も持ち込まれました。

これがまた美しいのです♪

以上会員自慢の鉱物標本の一部でした。

その後、博物館のバックヤードツアーがあり、会議室に戻って交流会です。

妻は何とか体調が持ったようですが、久しぶりでしたので帰りは疲れてましたね。

それでも久しぶりの博物館を満喫し、楽しんでいました。

良かった♪

A5

会員向けに頂いた標本。

ルチルと緑柱石は、故・土佐野先生が過去に採集されたものを生前の御意向で分けていただきました。

A6_3

緑柱石 (佐賀県杉山産)

立派な標本です。

土佐野先生、ありがとうございます。

 by クロちゃん

久しぶりの投稿

A1

すっかりご無沙汰しておりました。

久しぶりの投稿です。

先日の積雪は車にチェーンを装着し、高速道路が使えなかったので、直方市→田川市→北九州市小倉南区のルートで通勤しました。

写真は田川から北九州に抜ける峠越えのルートです。

A2

結局この日は、ほぼ定刻通りに職場へ到着することができました。

チェーンを常備していて助かりました。

ただこのチェーンを使用するのは今回まで。

もう少しで車が変わります。

今度の車は新型プリウスです。

A3

本格的なフィールド散策はまだですね。

最近は6月に出産予定の妻の体調を考えての行動です。

写真は・・・先日採集した石炭です。宮若市の貝島炭鉱の露天掘り跡、現在は工業団地整備された場所があるのですが、その片隅にボタがあり、まだよく探せば立派な石炭が採集できます。

 by クロちゃん