フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月18日 (月)

安産祈願

昨日は戌の日。

妻と神社に安産祈願へ行きました。

A1

先ず向かったのは家から近い直方市の多賀神社。

A2

御神紋は向鶺鴒(むかいせきれい)。 夫婦円満・家内円満・長寿を意味するそうです。

ここで祈願をと思ったのですが、今日は厄祓大祭ということで時間が限られていたため、いくつか考えていた別の神社へ向かうことにし、お詣りし、御朱印をいただきました。

A3

境内で飴湯を頂いたのですが、休憩所の豆炭が懐かしかったです。

A4

その後向かったのは、福岡市西区の鷲尾愛宕神社。

眼下に百道や能古島、志賀島を望める山上にある歴史ある神社です。

A5

ここで安産祈願をしていただきました。

ストーブが用意してある休憩所には、映画「はなちゃんのみそ汁」の出演者の色紙が飾ってありましたよ。

A6

神社の駐車場周辺には数軒の茶屋があり、前に来た際には娘たちと愛宕餅を頂きました。

愛宕餅も、梅ヶ枝餅や松ヶ枝餅、子安餅とよく似ています。

しかし今回は、加えて様々な種類の餅がありました。

数年前にバリエーションを増やしたそうです。

私はよもぎ餅を、妻はしそ餅を頂きました。

美味しかったー♪

この鷲尾愛宕神社ですが、古第三紀の海成層の上に立っています。

以前当ブログでも紹介しましたが、山のふもとにあった石切り場などから、様々な貝類化石の他、サメの歯化石や巨大なオウムガイ化石が見つかっています。

この日のもう一つの予定、マリノアシティでお買い物。

神社から直ぐですもんね!

Dsc_0364

マリノアシティの1階の床とスタバへ上る階段に敷いてあるドイツ・ゾルンホーフェンのジュラストーン。

ほらあった!

アンモナイト化石♪

 by クロちゃん

 

2016年1月11日 (月)

某フリーペーパーのプレゼント

A1

昨年末、私の筑豊化石収蔵庫での活動を紹介してくださった地元のフリーペーパーが。今年、周年記念プレゼント企画をするということで、私にも要請がありました。

今回の要請は一名様。

前回の記事掲載時は、プレゼント用として三名様に用意した筑豊産(福岡県直方市)のメタセコイア化石。

後にフリーペーパーの記者さんから、熱意のこもった応募はがきが届いていたことを知らされ、多くの方が興味を持ってくださったことが分かりました。

有難いことです。

では・・・ということで今回用意したのが上の写真のものです。

2012年で採集できなくなったメタセコイアの化石の他に・・・

A3

小さなものですが同じ産地のコハクを小瓶に入れたものを用意しました。

時代は古第三紀、筑豊炭田を形成した時代のものです。

A2

そして飯塚市産の石炭。

小瓶に入る小さなものをチョイス。

この三種をセットにしました。

たぶん来月、筑豊のフリーペーパー「WING」にてプレゼントされる予定です。

 by クロちゃん

2016年1月 3日 (日)

今年のお詣りは・・・宇美八幡宮と宮若市の大門松

1月2日、二社目の詣でに出掛けました。

その途中、宮若市の道沿いにあったものは・・・

A1_2

宮若市の民話「追い出し猫」の巨大パネル。

そしてその横には・・・

A2_2

「日本一の大門松」!!

脇田温泉の入り口横に毎年設置されています。

人が少なくてちょっとさみしいかな。。。

その後、犬鳴峠を越えて糟屋郡宇美町へ向かいました。

A3

駐車場前でちょっと待ったくらいで現地到着!

今回は安産の神様として知られる「宇美八幡宮」へお詣りしました。

この地で神功皇后が応神天皇を産んだ伝説がもとになっており、「宇美」の地名も「産み」からきていると言われています。

A4

先ずは本殿へお詣り。

境内の奥へ。

ここの末社・「湯方(ゆのかた)社」には、「子安の石」という拳大の石が納められていて、妊婦さんが安産を祈願して石を持ち帰り、出産後に安産の御礼として新しい石と一緒に納めるという風習があります。

私と妻も数多くの子安の石の中から気に入った一つを選び持ち帰ることにしました。

この子安の石、生まれてきた子の名前や出生日時、親の子を思う気持ち、似顔絵などがペンで書かれていて、見ていてジーンとくるものがあります。

安産で元気に生まれてきますように。。。

A8_2

この日、境内のあちこちに地元の中学生や著名人の書が飾られていました。

湯方社には、漫画家うえやまとちさん。

A9

神功皇后をおまつりしている「聖母(しょうも)社」には郷ひろみさん!

A10

吉村作治先生も!。。。

さらに宇美八幡には好きなところがあるのですが、それは大きな樟が30余りあるということです。

その中の2か所が国指定の天然記念物に指定されています。

A5

A6

衣掛(きぬかけ)の森

A7

A7_2

「湯蓋(ゆふた)の森」

大きいですね。

樹齢は2千年とも言われています。

A8

湯蓋の森を囲っている石に注目。

全部ではありませんが、向かって右側の複数の石が珪化木であることが分かります。

この周辺には糟屋炭田があったことから、この地で産出しているものと考えると古第三紀のものということになりますがどうでしょうね。

この珪化木もなかなかの大きさです。

A11

境内でぜんざいをいただき、名物の子安餅を買いました。

A12

子安餅。

太宰府天満宮の梅ヶ枝餅、宮地嶽神社の松ヶ枝餅とよく似ていますが、宇美八幡宮の子安餅は柔らかいのが特徴のようです。

参拝後、近くのイオンモール福岡で食事とお買い物。

妻に時計を買ってもらっちゃいました♪

A13

帰路で驚きました!

宮若市の日本一の大門松が輝いていました!

こんなになっているとは知らなかった!

 by クロちゃん

初ビーチコーミングでは?

A1

1月1日 元旦

夜明け前のビーチで見つけたものは?

A2

一個の戸車でした。

~福岡・芦屋町や岡垣町の海岸沿いの一部の民家では、元旦の海岸で漂着した特定の海藻を持ち帰り、神棚にお供えする風習があります。

しかし、この日の海岸では漂着物が少なく、海藻を探しに来た人たちは目当ての物がなかなか見つからず苦労していました。

ビーチコーミングは、気候・水温など様々な要素で表情を変え、その時々で漂着物も変わります。

今年はハリセンボンの漂着もなく、ソデイカも少なそうです。私はまだ見ていません。

昨年末、福井の方ではアオイガイが多く漂着したようですが、福岡ではごく僅かしか漂着していません。

今年はどんなものが漂着するのかな?

それにしても暖かいなー

 by クロちゃん

2016年1月 1日 (金)

~2016年 明けましておめでとうございます~

A1

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

早朝、初ビーチコーミングから帰ってきました。

写真は福岡県遠賀郡岡垣町の三里松原海岸の日の出です。

2016年が皆様がとって幸多き一年になりますように。

 by クロちゃん