フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2015年9月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月25日 (日)

市販の恐竜フィギアを・・・

A4

ミュージアムショップで買ったカルカロドントサウルスのフィギア。

色がちょっと気に入らなかったので、手を加えました。

カラーリングと艶。

そして足元に足跡をつけた台も作ってみました。

A3

買った時の状態よりはリアルになった気がします。

このフィギアですが、11月8日の筑豊の化石展で使う予定です。

 by クロちゃん

2015年10月24日 (土)

フリーペーパー「WING」11月号に載ってます

A1

地元筑豊地区で配られているフリーペーパー「WING」の11月号に私の活動が紹介されています。

先日、印刷が上がったと連絡があり送られてきました。

A2

ちょっと恥ずかしいですが、こんな感じで!

巻頭のシリーズ 「筑豊を元気にする人々」です。

これからスーパーなどに並ぶと思いますので、見てやってくださいませ。

 by クロちゃん

2015年10月22日 (木)

化石研究部会例会報告「関門層群から淡水性板鰓類Heteroptychodusの産出」

A1

10月18日(日曜日)、北九州市立自然史・歴史博物館において、自然史友の会・第346回化石研究部会例会が行われました。

今回は室内講座、前担当学芸員の岡崎先生による講演 「関門層群から淡水性板鰓類Heteroptychodusの産出」 です。

板鰓類とはサメやエイの仲間のことで、北九州市内の前期白亜紀の地層からサメの仲間の歯が産出した報告を、今年の筑波で開催された古生物学会で発表した内容と、その後の研究を付け加えたお話でした。

実は前回の例会の際、筑波の発表を知った私が、先生にHeteroptychodusと思われる化石を私も持っていることをお伝えし、博物館の研究報告の論文に付け加えることになったのです。

A2

私が採集したのは2009年2月のこと。

不思議な形状をした化石に「何だろう?」と疑問を持ち、

博物館へ持ち込んだものの分からずにいました。

ただ、考えられる歯・骨・鱗の中から表面の艶からエナメル質っぽさを考え、また細かな稜線が汽水域のサメ・プチコーダスの歯に似ていると考えていました。

上の画像の中の化石、分かります?

とっても小さく、数mmしかありません。

このような化石を宮若市内で3つ採集していたのです。

3

細かな稜線が分かると思います。

化石の剖出には実体双眼鏡を使いました。

4

A3

これらの化石はいずれもサメ類の歯の化石(ヘテロプチコーダス)で、硬い貝の殻などをバリバリと砕いていたと考えられます。

このサメが現代型のサメと比べてどのような形状をしていたかは分かっていません。

実物標本は博物館に寄贈しましたので、レプリカを今度の「筑豊の化石展」に展示しようと考えています。

恐竜が住んでいたころの筑豊の湖にサメが住んでいたのですね。

 by クロちゃん

2015年10月21日 (水)

最近の私は・・・

A2

A3

空いた時間を利用して、今度の化石展に使う標本の作成や

模型の色修正をしています。

 by クロちゃん

2015年10月17日 (土)

石川・福井旅行記 26

A1

福井県立恐竜博物館の一角、「地球科学のあゆみ」

ここに展示されていたのは・・・

A2

石炭層の剥ぎ取り標本。

A3

その場所とは・・・

以前、私が取材を受けたテレビ番組「ドキュメント九州」の中でも紹介した、宮若市の石炭層です。

その土地の地主さんが、「前に福井の博物館の方が剥ぎ取り標本をつくったよ」と、おっしゃっていた現物が目の前にありました。

A4

A5_2

立派な立ち木の珪化木ですね。

日本の近代化を支えた筑豊炭田、私が住んでいる地域はその石炭を生成する元となった当時の植物など、生物の痕跡が残ります。

その筑豊地区の化石を集めた展示会を、11月8日に飯塚市のエコ工房で開催します。

 by クロちゃん

2015年10月15日 (木)

「筑豊の化石展」11月8日 飯塚市 エコ工房まつりにて開催予定

11月8日、飯塚市のエコ工房にて、エコ工房まつりが開催されます。

その会場内において、同時開催で「筑豊の化石展」を開催します。

一日限定なのが残念ではありますが、現在展示会に向けて準備中です。

 by クロちゃん

2015年10月10日 (土)

オパビ二ア化石のレプリカ

A1

以前、O先生が博物館をご退官されるとき、記念に頂いたバージェスのオパビニアのレプリカ。

近年カンブリアの化石が注目されているので久しぶりに見てみると、特殊な軟らかい素材で出来ているせいか反り返っていた。

「曲がるかな?」

そう思って、ちょっと力を入れるとパキッっと割れてしまった。

もともと薄かったこともあり、レジンで厚みを確保しながら修理することにした。

このレプリカ、パレオサイエンスさんの商品で現在絶版なのですが、持っている方はご存じだと思いますが、表面が艶々していて少し不自然な感じがします。

私が気にし過ぎなだけかもしれませんが、画材で艶消しにしました。

結果、なかなか良い感じになりました。

カンブリアの化石はレプリカであっても、そう簡単には手に入りませんのでO先生に感謝です。

さて、最近の私ですが、妻がちょっと体調を崩して実家にいるため、一人家事等でバタバタして更新が滞っていました。

妻は悪い病気ではありませんのでご心配なく。

しばらくはこの生活が続きそうです。

週末は妻の実家に行きながら、来月の化石展の準備をする予定です。

 by クロちゃん

2015年10月 2日 (金)

石川・福井旅行記 25

A1

福井県立恐竜博物館で特徴的だったのは、スポット展示です。

様々なテーマでスポット展示があり、その多さに見て回るのが大変でした。

ゆっくりじっくり見たかった!

 by クロちゃん