フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 石川・福井旅行記 15 | メイン | 石川・福井旅行記 16 »

2015年8月31日 (月)

津屋崎千軒 6 「花祭窯」

A1_2

私が「花祭窯」の存在を知ったのはfacebookでした。

古伊万里・鍋島・柿右衛門などの越前陶磁の伝統や技法を受け継ぎながら新しいものを創造していらっしゃる、、、。

どの作品もとっても素晴らしいのですが、その中で通称「津屋崎箱」と呼ばれる津屋崎浜に打ちあがる貝殻をモチーフに作られた小箱を見たときは本当に感動しました。

美しいのです。

「ビワガイ」をモチーフにした陶磁器も大好きな作品の一つです。

いつか作者の藤吉さんに会いたい。。。

そう思って時が経ち。。。

先日お店の前まで行ったときはお休みで。。。

そして昨日、夢が叶いました。

え?

大袈裟なって?

いえいえ本当に会いたかったのですよ。

そして作品を直に見たかったのです。

今回はちゃんと電話で連絡して行きました♪

A2

奥様の案内でお店の中へ。

うわ!

たまらない!

どれも素敵な作品ばかり♪

蕎麦猪口や小皿。

蛸唐草、良いなぁ。。。

奥にある「津屋崎箱」の大箱にビックリ!

蛙の合子も素晴らしい。

私に連れてこられた妻も、その素晴らしさに興奮気味。

A3

藤吉さんと一緒に記念撮影♪

藤吉さん、ビーチコーマーでもいらっしゃいます。

写真の貝類・アオイガイ・カブトガニ・ウミガメ・鯨類・・・その他漂着陶磁器のコレクターでもあります。

だめだ、楽しすぎて時を忘れる!

お相手していただいてありがとうございました!

A4

今回購入したのは「津屋崎干潟ハチガメ小皿」です。

食卓が楽しくなる小皿です♪

私は購入する予定にしていた「お気に入り」だったのですが、すでに妻が購入するべく手に取っていました(笑)

何を入れようかなぁ。。。

A5

今回ご紹介した 「花祭窯」 の藤吉憲典さんと、当ブログ・津屋崎千軒4でご紹介した 「cokeko」 の田中立樹さんらの展示会 「艶もの四人展」 が2015年9月25日(金)~9月29日(火)の日程で 「福岡アジア美術館 8F交流ギャラリー」 にて開催されます。

興味がある方は是非!

「花祭窯」 http://fujiyoshikensuke.com/

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/33555263

津屋崎千軒 6 「花祭窯」を参照しているブログ:

コメント

「花祭窯」さんは、私も以前から是非伺ってみたいと思っていた窯元さんでした。
でも、選ぶのに目移りして困ってしまいそうですね^^。

satoさん、やはりチェックされていましたか♪
目移りしまくりで大変ですよ!
欲しいものがたくさんあります。
ただ、良いものは値段もよいですから、お財布と相談しないといけません。

コメントを投稿