フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 特別展「スペイン奇跡の恐竜たち」が始まりました 3 ~いのちのたび博物館~ | メイン | 第345回化石研究部会例会 報告 »

2015年7月20日 (月)

お客様訪問

A1_2

夏休みに入った連休初日、佐賀県からTさんと可愛い二人の娘さんが訪ねて来られました。

前の日の土曜、私は夕方から福岡市大名にある歯科医師会館で仕事の歯科技工の勉強会に参加していて、合間の時間に電話して急きょお会いすることが決まったのでした。

当日天気が心配だったので、「筑豊化石収蔵庫」見学の前にフィールドへ案内しました。

筑豊地区では、木の化石である珪化木が普通に民家の石垣などに利用されているのに驚いていましたね。

先ずは直方層群の炭層の見学。

A2

鉱物好きの次女さんは、結晶付き珪化木を手にニコニコhappy01でした。

A3

次に向かったのは宮若市の千石峡。

雨で増水していましたが、多くのキャンプ客などでにぎわっていました。

ここでは白亜紀の肉食恐竜「ワキノサトウリュウ」発見の看板の前で記念撮影。

A5

少し場所を移動して、川原の地層中にある巻貝や二枚貝の化石の状態を観察しました。

化石が大好きという長女さんは、たくさん写真を撮って記録していました。

A4

川原の転石で巻貝「ブロティオプシス・ワキノエンシス」の印象化石を見つけることもできました。

A6

フィールドを後にすると突然大雨rain

間一髪良かったねgood

移動中に立ち寄ったジェラート屋さん「みるく畑」で乾杯note

A7

今回、鉱物が好きな次女さんに柚子さんの鉱物コレクションの一部を見てもらいました。

「筑豊化石収蔵庫」の標本も写真撮りまくりでしたね。

楽しんでいただけたようで嬉しかったですよhappy02

最近は私も妻の柚子さんも、なかなか休みも時間が取れず、収蔵庫の開放が出来ずにいます。

この夏も博物館行事等で難しい状況ですが、いつかもっと開放できるよう考えていきます。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/33481071

お客様訪問を参照しているブログ:

コメント

福井県立恐竜博物館、日曜日に覗いてきました。
夏休みは朝8時30分に開館するのですが、
その時点で、駐車場は半分埋まっていました。
9時ごろには駐車場待ちの列。
でしたよ!!

RZVさん、情報ありがとうございます!
そうなのですね。
早起きしなければ。。。

永平寺とか、行きたい所との時間の調整も考えなければ(汗)
どうしよう。。。

コメントを投稿