フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2015年6月 | メイン | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月20日 (月)

第345回化石研究部会例会 報告

A1_3

ちょっと報告が遅くなりましたが、7月12日(日) 北九州市立自然史・歴史博物館「いのちのたび博物館」1階 会議室にて、自然史友の会 化石研究部会の第345回例会がありました。

今回のテーマは担当学芸員 御前先生による

 「御所浦調査報告」 ~4月に行った御所浦島・獅子島での白亜紀化石調査についてお話しします。今回の調査で採集した化石と、昨年11月に甑島で採集した化石の実物標本もご紹介します。~

というもの。

A2_2

その中で紹介されていた御所浦の一般向けの化石採集体験場。

私が以前訪れた時とは様子が違っていました。

2か所あった採集体験場は1か所となったようでした。

A4_2

パワーポイントを使ったお話の後は、調査で採集された標本の解説です。

A3_3

最前線の研究者の話が直接聞けるのは贅沢ですね。

先生いつもありがとうございます!

また、参加者と情報交換できるのも利点です。

今回は、私が2009年に採集したある標本が何か、確証を得ることができました。

 by クロちゃん

お客様訪問

A1_2

夏休みに入った連休初日、佐賀県からTさんと可愛い二人の娘さんが訪ねて来られました。

前の日の土曜、私は夕方から福岡市大名にある歯科医師会館で仕事の歯科技工の勉強会に参加していて、合間の時間に電話して急きょお会いすることが決まったのでした。

当日天気が心配だったので、「筑豊化石収蔵庫」見学の前にフィールドへ案内しました。

筑豊地区では、木の化石である珪化木が普通に民家の石垣などに利用されているのに驚いていましたね。

先ずは直方層群の炭層の見学。

A2

鉱物好きの次女さんは、結晶付き珪化木を手にニコニコhappy01でした。

A3

次に向かったのは宮若市の千石峡。

雨で増水していましたが、多くのキャンプ客などでにぎわっていました。

ここでは白亜紀の肉食恐竜「ワキノサトウリュウ」発見の看板の前で記念撮影。

A5

少し場所を移動して、川原の地層中にある巻貝や二枚貝の化石の状態を観察しました。

化石が大好きという長女さんは、たくさん写真を撮って記録していました。

A4

川原の転石で巻貝「ブロティオプシス・ワキノエンシス」の印象化石を見つけることもできました。

A6

フィールドを後にすると突然大雨rain

間一髪良かったねgood

移動中に立ち寄ったジェラート屋さん「みるく畑」で乾杯note

A7

今回、鉱物が好きな次女さんに柚子さんの鉱物コレクションの一部を見てもらいました。

「筑豊化石収蔵庫」の標本も写真撮りまくりでしたね。

楽しんでいただけたようで嬉しかったですよhappy02

最近は私も妻の柚子さんも、なかなか休みも時間が取れず、収蔵庫の開放が出来ずにいます。

この夏も博物館行事等で難しい状況ですが、いつかもっと開放できるよう考えていきます。

 by クロちゃん

2015年7月15日 (水)

特別展「スペイン奇跡の恐竜たち」が始まりました 3 ~いのちのたび博物館~

A1

ペレカニミムス・ポリオドン

以前考えられていた羽毛無し復元生体模型。

A2

そして現在の羽毛あり復元生体模型。

古生物関連の図鑑の中で、特に恐竜類では過去の出版物と比べると劇的に復元が変わっています。

A3

北九州市の脇野亜層群の魚類化石も展示してありました。

素晴らしい標本です。

高いクリーニング技術が要求されます。。。

博物館の一室でコツコツクリーニング作業をしてらっしゃったのを聞いていましたよ。

青木さ~ん、元気にしてらっしゃいますか?

すっかりご無沙汰しております。

またお会いしましょう!

A4_4

宮若市の新種のカメ化石も展示していました。

A5

A6

個人で、またご家族でぜひお越しください。

楽しく学べますよ♪

 by クロちゃん



 



2015年7月13日 (月)

特別展「スペイン奇跡の恐竜たち」が始まりました 2 ~いのちのたび博物館~

A1_2

今回の目玉は、獣脚類 「コンカベナトール」 カルカロドントサウルス科でしょう。

こちらは実物化石標本です。

A2

復元全身骨格。

腰付近の長くなった神経棘が特徴です。

A4_2

復元模型。

とってもリアルですね!

華がある♪というような。。。

A3_2

かっこいいなぁ。。。

A5_2

近縁の日本の恐竜 「フクイラプトル」の全身骨格も展示してあります。

個人的なことですが、この夏、福井に行ってきます!

その時は、またリポートしたいと思います。

つづきます。。。

 by クロちゃん

特別展「スペイン奇跡の恐竜たち」が始まりました 1 ~いのちのたび博物館~

A1

平成27年7月11日(土)~9月23日(水・祝)までの会期で、北九州市の「いのちのたび博物館」にて夏の特別展「スペイン奇跡の恐竜たち」が開催されています。

これは日本スペイン交流400年事業として日本全国の博物館を巡回している展示会です。

A3

会場入り口を入ると、サウロロフスやマジュンガサウルスが出迎えてくれます。

A4

そしてこの奥にスペインの恐竜などの化石の展示があります。

A5

個人的には、このコーナーがワクワクして興奮しましたね。

なにせ地元の脇野亜層群とほぼ同じ時代の淡水層からの産出化石ですから比較するのが面白いのです。

A6

立派なシャジクモの化石。

こんなの出ないかなー。

A7

スペインではシーラカンスも出ていたのですね。

今回の展示、当時の環境を復元した絵が大変素晴らしくて見応えありました。

A8

レピドテスの仲間は、地元の脇野亜層群からも見つかっています。

世界的に大繁栄したのでしょうね。

A9

保存の良い化石と、美しい復元画が◎です。

A0

他にも亀やワニ、植物など、恐竜以外の化石の展示もあり、白亜紀前期のスペインの様子が分かる展示になっています。

つづく。。。

 by クロちゃん

2015年7月 2日 (木)

津屋崎千軒 4 「cokeco」

A1

続いて紹介するお店は・・・

先日テレビで見て、「絶対行きたい!」と思っていたオリジナル革製品のお店

「cokeco」

A2

オーナーのTさんご夫妻は、東京から福岡県福津市津屋崎へ移住されたとか。。。

お店の中へ入ると・・・

A4

おおsign01

A5

おおsign01

A6

おおsign01

A6_3

なんと実物大sign03

主にイタリア産のタンニンなめし革を使用してあるという革製品。

どれもリアルなんです。

オーナーさん、自然系モチーフがお好きなようで、ぜひ会ってみたいと思っていたのです。

で、お会いしたところ、私のブログをご存じだったのです。

嬉しい驚きですねhappy02

A7

私と柚子さんは、ナラガシワとアカイタヤのストラップを購入。

虫食い痕も素敵でしょnote

これは試作品ということで安く買えました。

マニアックなものを中心に紹介しましたが、他にメインの靴や手帳カバーなどもありますよ。

 by クロちゃん

2015年7月 1日 (水)

津屋崎千軒 3 「藍の家」で購入したもの

A1

藍染めのアオイガイの風呂敷は、お値段がupのため、今回は断念。。。

そのかわり藍染めのシオマネキハンカチを購入note

ここで注目sign01

商品の包装紙に押してあるお店のハンコ・・・

そう、アオイガイなのですhappy01

お願いして手帳にも押させてもらいました。scissors

A3

そしてこれも購入。

藍の家オリジナル貝シリーズ№3のウラシマガイ手ぬぐいnote

貝シリーズとして、№1アオイガイを発売した時は、あっという間に完売したとか。。。

他にヒオウギガイやテングニシがあり、こちらはまだ在庫があるのでは?と思います。

 by クロちゃん