フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 神奈川県立 生命の星・地球博物館 5 | メイン | ビーチコーミング ~アカニシ~ »

2014年10月26日 (日)

筑豊の化石  「珪化木」  ~新生代~

A1_2

筑豊を代表する化石として「珪化木」が挙げられます。

珪化木とは地中に埋没した樹木に珪酸分が染み込み珪化したものです。

日本の近代化を支えた、かつての筑豊炭田の石炭、その石炭採掘の際に邪魔者扱いされたのがボタと一緒に掘り出された珪化木でした。

今では筑豊地区のあちこちで民家の石垣に使われていたり空き地に放置されたりして残っています。

写真の珪化木は以前、直方層群の地層中から掘り出して採取したものです。

通常、圧力により変形しているものが多いですが、この珪化木は状態が良く切り株状に保存されています。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/32919593

筑豊の化石  「珪化木」  ~新生代~を参照しているブログ:

コメント

夏にお伺いした際に、石垣にされていた珪化木を見て、邪魔者さ加減がわかるような気がしました。
あの時の、珪化木をよくテーブルの上において眺めていると、切ってきたばかりのような錯覚を見ます。
不思議です、引き込まれています。
何か不思議な力があるのですよ。
炭鉱の人たちは、言い伝えでそれを知っていて内緒で家の守りに使ったにちがいない!!
妄想の暴走でした…
忙しいのに、つまらん事に付き合わせて申し訳ございません。

kazepapaさん、珪化木は珍しい化石ではないですが、私の中では好きな化石の中でベスト3に入ります。引き込まれるような魅力がありますよ。

コメントを投稿