フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月17日 (土)

遊色アンモナイト

A1

今日は私の誕生日。

先日柚子さんからイギリス・サマセット州産のアンモナイトをプレゼントしていただきました。

おそらく種類はPsiloceras planorbis

時代はジュラ紀前期です。

A2


この産地のものは見る角度によって、アンモナイトの薄いアラゴナイト(あられ石)による遊色効果で美しい虹色が見られます。

この標本ですが、まだクリーニングすると出てきそうでしたので、、、。

A3

頂いてすぐにクリーニング。

綺麗になりました♪

柚子さんありがとう。

 by クロちゃん

2013年8月16日 (金)

玄界灘・響灘の貝殻で額作り

A1

盆休みの最終日、柚子さんにも手伝ってもらって過去ビーチコーミングで採り溜めた貝殻を洗って乾かしました。

その貝殻を使って。。。

A2

こんなものを作ってみました。

 by クロちゃん

2013年8月15日 (木)

終戦の日に思う

日本では毎年夏になるとテレビ等で戦争に関しての特集が多くなる。

2度の原爆投下、終戦と心に刻まなければならない記念日を迎えるからだ。

私の祖父は東京大空襲で亡くなっている。

私の子どものころは近所の大人たちに戦争の話を聞かされることもあった。

その語り部たちも高齢になり亡くなられていった。

戦争は悲しみや憎しみを生み、良いことなんて無い。

今の政治家たちよ、歴史に学べ!

何やってんだ!

 by クロちゃん

「芦屋の化石展」が始まりました 5

A1

4からのつづきです。

展示の中には私の資料から芦屋層群産のサメの歯化石も展示しています。

採集場所は北九州市八幡西区・小倉北区、遠賀郡水巻町などです。

A2_2

その中には、先日NHKスペシャル「謎の海底サメ王国」にも登場した「カグラザメ」の歯もありますよ。

と、言ってもこちらは今から約3000万年前のものです。

番組でもカグラザメの歯が紹介されていましたが、形はほとんど変わっていませんね。

 by クロちゃん

ウッドオパール

A2


先日、知人から大分県産のウッドオパールを譲っていただきました、、、。

そう、以前から私が探し求めている、憧れのウッドオパールです、、、。

しかもいただいたものは写真の立派な標本です!

いやぁ嬉しい!

超嬉しい!!!

ウッドオパールとは大昔の樹木が地中に埋もれて鉱物に置き換わったものです。

大分県産のものは火砕流に埋もれてできたもの。

A3

今まで大分県周辺から見つかったウッドオパールをいろいろ見てきましたが、飴色のものが多く、今回のような年輪がはっきりしていて濃い色のものは初めてみました。

私が生まれ育った筑豊では石炭と一緒に大量の珪化木が掘り出されました。

その珪化木も黒っぽいものや白っぽいものなど様々ありますが、ウッドオパールとは異なります。

いつか珪化木の展示会をして、ウッドオパールも一緒に公開したいと思います。

 by クロちゃん


2013年8月14日 (水)

鹿のソーセージ

A1

先日の自然観察会で夕食に食べたのが地元で獲れたイノシシの肉入りカレーと写真の鹿のソーセージ。

福岡県はイノシシも鹿も増えすぎていて問題になっているのですが、食材として利用しようという試みが各地で行われています。

その一つが有門亭さん。

様々なメニューがあって、しかも臭みが全く無くて美味しい。

ちなみにこのソーセージはサラミに似た味で酒のつまみには最高でしょうね。

by クロちゃん

2013年8月13日 (火)

「芦屋の化石展」が始まりました 4

A1_2

3からのつづきです。

今から約3000万年前に生息していたプロトプテルム(ペンギンモドキ)が現代に復活!?

餌をあげている私。。。

なわけない!

A2_2

記念写真用の絵画でした。

でもすごくよく画けてますよね!

しかも可愛い♪

これは遊べます♪

つづきます。。。

 by クロちゃん

筑豊の自然を楽しむ会 いきものさがし 

C1

地元飯塚市のエコ工房で開催している自然体験プログラム「いいねん!」

筑豊地区の昆虫・鳥・植物などが大好きなアマチュア研究家たちで組織している「筑豊の自然を楽しむ会」と「エコ工房」で企画・運営しています。

今回2013年8月10日~11日はテントで宿泊して近くの健康の森を夜に探検し、昆虫などの観察をするという企画です。

当日は申し込みのあった多くのご家族と共に学びました。

C2

エコ工房の芝生の上に並ぶテント。

何時もと違う光景ですが、とっても絵になりますね。

C3

夜、森の中を探検し、白いシーツと照明をセット。

昆虫用のトラップを仕掛けました。

そして深夜もう一度森の中のトラップへ。

しかし・・・今年は昆虫が少ない・・・。

蛾くらいはたくさん集まると思ったのですがねぇ・・・。

どうも今年はどこも少ないようです。

暑さが影響しているのでしょうか。

C5

早朝、野鳥の観察会をしました。

こちらは多くの野鳥が観察できました。

あまり知らない野鳥も多く生息しているのですね。

C6

最後のまとめです。

なんだかんだで結局これだけ多くの生き物たちに出合えましたよ。

やはり森は素晴らしいですね♪

それからこどもたち、一晩通して元気のよいこと♪

お父さん、お母さん、お疲れ様でした。

C4

ネブトクワガタちゃん?

 by クロちゃん

「芦屋の化石展」が始まりました 3

B1

2からのつづきです。

展示は今から約3000万年前の芦屋層群と呼ばれる地層から見つかった貝やサメ、鳥などの化石が展示されています。

B2

B3

この化石のレプリカの作り方の展示は、私の資料を使っていただきました。

つづきます。。。

 by クロちゃん


「芦屋の化石展」が始まりました 2

A1

やっとお盆休みになって、ゆっくり出来るようになりました。

溜まっているブログネタをアップしていきたいと思います。

先ずは遠賀郡芦屋町の「芦屋歴史の里」で開催されている「芦屋の化石展」のレポートの続編です。

今回の展示は芦屋町や北九州市周辺に分布している約3000万年前の海の地層「芦屋層群」(あしやそうぐん)に関しての展示会です。

元は歴史民俗資料館ですから化石の展示量は多くはありませんが手作り感があって楽しめます。

化石の産地がすぐそばにあり露頭の観察ができる立地も魅力だと思います。

A2

近くの海岸が産地ということで化石採集についての注意も展示してあります。

採集に関しては制限されている場所もありますから学芸員さんに聞きましょう。

それから採集は後の人のことも考えて大量に採るにはやめましょうね。

A3

資料館には探検マップもあります。

観察は自由ですから化石がどのように地層の中に入っているのか観察してみましょう。

つづきます。。。

 by クロちゃん