フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 博多駅~地下一階・AMUフードサービスフロア連絡通路 | メイン | 石材中のアンモナイトの顎器 »

2013年7月21日 (日)

ファミリー矯正歯科 kirara ~下関市~

A1

今回は山口県下関市にある歯科医院をご紹介します。

ファミリー矯正歯科kirara様 http://www.family-kirara.com/ です。

実はこの写真を撮ったのは今年の4月、仕事の関係でお邪魔した時のこと、ブログのアップが遅れてしまいましたcoldsweats01

A2

この歯科医院の入り口のスロープにドイツ・ゾルンフェーフェンの乱形の石灰岩が使われています。

中生代ジュラ紀の海に堆積したものが石材として使われているもので、私のブログではお馴染みですよねhappy01

A3

ここでは浮遊性ウミユリのサッココーマの美しい化石が観察できます。

A4

小さな可愛いアンモナイトもありますnote

さらに・・・

A5

このアンモナイトには顎器までが綺麗に保存されています。

見た瞬間テンションが上がりましたupwardright

アンモナイトは頭足類でイカやタコの仲間です。

カラストンビをご存知でしょうか、イカの顎(正式には顎板と言います)のことで現在ではイカを加工するときに顎のみを切り取って周りに付着している肉を乾燥させ酒のつまみにして販売しています。

以前ご紹介した記事がこれ・・・

http://maakunz.blog.bbiq.jp/blog/2009/10/post-2cd9.html

アンモナイトの軟体部は化石として残りにくいのですが、顎器は写真のように残ることがあります。

ご紹介した歯科医院の院長先生は矯正がご専門ですが、先生がとってもとっても優しいのです。歯医者がこわーいと思っている方、一度相談に行かれてはいかがでしょうか。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/31733949

ファミリー矯正歯科 kirara ~下関市~を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿