フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 厄払いに行ってきました | メイン | ファミリー矯正歯科 kirara ~下関市~ »

2013年7月15日 (月)

博多駅~地下一階・AMUフードサービスフロア連絡通路

博多の若八幡宮で厄払いを受けた後、博多駅に徒歩で移動し買い物。

地下一階でフルーツのミックスジュースを買おうとエスカレーターを降りたそこは、乱形の「ジュラストーン」と呼ばれるドイツ・ゾルンフォーフェンの石灰岩が床のあちらこちらに貼ってあり、まるでジュラ紀の海の底のよう♪

(ドイツ・ゾルンフォーフェンの石灰岩 / 始祖鳥が見つかった石版石と同じと言ったら分かるかな?)

どうやら最近採掘している層準は浮遊性ウミユリの化石・サッココーマが多いようでかなり含まれています。

特にエスカレーターの下り(駅側)のすぐ前には、まるで空にたくさんの美しい花火があがっているかのような見事なサッココーマの群集が見られます。

ゾルンフォーフェンの石灰岩はかなり広い範囲に貼ってあり、アンモナイトも20個くらいはあるようです。

歩いているお客さんの迷惑になるので、立ち止まってしっかりは数えてません。

でもその中で、黄金おこわのお店とBEGELのお店の間に4センチ以上ありそうな立派なアンモナイトも見られましたよ。

その他には、イカや魚のものと考えられる糞の化石も多数見られましたし、なんと某薬局の前にはレプトレピスと思われる魚の化石もありました。

(・・・今回は商業施設ということ、そして許可を取ってないので写真は撮っていません。あしからず・・・)

いや~、やっぱり石材中の化石は面白いですね♪

テンションが上がりました!

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/31722597

博多駅~地下一階・AMUフードサービスフロア連絡通路を参照しているブログ:

コメント

写真見たかったです
博多に行った時は、探して見ますshine

ryugueさん、ぜひ見ていただきたいです。テンション上がりますよup

コメントを投稿