フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月10日 (月)

地質鉱物研究部会 野外巡検:福岡県古屋敷の鉱物 1

A1

北九州自然史・歴史博物館 自然史友の会 地質鉱物研究部会の野外巡検が福岡県飯塚市古屋敷にて行われました。

関係者以外は普段絶対立ち入り禁止の場所で今回は特別に許可を得て実施されました。

ここでは蛇紋岩に伴う鉱物の観察と採集を行いました。

A2

今回の採集品です。

会員の方が最後の最後に良いものが見つかったと・・・私もおこぼれを頂いたのですが、これが本当に良いものだったらしく皆さんから羨ましがられました。

「菫泥石」(きんでいせき) (紫色の部分)

「灰クロムザクロ石」 (緑色の部分)

「クロム鉄鉱」「クロム苦土鉱?」 (黒色の部分)

A3

様々な形の「霰石」(あられいし)

A4

A5

A6

A7

A8

A9

A10

A11

「しのぶ石」

 by クロちゃん





2013年6月 2日 (日)

アオイガイ:私の今季の4月・5月の漂着確認数は・・・

A5

2013年の4月~5月はアオイガイの大量漂着が佐賀県や福岡県、山口県で確認されました。

私が確認に出向けたのは4月が14日・19日・20日で深夜のみ、忙しくて日中は動けませんでした。LEDライトを照らしての調査です。

そして5月が3日・4日・6日のゴールデンウイークを利用しての調査です。

場所は何時もの北九州周辺の海岸です。

調査はは割れがあっても1個体として確認できるもののみをカウントしていきました。

結果6日間で165個体を確認しました。

4月のピーク時には深夜の僅かな時間しか調査できなかったこと、ゴールデンウイークはピークを過ぎていたことを考えると、いったいどのくらいの数のアオイガイが漂着したのでしょうね。

おそらく凄い数だったことでしょう。

A4

こちらは残念ながら破片のみだったのですが、私がコレクションしているアオイガイの中で最大と思われます。

竜骨部の突起の間隔が広く、竜骨に向かう肋の形状も少し変わっています。

完全体で出会いたかった!

 by クロちゃん

今年もミナミヌマエビが抱卵しました

A1

いつもブログを見てくださっている皆様、大変ご無沙汰しておりました。

仕事が非常に忙しく帰りも晩いため、更新できずにおりました。

ごめんなさい。

さてさて自宅のミナミヌマエビの水槽ですが、今年も抱卵の季節となりました。

A3


A2

今年も可愛い赤ちゃんがたくさん増えるといいな♪

 by クロちゃん