フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 私の隕石コレクション | メイン | テレビ収録 »

2013年2月25日 (月)

世界最古の隕石目撃記録 「須賀神社」 福岡県直方市

A1

私が住んでいる筑豊地区には、世界最古の隕石落下目撃記録(861年5月19日)とされている直方市(のうがたし)の「須賀神社」があり、その隕石「直方隕石」が保管されています。

5年に一度、10月の神幸大祭の際に一般公開されており、次回は2016年だそうです。

A2

梅もほころぶ天気の良い日曜日「須賀神社」を訪ねてきました。

色がとても鮮やかですね。

A3

白い梅も咲いていました。

A4

なかなか立派な神社ですね。

この神社、元は祇園神社だったとか、、、。

A5

社殿の向かって右に隕石落下の記念碑が立っています。

A6

真新しい記念碑ですね。

説明書きと共にあるのは・・・

A7

隕石に見立てたものですが、実物の大きさは異なります。

「直方隕石」のレプリカは北九州市の「いのちのたび博物館」(現在改装中につき休館)に展示してあります。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/31085985

世界最古の隕石目撃記録 「須賀神社」 福岡県直方市を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿