フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日 (月)

世界最古の隕石目撃記録 「須賀神社」 福岡県直方市

A1

私が住んでいる筑豊地区には、世界最古の隕石落下目撃記録(861年5月19日)とされている直方市(のうがたし)の「須賀神社」があり、その隕石「直方隕石」が保管されています。

5年に一度、10月の神幸大祭の際に一般公開されており、次回は2016年だそうです。

A2

梅もほころぶ天気の良い日曜日「須賀神社」を訪ねてきました。

色がとても鮮やかですね。

A3

白い梅も咲いていました。

A4

なかなか立派な神社ですね。

この神社、元は祇園神社だったとか、、、。

A5

社殿の向かって右に隕石落下の記念碑が立っています。

A6

真新しい記念碑ですね。

説明書きと共にあるのは・・・

A7

隕石に見立てたものですが、実物の大きさは異なります。

「直方隕石」のレプリカは北九州市の「いのちのたび博物館」(現在改装中につき休館)に展示してあります。

 by クロちゃん

2013年2月24日 (日)

私の隕石コレクション

先日のロシアの隕石落下は驚きましたね。

実は私も20年以上前でしょうか、自宅にいて「火球」を見たことがあります。

それもかなり迫力がありました。

まだ明るい夕方4時くらいだったでしょうか、庭にいた私の頭上を明るい大きな火球が通り過ぎていき、その後爆発して分れた小さな光が落ちていく様子が見れたのです。

飯塚市から宮若市方面に落ちていくように見えました。

「人工衛星?隕石?」

隕石の可能性が高いと思いましたが、発見することは困難だろうと考え行動は起しませんでした。

でも今でも気になっている出来事です。

どなたか見た方いらっしゃいませんか?

さてさて、本当に今話題の隕石ですが、以前ミネラルショーで隕石業者から購入した標本が少しあるので紹介しましょう。

A1

「サハラ隕石」

モロッコとアルジェリアの境にあるサハラ砂漠で発見された隕石で、石質隕石(コンドライト)です。

A2

「カンポ・デル・シエロ」

アルゼンチンで発見された有名な鉄質隕石です。

小さく分かれて降り注いだと言われており、大量に見つかったことからアクセサリーなどに使われています。

今までに見つかった総量は100tを超えるそうです!

A3

「モルダバイト」

これは隕石ではないですが、隕石が地球に衝突したときに出来るガラスです。

つまり元は地球の岩石や砂で高温になって変化したものなのです。

A4

緑色が美しいですね。

カットされたものは宝石として取引されています。

 by クロちゃん

2013年2月22日 (金)

バタバタしている間に、、、。

A1

バタバタと忙しくしている間に、長年お世話になった実家が解体されました。

A2

解体業者さんは「たまにこんな家にあたるけど、なかなか壊れなくて大変だった」とのこと。

あとから足したところ以外は純和風のしっかりした作りで戦前の古い家なのです。

A3

改装して住んでいた家ですが、壊す時に古いタイルが顔を覗かせました。

これは改装前のお風呂のタイルです。

この時の風呂は総タイル張りで浴槽に腰掛ける段があり、ゆっくり4人が浸かれる広さがありました。

まるで旅館みたいでしたが、不経済ということで普通サイズに改装して使っていました。

A4

家の横には炭鉱の坑道があり、庭には珪化木(松岩)がごろごろしていたのですが、まさか基礎に質の悪い石炭が使われていようとは思いもよりませんでした。

思い出の実家よ、さようなら。

あぁ、忙しくて壊す前の写真も撮ってない(汗)

今年の夏には新しい家が出来上がる予定です。

 by クロちゃん

2013年2月19日 (火)

ウイルス性の胃腸炎だとか、、、。

週末体調を崩してしまい、頭は痛いし、全身筋肉痛だし、下痢はするし、寒気がすると思えば熱が上がるしでダウンしてました。

まだ下痢が治んない。。。

更新待ってね。。。

 by クロちゃん

2013年2月12日 (火)

ちょっと遠出

A1_7

折角の連休ということで「日曜は温泉に行こう」と決めていました。

で、どうせなら化石のある場所の近くが良いと山口方面へ。

写真のジュラ紀のアンモを採集し、立ち寄り湯で癒され帰ってきました。

家では爆睡でした。

 by クロちゃん







2013年2月11日 (月)

サメ大解剖パート2にて・・・驚きのCさんのサメコレクション

A1_3

先日、北九州市のいのちのたび博物館で友の会会員向けに行われた「ホシザメの解剖教室」、私とともにスタッフとして参加した友人のCさん。

「サメの標本を持ってますから持ってきます」

と、おっしゃっていたのですが、、、。

当日その標本を見てビックリ!!!

こんなに!!!

軟骨付の頭部や、、、。

A2_3

シュモクザメの頭部!!!

A3_5

え!え!え!

この他にも頭部の皮もありました(人の頭がすっぽり入るほど)

凄すぎるでしょCさん!

 by クロちゃん




実家の改築で・・・子どもの頃の弁当箱・水筒

A1_2

実家の改築で様々なものが出てきています。

これは私が子どもの頃使っていたアルミやプラの弁当箱です。

懐かしいなぁ~

A2_2

手塚治の「どろろ」の水筒。

知っている人、どれくらいいるかなぁ。。。

A3_4

懐かしすぎてなかなか捨てられないなぁ。。。

妹のムーミンの弁当箱なんかもありました。

 by クロちゃん

地域を学ぶ講演会「遠賀川流域は化石の宝庫だ!」報告

A1

平成25年2月10日(日)、遠賀町立図書館 多目的室で開催された

~地域を学ぶ講演会~「遠賀川流域は化石の宝庫だ!」

今回講師を引き受けさせていただいたのですが、キャンセル待ちが出るほどに受講申し込みがあり、講演を聞けなかった方がいらっしゃったそうです。

多くの方に興味を持っていただき本当にありがたく思いました。

A2

遥か遠い過去の郷土の遺産を紹介するためのパワーポイントデータを、毎日仕事から帰ってから作り何とか間に合いました。

午後1時から3時までの講演予定でしたが、話し終わってみると丁度良い時間でしたね。

皆さんからいろいろと質問も出て充実した時間を過ごさせていただきました。

最後に、直接受講された皆さんの感想をお聞きしたり、書いていただいたアンケートを読ませていただきましたが、初めて聞く話に驚かれた様子でさらに化石に興味を持たれたようでした。

講演と同時に開催したミニ化石展も終了させていただきました。

今回お世話になった遠賀町立図書館のY様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

聴講くださった地域の皆様、郷土への見方が少し変わったのではないでしょうか、来てくださりありがとうございました。

 by クロちゃん

2013年2月 3日 (日)

サメ大解剖パート2 -ホシザメの体のしくみをしらべようー

今日(日曜日)午後からは休館中の北九州市の「いのちのたび博物館」へ向かいました。

博物館の自然史友の会会員向けの講座

「サメ大解剖パート2 -ホシザメの体のしくみをしらべようー」のお手伝いをするためです。

私はいつものサメセット≪メジロザメの顎・ホシザメの顎(大人と胎児)・ホシザメの皮・サメ肌おろし≫を展示用に持っていきました。

A1_4

写真は博物館の魚類担当の薮本学芸員からサメの顎について説明を受けている様子です。

ウバザメ・アオザメ・ホホジロザメなどサメファンなら涙ものの標本です。

A2_4

続いてパワーポイントを使ってのレクチャーです。

A3_2

今回解剖するホシザメの解説を受けました。

A3_3

解剖の実習の様子。

A4_2

ホシザメの皮を顕微鏡で見てみると・・・

A5_5

楯鱗(サメの鱗)がびっしり並んでいる様子がわかります。

 by クロちゃん




遠賀町立図書館に少しですが化石を展示しています

A1_2

今日(日曜日)の午前中、遠賀郡遠賀町にある町立図書館へ向かいました。

館内に化石を展示するためです。

A2_2

少しですが、遠賀川流域の化石をガラスケース2つ分と、写真を展示しています。

次の日曜日の平成25年2月10日(日)・午後1時~3時まで(開場12時45分)の予定で、遠賀川流域の化石について講演させていただく予定になっており、先ずは事前に実物の一部を展示させていただいたのです。

講演の視聴は無料ですが、申し込みが必要です。

遠賀町立図書館 

定員は30名です。

化石の展示は講演までの図書館の開館中に自由に見ることができます。

(終了しました。ありがとうございました。)

by クロちゃん