フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

自然体験プログラムの下見に行きました 2

A1

紅葉が綺麗でしたねー

四季があるって良いですね♪

A2

鮮やか♪

A3

ルリタテハが日向ぼっこ。

A5

誰かさんが「手乗りオオスズメバチ」とかやってるし!

いくら弱っている個体だと言っても、、、。

良い子はマネしちゃダメですよ

A6

幹に付いてる面白いヤツ発見!

2個体いるのですが分かるかな?

A7

この子ですよ♪

シャクガの仲間でしょうか?

尺取虫のように動いていました。

しっかり幹に同化してましたが、それにしても面白い形をしています。

 by クロちゃん

2012年11月29日 (木)

自然体験プログラムの下見に行きました

A1

日曜日、筑豊の自然を楽しむ会のメンバーと自然体験プログラムの下見に行きました。

A2

飯塚市のエコ工房で年間を通じて行っているプログラムですが、次回はちょっと足を延ばす予定です。

A3


植物・昆虫・鳥・岩石・化石・・・楽しいものが豊富にあって、こりゃ前に進まなさそうだなぁ(笑)

A4


巻貝化石(ブロティオプシス)

A5

キタテハ。

よく見ると翅にハート♡があるのですね♪

 

  by クロちゃん

2012年11月27日 (火)

11月23日のビーチコーミング

A1

皆様お久しぶりです。

何時ものように忙しくしておりましたが、そんな中、風邪をひいてしまいパソコンから遠ざかっておりました、、、。

回復し始めた23日のお休みの日、「海が恋しい・・・」と車を走らせました。

この日は芦屋基地の航空祭の前日ということでブルーインパルスが海岸上空を飛び回っていました。

A2

正面には芦屋基地。

漂着物は寄ってないようですね~

A3

では貝殻でも拾いましょう。

キンチャクガイ♪

A4

家に帰って名前調べをしました。

チョウセンハマグリ・オオマテガイ・ムラサキイガイ・ヒナガイ・ハナイタヤガイ・クチベニガイ・アワブネガイ・ミゾガイ・アワブネガイ・シチクガイ・・・終わらない、、、。

 by クロちゃん







2012年11月13日 (火)

エコ工房まつりに参加しました 2

A1

午前中、自然体験プログラム「いいねん」の会員さんはバッタさんと森へドングリ拾いに行っていました。

どうやらたくさん収穫できたようです。

A2

植物担当講師指導のもと、説明を聞きながら種類分けです。

その後、ドングリ笛を作り、並行して食することにもチャレンジしました。

A3

鍋で煎っているのは?

A4

「ツブラジイ」でした。

A5

煎ったツブラジイは、ほんのり甘くて栗みたいな味で美味しいです。

子どもたちも喜んで食べていました。

他のドングリは、ちょっと渋くて美味しいとは言えませんでしたが、あく抜きをすれば食べれそうでした。

 by クロちゃん

2012年11月12日 (月)

エコ工房まつりに参加しました 1

A1

自然体験プログラムでお世話になっている飯塚市のリサイクルプラザ・エコ工房で行われた「エコ工房まつり」に参加してきました。

A2

この部屋に私が所属している「筑豊の自然を楽しむ会」で開催している「自然体験プログラム・いいねん」の会員向けプログラム会場があります。

また活動の紹介や講師陣個人の自然に関する作品の展示もしました。

A3

A4

A5

A6

N7

A7
植物担当どんぐりさんの作品「リース」です。

素材は散歩しながら楽しんで集めたそうです。

A8

リースといえば・・・昆虫担当バッタさんが作ったのはでっかいですね。

これまで遠賀川流域各地で観察会を開いた場所で見られた植物だそうです。

A8_2

鳥類担当ザ・バードマンさんの葦ペン画も。

素晴らしいですね♪

A9

なるむしさん、柚子さんの展示につづき、、、。

A0

私は家にあった海岸の漂着物・アオイガイ関係を持ってきて展示しました。

他にも筑豊地区で採集した化石も少し展示しました。

 by クロちゃん



2012年11月 7日 (水)

巨大アカフジツボ標本作りの巻

A1

土曜日の朝、ビーチで見つけたカエル浮き。

大きなフジツボがいっぱい付いていました。

凄く気になったけど、博物館の式典に行く途中だったので放置してきました。

でも次の日の休日、どうも気になってしようがなかったので浮きを回収に向かいました。

A2

海岸に着くと、「お!まだあるじゃん♪生きてるし」

でもこのまま持って帰っても処理が大変そう、、、。

ぽろっと取れないかな、、、。

トライしてみると、一つだけぽろっと取れたのです。

「ラッキー!」

A3

では浮きは海に帰してあげましょう。

でもね、この後砂浜に打ち寄せられてました。

無事海に帰ってほしいのだけどねぇ、、、。

A4

これがお持ち帰りしたアカフジツボと、おまけのタテジマフジツボでしょうか?

どうですか、デカいでしょう!

このサイズはなかなか無いので標本にしたいのです。

A5

鍋に水を入れて沸騰させてフジツボを入れました。

「ごめんね~、フジツボちゃん。」

最初しばらく動いてたけど、お亡くなりになりました。

これは食べてあげないと、、、。

「でも食べれるのか?」

ある種のフジツボは酒蒸しにすると美味しいと聞いたことがある。

今回は標本が目的だったので味付けはしていない。

殻口から背板・楯板と身を取り出します。

先ずはアカフジツボから口に入れてみました。

くせの無い貝のような割とあっさりした味です。

N6

次に小っちゃいほうをパクリ。

「ん?カニみそみたいで旨いぞ」

う~ん、フジツボが食材になるという意識は無かったなぁ、、、。

ちなみに後で食べられるのか調べたら、食べられるものとそうでないものがあるようです。

今回のは大丈夫みたいですが、貝毒と同じようにフジツボが摂取したプランクトンから毒を溜めこむ場合があるようですのでおススメはしません。

A7

その後、殻はハイターで臭いを取ってから乾燥させ、艶を出すために、車のダッシュボード等の保護艶出し剤で有名なアーマーオールを塗りこんで完成。

背板・楯板も保管しています。

なかなか良い標本となりました。

 by クロちゃん

2012年11月 4日 (日)

土曜日のビーチコーミング

A1_3

祝日の土曜日、博物館の10周年の式典前にスーツ姿でちょっとだけビーチコーミング。

A3_4

ビゼンクラゲが打ちあがっていました。

A2_6

ギンカクラゲも多かったですねー

 by クロちゃん







秋の特別展 「いのちのたび博物館10年のあゆみ」開催中

N1

平成24年10月20日~12月2日の期間中、北九州市のいのちのたび博物館で秋の企画展「いのちのたび博物館 10年のあゆみ」が開催されています。

N2


N3


昆虫や・・・

A1

友の会会員が採集した化石・・・

A2_4

ヤマトケタス(通称ヤマトクジラ)の実物化石!

A3

同レプリカ。

A3_3

魚類化石

A3_2

鉱物・・・

N4

海岸に流れ着く漂着物も展示しています。

この船は漂着物学会の石井先生が寄贈されたものですね。

N5

はるか南方の種子散布を解説しているコーナーもあります。

N6_3

でっかいですねぇー

でもこれは水に浮かないそうです。

N5_2

発芽したゴバンノアシの展示もありましたよ。

以上特別展での自然史部門をかいつまんでアップしました。

もちろん歴史関係のコーナーもあります。

N7

特別展を観覧した後、久しぶりに常設展も見に行くと、漂着物学会前会長の石井先生にお会いしました。

10周年の式典に先生も招待されていらっしゃったのですね♪

先生の笑顔を見れて嬉しくなりました。

 by クロちゃん

2012年11月 3日 (土)

いのちのたび博物館10周年記念式典

N1


11月3日、北九州市立自然史・歴史博物館「いのちのたび博物館」で行われた10周年記念式典に出席してきました。

写真は北橋健司市長の挨拶。

N2


N3

博物館が新館になってから10年ですか、、、。

私は旧館である北九州市立自然史博物館からの付き合いですが感慨深いですね。

N4

私が所属する自然史友の会に市長から感謝状が贈られました。

向かって右が会長の小林繁氏。

この日の出席者は科博や周辺の博物館や水族館関係者、これまで館に深く関わってこられた方々、懐かしい方もいらっしゃって言葉を交わしました。

なお、本日と明日11月4日は入館料が無料になるそうです。

明日は10時から学芸員による特別展ギャラリートーク、11時から記念コンサートなどイベントが開催されます。

詳しくは、いのちのたび博物館ホームページでご確認ください。

 by クロちゃん