フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« NPO法人 遠賀川流域住民の会 第2回 化石観察会 2 | メイン | 飯塚市歴史資料館 おもしろ体験歴史館 »

2012年7月30日 (月)

街の化石博物館19 マリノアシティ福岡

Photo_5 Photo_6 日曜日、九州最大級のアウトレットモール マリノアシティ福岡に買い物に出掛けました。

ここはちょくちょく利用しているショッピングモールです。

ここの1階の床には乱形のドイツのゾルンホーフェン産の石灰岩が使われている部分があります。

静かなラグーンに堆積したもので、時代は中生代ジュラ紀、始祖鳥が見つかった石と言えば分かり易いでしょうか。

よく探せば、当時の海に住んでいたものや、落ちたり流れ込んで化石になった生物の痕跡が見つかります。

何かの生物のフンなんかも見つかります。

写真のアンモナイトは、そのフロアにあったものです。

大小2個並んでいるものなんか可愛いですよね。

皆さん知らずに踏んでいるのですよ。

ただ立ち止まって探そうとすると通行している人の邪魔になる場合があるので注意が必要です。

特に子どもさんを乗せている汽車ぽっぽが走ってくる時は気をつけてくださいね。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/29448277

街の化石博物館19 マリノアシティ福岡を参照しているブログ:

コメント

マリノアシティには行ったことが無いので、行った際には気を付けて探してみます。

ryugueさん、コメントありがとうございます。
最近、ゾルンホーフェン産の乱形の石材を使って施工してある建造物が多いですね。
石材を切り出す場所では、重要な化石はプックアップして化石標本として取引されるのですが、それでも多くの化石が建材として出回っています。
マリノアでも他にもいろんな化石が入っていましたよ。
ぜひ探してみてください。

コメントを投稿