フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2012年2月 | メイン | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月18日 (日)

春の特別展「アンモナイトのふしぎ」 いのちのたび博物館 4

N1

「いのちのたび博物館」で開催されている「アンモナイトのふしぎ」

http://www.kmnh.jp/2012spring/

では、お子様のためのアンモナイトのかぶりものも登場。

順番が大変かな。

N2

現生の生きているオウムガイも展示♪

(体調により、展示できない場合があります)

N3

もちろん化石のオウムガイも展示しています。

奥の福岡市西区で発見された巨大なオウムガイ化石!が目を引きます。

それにしても大きいですよね!

 by クロちゃん

2012年3月17日 (土)

電子基準点

N1_2

先月の休みの日、直方市の某公園に通りかかったところ「何じゃこりゃ?」

巨大マッチ棒?

N2_3

「基本 電子基準点」!

N3

ふむふむ、なるほど、、、。

この巨大マッチ棒の中には、GPS等のGNSS(全世界的衛星測位システム)衛星からの電波信号を受信するアンテナと受信機、受信データを転送する装置が入っていて、常時連続観測を行なっているとか、、、。

各種測量の基準に利用するほか、地震予知に重要な地殻変動の監視も行なっているそうです。

 by クロちゃん

職場の勉強会

N1

今日は職場で歯科の勉強会を開催しました。

全5回の義歯勉強会の3回目。

今回の講師はQ大の講師のA先生。

以前勤めていた歯科医院の院長の医局の関係で知り合い、楽しく勉強させていただきました。

歯科技工士になって二十数年になりますが、基礎をあらためて勉強するのは新鮮で良いですね。

いや~、それにしても毎日バタバタと忙しいです(汗)

疲れると甘いお菓子をよく食べます。

N2_2

この前、博物館の春の特別展「アンモナイトのふしぎ」開催中のミュージアムショップで購入したアンモナイトの金太郎飴。

よく出来ていますよね。

製造は東京の金太郎飴本店。

口に入れるとソーダ味で、サワッーっと溶けて美味しい♪

疲れに効きますね。

 by クロちゃん

2012年3月14日 (水)

春の特別展「アンモナイトのふしぎ」 いのちのたび博物館 3

N1

ミュージアムショップでテンションが上がったもの。

それは「アンモナイト月餅」です。

鶴屋の八幡饅頭と言えば北九州では有名ですが、その鶴屋さんが作った月餅なのです。

鶴屋の社長のHさんは自然史友の会化石研究部会に所属し、アンモナイトのコレクションで有名な方。

私も前の職場の時は、休みが平日で合ったので一緒にアンモナイト採集に行ったものです。

「アンモナイト月餅」は噂には聞いていましたが、実際に一般に商品として売り出され購入するのは初めてです。

N2_2

嬉しくなって5個入りを購入。

パッケージも最高です♪

N3

鶴屋さん♪

N4

説明書きがマニアック。

Hさん、良い仕事しています♪

N5

パッケージの裏の印刷までこだわっています。

N6

食べるのが勿体無い!

N7

でも食べちゃいましょう。

月餅大好きなんです。

渋いお茶か牛乳と一緒に食べると最高でしょうね♪

 by クロちゃん

2012年3月13日 (火)

春の特別展「アンモナイトのふしぎ」 いのちのたび博物館 2

今回のネタは「アンモナイトのふしぎ」展開催中のミュージアムショップです。

N1

N2

何時もと違って、店のあちこちにアンモナイトが♪

特別展開催時の楽しみの一つです。

N3

アンモナイトと同じ頭足類のオウムガイの標本とぬいぐるみ♪

N4

触手がマックフライポテトに見える。。。

奥のオウムガイの殻にポテトを入れてみたいと思った私。。。

N5

殻がシマシマ、軟体部がヒョウ柄のような直角貝のぬいぐるみ。

N6

アンモナイトではないですが、可愛い古代生物のぬいぐるみたち♪

N7

今回最もテンションが上がったコーナーがこれ!

遂に発売ですか!

Hさん、ありがとうございます。

詳細は次回のブログで。

 by クロちゃん

2012年3月11日 (日)

春の特別展「アンモナイトのふしぎ」 いのちのたび博物館 1

N1_2

2012年3月10日(土)~5月6日(日)の会期で、北九州市立自然史・歴史博物館「いのちのたび博物館」にて春の特別展 「アンモナイトのふしぎ」が開催されています。

また、期間中はギャラリートークなどのイベントが企画されています。

http://www.kmnh.jp/2012spring/index.php

今日3月11日、自然史友の会 化石研究部会の例会で、部会の担当学芸員であり今回の展示会を企画した御前学芸員の解説を聞きました。

N2

イケメンの御前先生の話を聞く化石研究部会会員。

N3

こちらは日本初公開 アンモナイトの天敵のモササウルス類

「ティロサウルス・カンザスエンシス」の全身骨格標本

 by クロちゃん

庭に「つくし」が顔を出しました

N1

3月11日の朝、庭を見ると、つくしがたくさん顔を出していました。

この後、午前中、地域の化石調査へ。

一年前のこの日、東日本大震災が起こりました。

犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

また不自由な生活を強いられている方々の状況が一刻も早く改善されることを望みます。

私たちは  、いつどんな災害に見舞われるか誰も分かりません。

今できる対策を考え、行動しなければならないですね。

 by クロちゃん

2012年3月10日 (土)

アンモナイトの不思議な世界 九州大学総合研究博物館 3

N1_3

前回の続きです。

九州大学総合研究博物館では、九州大学の故松本達郎名誉教授とその門下生により採集されたアンモナイトの化石標本を博物館常設展示室に展示してありました。

http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/event/index.html

私は講演の休み時間に見ることが出来ました。

アンモナイトの展示会は、3月10日から北九州市立いのちのたび博物館でも「アンモナイトのふしぎ」が開催されます。

http://www.kmnh.jp/2012spring/

こちらは後日レポートしたいと思います。

N2

講演会場に戻ってきました。

この後ご講演されたのは、、、。

N3

3月を以て定年退職される九州大学総合研究博物館の松隈明彦教授による「オウムガイからアンモナイトの絶滅を考える」のご講演です。

 by クロちゃん

2012年3月 7日 (水)

アンモナイトの不思議な世界 九州大学総合研究博物館 2

N1_2

日曜日に行なわれた九州大学総合研究博物館 平成23年度公開講演会

「アンモナイトの不思議な世界」

最初に「アンモノイドの死殻は浮くか沈むか?」という演題で、京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻・准教授の前田晴良先生が話をされました。

アンモノイドとはアンモナイト類の総称です。

N2_2

2万種以上と考えられているアンモノイドの様々な形や、アンモナイトとオウムガイの体のしくみの違いなどを先生は時にユーモアを交えて分かり易く解説されました。

N2_3

写真は、タイ・タルタオ島に漂着した現生オウムガイの死殻。

現地では漂着は珍しいものではないようですが、完全体は既に非常に少ない!ようです。

化石のアンモナイトは完全体が多いですよね。

日本に漂着したオウムガイの殻も紹介され、検証がはじまりました。

なんだか古生物学と漂着物学のコラボのようでで面白くて仕方がありません♪

アンモノイドがどのようにして化石になったのか、、、。

ワクワクして話を聞きました。

面白すぎる!

前田先生の話が終わって一旦休憩です。

緊張して会場入りした私ですが、周りにはよく目にする皆さんが、、、。

やっぱり来ていたのですね~

自然史友の会の皆さん。

 by クロちゃん

 

天然石専門店 alma「アルマ」さん

N1

直方市にオープンした天然石専門店alma「アルマ」さん。

飯塚市の天然石専門店「開運堂」さんの姉妹店です。

直方イオンから遠賀川方面に進むと、ディスカウントストアのルミエールがあります。

その店舗の並びにオープンしました。

N2

お店の中にはブレスレットのコーナーや、、、。

N3

鉱物・化石のコーナーがあります。

これから増やしていかれるようですよ♪

 by クロちゃん