フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

セミの幼虫 2

N1

土曜日、仕事から帰ってきた夕方の自宅でまたセミの幼虫と遭遇。

孵化の様子を観察しました。

N2

実はこの写真を撮る前に西日本新聞の取材が自宅でありました。

今度の観察会に関する取材です。

その模様はおそらく地方版である筑豊版で紹介されると思います。

N3

色が美しいですね。

このブログにコメントをくださる「よしさん」のブログにもセミの孵化の様子が紹介されていました。

http://blogs.dion.ne.jp/starionym2/

N4

綺麗に抜け出ました。

私はというと、現在私設「筑豊化石収蔵庫」の展示物を入れ替え中ですが、なかなか進まなく苦戦しています。

暑さでバテ気味かな。

8月7日の観察会、14日の収蔵庫公開を成功させるべく動いております。

8月7日の観察会の後は食事の時間を省いて、収蔵庫の公開も考えています。

ただ場所が分かりにくいのと、収蔵庫が狭いため(筑豊一狭い資料館かも)ご面倒をかけるかもしれません。

 by クロちゃん

2011年7月30日 (土)

セミの幼虫

N1

2日前、職場のシャッターを下ろすときに「ポトン」と落ちてきたセミの幼虫。

アブラゼミかクマゼミでしょうか?

周りは舗装されているし、どこから来たの?タイルとガラスの壁をどうやって登ったの?

と疑問なのですが、とにかく無事に孵化させねばと近くの木にとまらせました。

次の日、抜け殻があるか見に行きましたが良く分からず、元気に飛び立ったのを願っています。

N2

さてさて先日また観察会の下見に行ってきました。

写真の巻貝分かります?

この日は多くの昆虫も観察できて、とっても楽しい下見になりました。

そうそう、たまたまですが現地に遊びに来ていた団体さんから声をかけられ、即席の観察会になったのですよ。

子どもも大人も興味津々で聞いてくださり有難かったです。

おまけにスイカまでご馳走になりました。

N3

普段あまり見かけない昆虫類も写真をいっぱい撮りました。

これはご一緒した蟲愛會の岸本さんによると「ヒゲナガカワトビケラ」ではないかということでした。

私も勉強になりました。

この日の様子は岸本さんの蟲愛會のブログにアップされていますのでご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/musimedurukai/

今日の私は佐賀に出張です。

行ってきます!

 by クロちゃん

2011年7月25日 (月)

狩尾岬 福岡県遠賀郡芦屋町

N1_2

芦屋町・遠賀川の河口から北九州側に向かったところに「狩尾岬」があります。

すぐ近くには「とと市場」という海産物販売や食事が出来る場所があり便利なところです。

その狩尾岬の一部が最近整備されました。

(7月17日に取材してきました)

N2_2

狩尾岬から遠賀川の河口方面を見ると「洞山」が見えます。

その左手の漁港には「海の駅」という海産食堂もあります。(活魚も売っています)

洞山の向こう側には芦屋海水浴場、さらに向こうには三里松原海岸があります。

その洞山・狩尾岬ともに芦屋層群という約3000万年前の海の地層であり、貝類などの化石が観察できます。

洞山の入り口には「芦屋町歴史・民俗資料館」があり、化石も展示されています。

N3

狩尾神社の横には、多くはないですが、駐車スペースとトイレが整備されました。

N4

そこから海岸に下りると遊歩道が整備されています。

N5

案内板です。

N6

神々しい。

N7

遊歩道を歩いてみましょう。

ちなみにこの時は満潮だったので、海岸の化石の観察は止めておいて、海を眺めながら癒されることにしました。

N8

早速小魚がいっぱい。

N9_2

こちらはメジナの子どもかな?

N10

岸にはクサフグがたくさんいました。

 by クロちゃん

クリスマスツリー?

N1

日曜の早朝、家の畑のスギナに露が。

まるでクリスマスツリーのように綺麗です♪

N2

その畑には「ゴーヤ」が育っています。

チャンプル美味しかった♪

 by クロちゃん

2011年7月22日 (金)

珪化木を購入

N2

先日の休みに久山町にあるトリアスに行ってきました。

目的の店は石屋さん。

購入したのはブラジル産・古生代ペルム紀の珪化木。

輪切りにして研磨したものです。

綺麗でしょ♪

N1_2

こちらは案内してくれたYさんが購入した珪化木。

いつも見慣れている年輪のある珪化木とは異なり、

シダ植物の維管束がはっきりと確認できます。

 by クロちゃん

パネル

N1

祝日だった月曜日、来月の観察会で使用するパネルを作製しました。

現地だけでなく、総合的に周辺の地層から分かったことを説明するためのものです。

以前数回行なった飯塚市教育委員会主催の観察会では、1日目はパワーポイントを使用した勉強会、2日目は現地での観察会という2日間の日程で開催しました。

郷土での化石の学習ってなかなか機会がありませんので、本当はもう少し掘り下げて学習できれば良いと思っています。

 by クロちゃん

2011年7月19日 (火)

展示変え

N1

2008年に開設した私設「筑豊化石収蔵庫」。(福岡県飯塚市目尾)

連絡を頂いて、私の都合が合えば見ていただいているという現状。

料金は頂いておりません。

早く定期的に公開できればと思うのですが忙しくて、、、。

管理や経費の問題も考えないといけないのですが、、、。

そんな収蔵庫ですが、久々に展示を入れ替え中です。

今年の夏は、2011年8月14日(AM10:00~PM15:00くらい)を公開日に決めようと考えています。

なにせ狭い空間ですから一度には数人しか入れません。

展示物も福岡県の筑豊地区を中心に北部九州~山口の化石が主となっています。

N2

この収蔵庫に展示しているものは、ほんの一部であり、まだ整理が終わっていないもの、研究がこれからで公開できないものがあります。

とりあえず展示できそうなものをピックアップするつもりです。

N3

外に出ると夕日が綺麗でした。

 by クロちゃん

2011年7月18日 (月)

第317回化石研究部会例会 (室内) 報告

N1

717日(日)北九州市立自然史・歴史博物館 3階講座室において、自然史友の会 化石研究部会の例会が行なわれました。

今回の室内講座のテーマは「放射性同位体・安定同位体と古生物学

~物質を構成する各元素には.重さが異なる同位体が存在し,中には放射線を出すものも含まれます.化石や地層の研究では,同位体から年代,環境,生態などに関する様々な情報を得ることができます.古生物学・地質学における同位体の意義についてお話しします.~

というもの。

担当学芸員の御前先生がレクチャーをしてくれました。

難しかったけれど、面白い内容で引き込まれました。

同位体から生物の生態や地球規模の当時の大気や海洋の様子が分かるのには大変驚きました。

by クロちゃん

2011年7月17日 (日)

恋ノ浦の沸石

サネさん見てらっしゃいますか?

先日ブログのコメントにて津屋崎地区(恋ノ浦)の沸石(ふっせき)についての質問がありましたが、せっかくなのでブログ記事にしました。

沸石は化石ではなく鉱物です。

沸石は種類が多く、そのグループは48種類の沸石鉱物があると言われています。

以前撮影したものがありましたので参考になれば、、、。

N1

(写真は沸石産地付近から、東側・恋ノ浦の砂浜を望む)

産地は恋ノ浦の砂浜から東郷公園のある岬側に歩いていきます。

すると堆積岩である津屋崎層の下部に向かうことになり、礫岩層が見られます。

その礫岩層を注意しながら観察すると礫の間を埋めるように沸石が入っています。

さらに進むと地層は北崎花崗閃緑岩に変わります。

N2

この赤い色に囲まれた部分が沸石です。

顕微鏡写真が撮れたらもっと綺麗な結晶が分かると思います。

数ヶ月前に産地を見学した時には崖が崩れている場所があり、ハンマーがなくても拾えました。

ちなみに恋ノ浦の砂浜の反対側には珪化木の大産地がありますが、天然記念物に指定されていますので採取することはできません。

でも見ごたえがあり、オススメの見学場所です。

 by クロちゃん

2011年7月16日 (土)

「化石観察会」のお誘い

先日お知らせした地元NPO法人主催の観察会のチラシが出来ましたのでアップします。

野外での短時間での観察会ですが、もしご都合が良ければご参加ください。

よろしくお願いします。

 by クロちゃん

終了しました。

ありがとうございました。2011.8.7