フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 第315回 化石研究部会 2 | メイン | 第315回 化石研究部会 3 »

2011年5月17日 (火)

お食事中 ~ミナミヌマエビ~

N1_2

自宅の水槽のミナミヌマエビが抱卵しました。

でも今年は1匹だけ。

この子は多分4世になるかと思います。

去年はあまり増えませんでした。

一生懸命餌を食べています。

N2_2

仲良く食べてね♪

体の色がグリーンになったりブラウンになったり、可愛いヤツです。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/26488276

お食事中 ~ミナミヌマエビ~を参照しているブログ:

コメント

うちも昔、上の子が小学生だった20年くらい前にカワエビ(と呼んでいた)を飼っていました。ニンジンをやるとピンクになって、ほうれん草をやるとグリーンになって…。透けて見えるんですよね。なつかしいなあ~。また飼いたくなってきたわ。

間違えました。ニンジンをやったらオレンジ色になるんでした~。

羨ましい,4代目ですか。

当方も,庭の湖で飼っていたんですが,
勝手に増えたヤゴにやられたか,鳥にやられたか,ネコにやられたか,絶滅しました。
一時期は,滝を何ヶ所か遡ったりして分布を広げていたんですが……。

また取りに行きます。

のらさん、コメントありがとうございます。
可愛いでしょ♪
私が与えているのはザリガニ用の餌です。
どういうわけか、(繁殖期が関係するのか?)色が変わるのですよ。

岸本博和(蟲愛會)さん、コメントありがとうございます。
それは残念ですね。
私は以前、両側回遊性であるヤマトヌマエビの繁殖に成功したことがあるのですが、複数の水槽に濃度の異なる汽水域を再現するのが大変で、もうやりたくありません。
ミナミヌマエビが楽で楽しいです♪

コメントを投稿