フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

御所浦に行ってきます!

現在午前4時前、今から熊本へ向けて出発します。

目的地は御所浦。

全島博物館構想!

日本ジオパーク認定!

この目で確認してきます。

では行ってきます!

 by クロちゃん

2011年1月28日 (金)

第311回 化石研究部会例会 報告

N1_2

123日(日)14:00-17:00 北九州市立自然史・歴史博物館 1階会議室に於いて、自然史友の会 第311回 化石研究部会例会が行なわれました。

今回は

地質鉱物研究部会と合同の例会で、内容は博物館元学芸員・現名誉館員の岡崎美彦先生によるご講演 「芦屋層群の鯨化石」 です。

とても興味深い内容でした。

先生ありがとうございました。

合同ということで、大人数での例会となりました。

実はこの時、テレビカメラも入っていたのです。

今度の放送時、もしかしたら少し紹介されるかもしれません。

N2

ご講演の後は、合同のお茶会が開催されました。

こういう会員の交流って良いですね!

N3

お茶会では、あちこちで鉱物や化石や海岸で採集された貝やウミガメの骨などが並べられ、皆の目を楽しませていました。

 by クロちゃん

お久しぶりです(汗)

しばらくブログ更新してなくて申し訳ありません。

最近いろいろと忙しくしておりまして、体調も風邪をひいたのか本調子では無かったため、あまり無理をせずにおりました。

でも元気にしてますのでご心配なく!

N1

昨年末から取材を受けている番組「ドキュメント九州」の収録も、現在進行中です。

放送日が決まりましたら、ブログでお知らせしますね。

 by クロちゃん

2011年1月17日 (月)

大阪出張 5 「大阪市立自然史博物館」

N1_2

昨年に大阪に出張に行った時に立ち寄った大阪市立自然史博物館レポートが中断していましたので再開です。

縄文時代の貝塚から出土した食物の数々。

淡水貝類も様々含まれていますね。

N2

そして「地球と生命の歴史」ゾーンへと進みます。

N3

先ず目に入ったのが、大阪の地面の下に眠っていた「クジラ」

N4_2

クジラの化石から、当時の海岸線が浮かび上がります。

N5

凄い量のクジラの化石が発見されているのですね。

 by クロちゃん

外出なしの日曜日

N1

最近は週末が悪天候でフィールドでの活動に支障が、、、。

土曜は所属する北九州歯科技工士会の新年会が海岸近くの料亭で行なわれたため、終了後に真っ暗な海岸へBCへと足を伸ばしたのですが、暴風雪で早々に退散しました。

そして日曜日、積雪が残る冷え冷えの庭で昨年末の「脇野の会」で採集してきたウミユリ片を含む石灰岩を研磨しました。

そしてその様子をTV番組制作会社のAさんが撮影。

この日は一日、自宅で取材を受けました。

Aさん、お疲れ様でした。

 by クロちゃん

2011年1月12日 (水)

蟲愛會(むしめづるかい)主宰 岸本さん宅訪問 2 私の夢実現イカリング!

岸本さん宅にお邪魔して作ってみたかったもの。

私の夢、、、。

それは「ソデイカのイカリング」を作ること♪

BCで初めてソデイカを見たときから、すぐに巨大イカリングを頭に思い浮かべました。

N1

それが今、実現しようとしています。

年末にゲットして冷凍していた少し大きめのソデイカの外套膜の薄皮を剥ぎ、包丁でリング状に切っていきます。

N2

カットした様子はこんな感じ。

ちょっと厚みは不揃いですが、、、。

N3

私の顔と比較すれば大体大きさが分かると思います。

この時、私の心は充実感で一杯です。

ワクワク♪

N4

ここからが肝心!

イカを油で揚げるとパンパンと撥ねると言いますよね。

薄皮を取り損ねると、さらに最悪ですが。

お借りする岸本さんちの台所を油だらけにしない秘策。

それは・・・牛乳に浸すという技です。

イカを牛乳に浸してから、私たちは食事をしていましたので、結構な時間浸けたままにしておりました。

N5

岸本さん特製のおでんを頂いて、お腹が膨れ始めた頃、イカリングの仕上げと移ります。

今回は簡単に衣は小麦粉だけにしました。

小麦粉を付けた後は、すばやく油で揚げます。

時間を置くと小麦粉が水を吸って油が撥ねる原因の一つとなってしまいます。

N6

フライパンで最小限のサラダ油を使い揚げましたが、ほとんど油が撥ねることはありませんでした。

N7

無事揚がりました。

N8

さて、問題のお味は?

ん?

んんん?

美味い!

ソデイカ独特のぬめりも消えている!(しっかり熱を通した結果)

さらにソデイカ特有のやわらかさが、食べ易さとして貢献している。

こりゃいいぞ!

ただ一個でも十分な量あって、お腹一杯になりました。

 by クロちゃん

2011年1月11日 (火)

蟲愛會(むしめづるかい)主宰 岸本さん宅訪問 1

お友達の自然観察会「蟲愛會」(むしめづるかい)主宰 岸本さんからお誘いを受け、自宅にお邪魔してきました。

岸本さんは京都大学農学部畜産学科卒・同大学院農学研究科熱帯農学専攻博士後期過程単位取得退学。京都大学修士(農学)という方。

材木問屋の営業マンを経て、現在は福岡の予備校や塾で教鞭をとっていらっしゃいます。

関西で生まれ育った彼ですが、筑豊に住み、筑豊を愛しているという有難い存在なのです。

ではレポート開始です。

N1

理系女子のゆずちゃんを誘って家をAM11時に出発。

途中、筑豊の秘湯中の秘湯「椿温泉」跡に御案内。

この日は小雪がちらついて積雪もあり、寒い日でしたが、しっかり湯気が出ている湯は、ちゃんと暖かかったです。

ここは昭和初期に「椿温泉」という銭湯が建ち、炭鉱で栄えた地域の人々を癒していたそうです。

おそらくこの湯は「ボタ湯」と思われます。

石炭が自然発火して地下水が温められたものです。

炭鉱が栄えていた頃は、筑豊地区のあちこちにあり、私の親も入っていたと言います。

N2

いきなりですが、岸本さん宅に到着。

家の中にはマンガと自然系の本の書庫があり、しばらく見学しました。

その後、甘い物が大好きな彼を囲んで、この日集まった自然大好き・生き物大好きのメンバーと菓子を食べながらおしゃべりしまくります。

さぁ、これから何が出てくるか♪

N3_2

まるでアンモナイトの縫合線のような、、、。

N4

シカの頭骨。

N5

マイマイコレクションを見ながら分類の話を聞いたり、、、。

N6

碁の素材のチョウセンハマグリが出てきたと思えば、様々な生物の骨格標本や液侵標本が出てきてビックリ!

いやぁ楽しいぞ♪

N6_2

すっかり話しに夢中になってしまって昼食が遅くなってしまいました。

ここで岸本さん特製のおでんを頂くことに。

この台所には魚醤の作りかけやら色んな食材がありました。

私は元旦にゲットしたソデイカを切って、刺身にしました。

N6_4

このおでんですが、よく味がしみていて美味しかったぁ♪

岸本さん特製のイカの塩辛や、きず胡椒も美味しくて食が進む!

そして岸本さんと言えば昆虫食、、、。

画像がダメな人いるでしょうが、出しますよ!

覚悟してくださいね!

N7

ほら!!!

ダメですか???

これ「スズメバチ」の幼虫とサナギなのです。

ハチと言えば、私の祖父が生前、ハチの幼虫を生で美味しいと食べていましたので、そんなに抵抗はありません。

N7_2

皆で一斉に食べることになりました。

いっせいのせ!

「美味いやん!」(私の感想ですが)

前にも昆虫食のブログ記事で美味しいと書きましたが、今回も美味しい♪

では親の写真を、、、。

N8

これ!

これを現在どう調理するか考え中とのことでした。

次回「蟲愛會(むしめづるかい)主宰 岸本さん宅訪問」続編は「私の夢実現編」です!

ビーチコーマーなら、一度は頭で考えそうなことをやってみました。

ちなみに「調理」です。

お楽しみに♪

 by クロちゃん

2011年1月 9日 (日)

太宰府天満宮参拝

N1_2

なぜ夜明け前からビーチコーミングに出掛けたかというと、次女と大宰府天満宮に行く約束をしていたからです。

写真は昨年と同じく天満宮の裏手にある参拝隧道。

渋滞を避けたくて、最近はこちらから参拝しています。

N2_2

毎年参拝していますが、今年は福岡市内で暮らしている長女がいなくて次女と2人。

その次女も来年は大学受験です。

娘と来る参拝は、あと何回かなぁ。。。

N3_2

帰りに天満宮近くの気になっていた場所に立ち寄りました。

鶴乃子本舗 石村萬盛堂の大宰府工場兼店舗です。

N4

工場と一緒ということで、出来たてのショコラもちが運ばれてきました。

これはパック詰めされて安価で販売されていますのでお土産に買いました。

(試食も出来ます)

帰りは店の方が車を誘導してくれて親切でしたよ♪

 by クロちゃん

鶴の子本舗 

早朝のビーチコーミング

N1

今日は夜明け前から海岸を歩きました。

暗い砂浜には既に3人の足跡がありました。

その足跡の主は、おそらく〇〇さんと〇〇さんだろうなぁ。。。

写真は夜が明けた浜の様子です。

N2

アオイガイの破片が一つありました。

年が明けてからアオイガイの漂着が止まったように思います。

この破片は年末に漂着した残りかもしれません。

N3

ワクワク♪

ドキドキ!

江戸期と思われる有田焼。

完品か?

と、思ったら、砂に埋もれた部分は存在せず、見えている部分だけでした、、、。

そんなに上手くはいきませんねぇ、、、。

 by クロちゃん

2011年1月 4日 (火)

雨の中の化石産地巡り

N1_2

(写真は珪化木の産状)

1月1日、雨。

2日、雨、、。

3日、雨、、、。

はぁ。。。

その1月3日は雨の中、化石研究部会の新入会員のYさんと、筑豊地区の化石産地巡りをしました。

通常雨の日は止めるんですけどね。

止めるんですけど、おバカな2人は行っちゃいました。

泥だらけになりながら、、、どしゃ降りになったら合羽着て、、、。

Yさんは私の説明を聞きながら終始ニコニコ。

とっても楽しかったそうです。

頼もしい仲間が入会してくれました♪

 by クロちゃん