フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« アオイガイの壁掛け 3作目 | メイン | アオイガイの壁掛け 3作目の別ショット »

2010年10月31日 (日)

第308回 化石研究部会 2

化石の見学会の時、現地が海岸であることをいい事に、ちょっとビーチコーミング。

N1_2

この漂着種子の正しい名称をどなたかご教授くださいませんでしょうか。

N2_2

中には穿孔貝のニオガイが!

面白いのでお待ち帰りしました。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/25327505

第308回 化石研究部会 2を参照しているブログ:

コメント

ちょつと戸惑っています、コメントしたつもりが。もう一度書きますね。一見するとクルミの種じゃないでしょうか。クルミの実、じっくり観察した事ないから自信ないけど。

これから遡って日記読みますね。たまには読んでいますよ。お気に入りにしていますから。

「ミフクラギ」というキョウチクトウに近い植物があってその実に似ていますね。専門外なので責任は持ちません。
ところで、クロちゃん、マッコウクジラの歯、差し上げられるのを用意しています。おついでの時にお立ち寄りください。

ミフクラギでしょうね。

オオミフクラギもありますが、こっちはもっと球形に近い形です。

サネさん、コメントありがとうございます。
サネさんは鉱物にご興味を持っていらっしゃるのですね。
私は苦手な分野ですのでご教授していただけたらと思います。
同じ筑豊人ですしhappy01

おか先生、コメントありがとうございます。
ミフクラギですか!
似ているなとは思ったのですが、表皮が剥がれていて良く分からなかったものですから。
マッコウの歯の件、了解しました。
ありがとうございます。
前にお預かりした分を持ってお伺いし体と思います。

Shigeさん、コメントありがとうございます。
ミフクラギですね!
ご教授に感謝します。
最近になって種子や実に興味が出てきました。
ビーチコーミングの際にもっと見る目を養いたいと思います。

漂着種子に穿孔貝が見られるという、大変興味深い情報に強く引かれました。関東地方の太平洋沿岸では流木にはふつうフナクイムシが見られますが、稀にカモメガイモドキがみられることもあります。調べたところ、ヤシの実にもカモメガイモドキの仲間が穿孔しているそうです。北九州の沿岸域に漂着例はないでしょうか?
 上記のことから、写真が不鮮明なのでニオガイかどうか疑問に思いますが、カモメガイモドキの仲間の可能性はないでしょうか。

chiyoditeさん、コメントありがとうございます。
この写真を撮影したのが2010年のことでしたので、元画像と標本が今どこにあるか、、、。
当時はまだ知識もなくて、、、。

ヤシの実にもカモメガイモドキの仲間が穿孔しているとのことですが、私は確実なものは記憶しておりません。ただ、過去に山口県下関の海岸に漂着しているヤシの実から、無数の貝類の軟体部を思われるものが、長く垂れ下がっているものを見たことがあります。
あれが何だったか、20年ほど前のことです。
当時は、ただただ気持ち悪いと思っただけでした。
今だったら、何なのか確かめるのですが、、、。

コメントを投稿