フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 第308回 化石研究部会 1 | メイン | 第308回 化石研究部会 2 »

2010年10月31日 (日)

アオイガイの壁掛け 3作目

以前、海岸で採集した欠けのあるアオイガイの殻の有効利用として、殻を半分にカットして壁掛けを作る話を2例ブログでご紹介しました。

先日また欠けのあるアオイガイの殻(春に採集)を利用した壁掛けを作製しましたのでアップさせていただきますね。

N1

夜、薄暗い部屋で撮影したので、あまり綺麗に見えませんが、、、。

木枠の額を利用して、アオイガイの周りに海岸で拾ったビーチグラスを散りばめて木工用ボンドで接着しました。

N2

下から見たところですが、反対側の殻の一部が破損しているのが分かります?

ビーチコーミングで、せっかく採集したアオイガイを「あー、割れてるやん」って、残念に思った方もいらっしゃるでしょう。

でも片側が綺麗なら、このような対処で標本が活きますよ♪

お試しあれ。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/25327473

アオイガイの壁掛け 3作目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿