フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 福井の恐竜化石発掘調査 | メイン | ワイン »

2010年8月31日 (火)

第306回 化石研究部会 例会報告

2010年8月29日(日曜日)、北九州市立自然史・歴史博物館の3階講座室に於いて、自然史友の会・化石研究部会の例会が行なわれました。

前回の第305回は残念ながら私は仕事の都合で参加できませんでしたが、何とか今回は大丈夫でした。

N1

今回のテーマは「アンモナイト化石の産状」

前回の例会の「北海道のアンモナイトに関する話で、ノジュールがどのようにして形成されるのかという質問や、環境と産出化石の関係はどのようになっているのかという質問が多くあり、それらについてもう少し詳しく解説するというものでした。

N2

堆積のメカニズムから、化石になるまでのメカニズムの話や、、、。

N3

現生と過去の環境の違いなどを学ぶことができました。

N4

ご教授頂いた御前先生、ありがとうございました。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/24966839

第306回 化石研究部会 例会報告を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿