フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 化石研究部会300回記念例会 長崎 沖ノ島・伊王島 8 | メイン | 3月22日のビーチは?2 »

2010年3月22日 (月)

3月22日のビーチは?1

N1

今日は良い天気でしたね。

福岡県遠賀郡から北九州市にかけての海岸を散策しました。

Rimg0556

数週間前から、時々漂着ワカメを拾って料理しています。

ちなみに、私は酢味噌で食べています。

美味しいですよ♪

一緒に写っているのは、ハコフグの甲羅状の鱗です。

ハコフグが死んだ後、浜に漂着し、白い六角形の甲羅(骨板のような)がびっしり並んでいる状態が見られることがあります。

Rimg0558

ハコフグの甲羅、美しくないですか?

私はとても美しいと思っています。

もともと人間の歯は、魚の鱗が変化して出来たと考えられていますが、魚の鱗のも色々なものが存在します。

Rimg0554

そう、ハリセンボンの針も鱗が変化したものです。

敵を威嚇する時、針状の鱗を逆立てますよね。

写真のハリセンボンは体の柔らかい部分が腐ってしまい、鱗がはっきり分かりやすくなっています。

 by クロちゃん

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/23662970

3月22日のビーチは?1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿