フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 化石研究部会300回記念例会 長崎 沖ノ島・伊王島 9 | メイン | たった5分間のビーチコーミング »

2010年3月28日 (日)

化石研究部会300回記念例会 長崎 沖ノ島・伊王島 10

化石研究部会300回記念例会 長崎 沖ノ島・伊王島レポート

随分と長いレポートになってしまいました。

て続きいきまーす!

N1_2

大小の転石。

その一つ一つを、よーく観察すると、、、。

N2

巻貝や二枚貝の化石を含んでいるのに気がつきます。

中には、ツノガイばかりが含まれていて面白い文様になっているものもありました。

N3

この転石は細かな割れた貝殻を多く含んでいますね。

このような堆積環境では、サメの歯を含んでいることがありますので要注意です。

N4

以上、千畳敷からのレポートでした♪

 by クロちゃん

長崎 沖ノ島・伊王島レポート・最終回につづく。。。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/23714106

化石研究部会300回記念例会 長崎 沖ノ島・伊王島 10を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿