フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 1月14日のビーチレポート | メイン | 北九州歯科技工士会創立10周年記念式典・祝賀会 »

2010年1月17日 (日)

街の化石博物館 18 波津の津波

街の中や、日用品に化石が・・・そんな日常生活の中の化石を紹介するコーナー。

実はとてもたくさんあるのですが、取材拒否の店もあって、なかなか紹介できなかったりするのです。

さて今回は、ビーチコーミングコースにあるスポット。

Photo

先日の寒い日にお伺いした「波津の津波」というお店。

たい焼きや海産物土産、お食事のお店です。

福岡県遠賀郡岡垣町にある「宿膳八幡屋 満海の湯」の敷地内にあります。

http://www.budounoki.co.jp/yahataya/index.html

Photo_2

そのお店の前に何気なく置いてあるのが、木が地中に埋もれ、珪酸分に置換された化石「珪化木」です。

石材屋さんから手に入れたようで産地は不明ですが、カットされた断面が研磨され年輪がはっきりと確認できます。

Photo_3

天気が良かった昨日、また寄ってきました。

この「八幡屋」には過去三度宿泊したことがあります。

それ以外にもお風呂に入りに来たことがあるのですが、色々な風呂があってとても良いです。

男女入れ替わり制なので1階か階上か分かれるのですが、屋上の露天風呂からは三里松原海岸が目の前に広がり、遠くは芦屋町の遠賀川河口付近までが見渡せます。

屋上には別に家族風呂があり、子どもが小さかった頃に入りに来たこともあります。

食事の評判も良いです。

Photo_4

その「八幡屋」の前にある「波津の津波」で自家製豆乳で作っているという『たい焼き』を買いました。

私が買ったのは黒あん。

黒あん・白あん・カスタードがあるそうです。

食べると、「ん!何だ!旨い♪」

ほんとそんな感想だったのです。

なんだか、ふわっとしてまろやか。

写真はお店のすぐ前の海岸です。(イルミネーションの飾りがありました)

サーファーの多い海岸で有名ですね。

 by クロちゃん

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/22937697

街の化石博物館 18 波津の津波を参照しているブログ:

コメント

 ここの前の海岸は、ビーチコーミングは可能でしょうか。文面からすると、コースとなっておりますが!

村上さん、コメントありがとうございます。
八幡屋のすぐ前の浜はビーチコーミングにはちょっと不向きです。
そこから芦屋町にかけて長く伸びる三里松原海岸であれば貝殻等が採集可能と思います。
中国や韓国のゴミの状況やヒトデなどの観察をお望みならば福津市の勝浦浜が良いでしょう。
コースと書いているのは、あくまで私のコースでしてcoldsweats01
広範囲に見て周る時のコースです。

 情報提供、ありがとうございました。今度、ぜひ行ってみます!

コメントを投稿