フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

コウベモグラ

6月28日の昼過ぎ、宮若市と宗像市の境である赤木峠近くの山中でモグラと遭遇。

地質の調査をしようと山道を上がっていたら「カサカサ」と側溝から音が。

気になっての覗いてみると、モグラでした。

おそらく「コウベモグラ」と思われます。

Rimg1808

Rimg1811

Rimg1814

3枚目の画像を見て気付いた方もいらっしゃるとは思いますが、コクワガタのオスが一緒に写ってます♪

2009年6月29日 (月)

ホウネンエビとおたまじゃくし

Rimg1817

昨年のこの時期は、よく田んぼに通いました。

なぜかって?

田んぼで「カブトエビ」や「カイエビ」などの生き物を探すためです。

でも今年は、バタバタしていてなんとな~く気持ちに余裕が持てなくて目がなかなか向かなかったんです。

でも28日の午後、農家の友人の職場を訪ねた時に近くの田んぼで「ホウネンエビ」や「オタマジャクシ」などがいるのを見つけて思わず嬉しくなって写真を撮りました。

ん?気持ち悪いですか?

眺めていると癒されるんです。

イトカケガイ科の巻貝

Photo

6月28日(日)、残業で徹夜し、まだ暗いなか帰宅するため車で家に向かっていたのですが、天気予報で雨と出ていたのに空には星が、、、。

う~ん、確か引潮は7時ぐらいだったよなぁと悩んだ末、車を自宅とは反対の北九州市若松区の海岸へ向けた。

途中大好きな「資さんうどん」で「ごぼう天そば」を食べたので元気が出た。

北九州では有名な「資さんうどん」(すけさんと呼びます)。仕事で残業した時は24時間開いているこの店で朝方決まって「ごぼう天そば」を食べるのです。

海岸に着くと、まだ薄暗い波打ち際に突然ライターの明かりが!

良く見ると少し離れたところに仲の良さそうなカップルが、、、。

邪魔しちゃ悪いと別の海岸に移動。

だんだんと夜が明けてきた。

この日は凪だったこともありアオイガイの漂着は見られなかった。

朝の海岸は天気予報が外れて気持ちの良い天気となった。

「よし!化石採集をすることにしよう」と芦屋層群の岩盤に四つんばいになり目を凝らす。

以前、昭ちゃんさんがこの付近で「イトカケガイ」の仲間の巻貝を採集していらっしゃった。

しかし私はまだ見つけたことがない。

今日はイトカケガイ狙いでいこう。

そう思って探していると、、、。

「あった!」

波で浸食された岩肌に僅かに見えている小さなイトカケガイの仲間。

無事採集することが出来た。

今日の目的達成!家に帰って寝ようっと。

海岸を後にした私は、コンビニでコーヒーを買って家まで安全運転で帰りました。

しっかし俺ってタフやなぁ。。。

その後昼まで爆睡でした。

(写真はイトカケガイ科の巻貝。まだクリーニング前です。正式な学名は不明です。)

2009年6月25日 (木)

お久しぶり!記録更新だぁ!!!

前回の記事から更新が滞っておりました。

仕事が・・・非常に忙しくて、帰宅が深夜~朝という状況でしたので、記事を書く気力が持てませんでした・・・すみませんcoldsweats01

さて、今日は職場は休みでしたので、時間をつくって北九州市若松区の海岸を歩いてきました。

さぁリポート開始sign01

Rimg1787

梅雨だというのに今日は快晴ですsun

約3000万年前の海成層「芦屋層群」が分布するこの海岸。

写真の地層もその一部ですが、腰を下ろしてよーく観察すると、ゴカイのような生物が残したと考えられる1~2ミリの生痕化石が地層面にびっしりです。

皆さん気付くことなく、この上を踏んで歩いてると思いますsmile

Rimg1788

秋から冬にかけて多くのゴミや生物が漂着していましたが、だんだんと漂着物は減ってきました。

でもまだ写真の中国のウキなどが漂着しています。

ミズクラゲも多いですね。

Rimg1789

砂から顔を覗かせているのは木の化石である「珪化木」です。

年輪が綺麗でしょgood

Rimg1790

波打ち際の岩に見えているのは「カキ」の化石層です。

地層によってフミガイが優勢だったり、タマキガイが優勢だったりと化石によって堆積した環境を想像させます。

Rimg1792

最後に紹介するのは・・・なんと「アオイガイ」sign03

えーっと、今日は6月の25日ですよぉ

主に秋から冬にかけて漂着が見られるアオイガイですがねぇ、、、。

私の中での漂着記録更新です。

もう直ぐ7月ですが、いつまで漂着の確認が出来るのか、、、。

最近は仕事で残業続き(深夜~朝)で滅多に海岸に来れませんが、何とか頑張って通いたいですね。

今日のこのアオイガイですが大きさは140mmで、2箇所ほど鳥に突かれたとみられる割れがありました。

でもアオイガイって何度見ても美しいっすlovely

2009年6月19日 (金)

「科学夜話 Cafepedia」第十七夜 ありがとうございました。

Rimg1778

北九州市小倉北区のお洒落なカフェ「cream」で開催されている「科学夜話 Cafepedia」。

2009年6月18日の十七夜のテーマは「意外に知らない?化石のまち~北九州~あなたも発見してみませんか?」

話し手は私でした。

Rimg1779

私たちが普段生活している北九州地方ですが、実は身近なところに化石ってあるんですよってことをお伝えしました。

最後はおまけにビーチコーミングで出合ったアオイガイの動画を見て頂きました。

参加された皆様楽しんでいただけましたでしょうか?

科学夜話 Cafepediaを運営されている皆様、カフェ「cream」のマスターをはじめスタッフの皆様、そして参加していただいた皆様、どうもありがとうございました。お世話になりました。

まだ漂着しているんだ、、、。

Rimg1771

2009年6月18日、昼の北九州市若松区の海岸に漂着したアオイガイの殻が1つ。

おそらく午前中にカラス等の鳥に突かれて割れたのでしょう。上に穴と中央にヒビが入っていました。

実際、周りにはカラスがたくさんいて「おまえらか!」って言ってやりたい気持ちでしたが、しようがないですもんね。

それにしても、こんな時期までアオイガイの漂着を確認できたことはありません。

いつまで確認できるのでしょうねぇ。

2009年6月17日 (水)

まだ元気に繁殖中「ミナミヌマエビ」

Rimg1732

もう何年になりますかねー

水草のたくさん生えた用水路で捕獲してきて自宅で飼っている「ミナミヌマエビ」ですが、

相変らず元気で今の時期は卵を抱えて繁殖中です。

写真は餌に群がるミナミヌマエビ。

ヤマトヌマエビのように幼生期に海に下る両側回遊型ではないので、家の水槽でも容易に繁殖させられます。

とっても飼い易くて可愛いですよ♪

2009年6月14日 (日)

平成21年6月18日(木)の科学夜話 Cafepediaは・・・。

Rimg1760

北九州市小倉北区のお洒落なカフェで開催されている「科学夜話 Cafepedia」。

毎回各界で活躍されている素晴らしい語り手がいらっしゃっています。

そんな科学夜話 Cafepediaの次回17話の語り手は、なんと私、、、。

テーマは「化石」、北九州を中心に身近にある化石を紹介しながら化石の魅力について話をさせていただこうと思います。

内容は当日参加された方々との話の流れで色んな方向に進むかも?

一緒に楽しい時間が過ごせれば幸いに思います。

詳しくは・・・

「科学夜話 Cafepedia」

http://www.cafepedia.net/

「cream」

http://www.cream-colony.com/

   

2009年6月13日 (土)

自然史友の会企画展・日曜日で終了

北九州市の「いのちのたび博物館」で開催されている自然史友の会30周年記念の企画展は、6月14日の日曜日までとなっております。

私は土曜・日曜と仕事(歯科医院勤務の歯科技工士)なのですが、日曜の夕方に職場から博物館に行く予定です。

当日、博物館が閉館してから展示物の片付けで~す。

2009年6月12日 (金)

バナナ

Rimg1737

6月11日、ブログを通して知り合った宮若市在住のちゃくろさんと一緒に、宮若市山口地区を散策しました。

この地区には白亜紀の脇野亜層群が分布していますが、古い文献によると化石の乏しいところということで、私はまだ調査したことがありませんでした。

今回、ちゃくろさんに案内していただき、沢の転石などを見て歩きました。

その印象はもともと化石の乏しい地層が変成を受けているというものでした。

ただとにかく露頭がなく十分な調査には程遠いというもので、草が枯れる冬を待って再チャレンジを試みようと思います。

写真はその時に見かけたバナナの木。

偶然にも花が見れました。

宮若市の丘陵地帯でまさかバナナに遭遇するとは、、、。

ちゃくろさん、ご案内ありがとうございました。

小学校の岩石園も良い活用をしたいですね。