フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 第7回自然史友の会創立30周年記念事業実行委員会 | メイン | 今年も飯塚市の遠賀川河川敷に鯉のぼりが揚がりました »

2009年4月 2日 (木)

カルカロドン・メガロドンの歯

Rimg0925

今日は用事があって「いのちのたび博物館」のO先生のところへお邪魔しました。

その際にM先生から見せていただいたのがこれ!

カルカロドン・メガロドンの巨大な歯です!

現世でいうホホジロザメの祖先にあたる歯の化石です。

国内産で、私の手が隠れてしまいそうな大きさは今まで見たことがありません。

M先生が採集されたとの事ですが感動でしょうね。

私のホームグラウンドの北九州の芦屋層群では時代がこれより古く、メガロドンではなく、カルカロドン・アングスティデンスという種類が産出します。

メガロドンに比べると大きさは小ぶりでスマートです。

私はカルカロドンにはあまり縁が無く、親しくしていただいている昭ちゃんさんが過去良い標本をいくつも採集して博物館に寄贈しておられます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/19177517

カルカロドン・メガロドンの歯を参照しているブログ:

コメント

デッカ~sign03
まだ破片しか採取していないので、
死ぬまでに1つは欲しいですsweat01

RZVさん、コメントありがとうございます。
凄いですよね。。。この大きさ。。。
私も大きなカルカロドンをいつか、、、と夢見ています。

ちなみに以前私が採集し、博物館に寄贈させていただいた「カルカロドン・アングスティデンスの子どもの歯」がこのアドレスで見れます。
http://www.j-muse.or.jp/joyful/nature/na002.html

クロちゃんがんばってるねー
なんといってもアングだけは見つけた瞬間キャッホーっと。
特に母岩からでたばかりは最高の色ですね。

すごい!こんなに大きな歯があるなんて!
ずっしり重いのでしょうね。
しかも光ってて、目の前で見たら圧倒されそうです。

昭ちゃんさん、コメントありがとうございます。
アングは、ほんとに私は縁がなくてなかなかお目にかかれませんbearing
やはりアングと言えば昭ちゃんさんやIさんの活躍が際立ってますね。
私もキャッホーっと言いたい!

hana-ikadaさん、コメントありがとうございます。
大きいでしょ!
それにずしっときます。
こんな歯でやられたら人間なんてひとたまりもないですね。
写真の手のひらにある歯はもちろん、奥のデスクの上に並んでいるたくさんのサメの歯にも圧倒されましたcoldsweats01

クロちゃん一杯でていますね-
お蔵入りのアングが出るとうれしいけれど、、、。

コメントを投稿