フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

年越祭の準備

12月30日、例年のことですが地元の有志で結成している「目尾(しゃかのお)フォーラム」で近所の神社(飯塚市目尾 浜生神社)で年越祭の準備をしました。
小さな神社ですが31日の深夜はご近所さんたちが大勢集まってくれます

機材の搬入から照明やテントの設営などをメンバーで行ないました。

私です(照)
今日はこの為に仕事をお休みしました。
明日は仕事が終わって、夕方からまた神社集合です。

メンバーで記念撮影。
お疲れ様でした。
私は撮影しているので写っていません。
明日の本番、よろしくお願いします。

ということで31日の夜はご近所の神社で、年越そば・うどんの販売とくじ引きをします。
そばはえーっと¥150だったかな。
もちろん儲けなどありませんが、地元の交流が出来て大満足の行事なのです。
さて、寝ないと忙しい一日になるぞ。

今年一年、このブログを通してお世話になった方々、本当にありがとうございました。
皆様良いお年をお迎え下さい♪

2008年12月30日 (火)

私設化石収蔵庫計画12


日曜の夕方、車のバイナル(デザインカッティングシート)でお世話になった「切文字屋 福岡原店」(福岡県福岡市早良区原3丁目19-19-1)に看板の依頼に行きました。
ここは私の友人達もお世話になっている看板屋さんで、店長さんの人柄に惚れ、クラブのステッカー等を作っていただいてます。

急な依頼だったのですが、その場でデザインしていただきアルミ板で即行で製作していただきました。

今年中に看板を付けたかったので有難かったですね。
お代は?とお聞きしたところ「差し上げます」との返事。

「えー!マジですか!!!」

ビックリしましたが、有難く頂戴して帰りました。
店長さん、本当にありがとうございました。
早速収蔵庫に貼り付けました。
また年明けに別の依頼でお伺いさせていただきますね。

鐘崎のノウサバ 2

続きです。。。
今回は調理編。
初めてつくる「ノウサバ」(鐘崎数の子)です。
上手くいくかなぁ?

買ってきた「ノウサバ」を切ります。
サイズは鍋の熱湯に入る程度。

開いてあったのを閉じて遊んでみました。
切る前にやれば良かった、、、。

熱湯に2〜3分入れて柔らかくなったところでタワシで皮を擦って固い鮫肌を取り除きます。
さらに細かく切って、作ったタレにつけて一晩寝かせます。


家族に食べてもらった感想は「タラと変わらんやん」だそうです。味付けによってはいろいろ出来そうにも思います。
中央のフカヒレは娘のお腹に入りました。


昭ちゃんさん家にもおすそ分けしたのですが、調理されたかなぁ?

2008年12月28日 (日)

鐘崎のノウサバ 

前のブログで、ある目的のため車を走らせていると書きました。
そう、もう随分前に新聞で紹介されているのを見て、ずっと気になっていた「ある干物」を手に入れるために車を走らせていたのです。

その名は「ノウサバ」またの名を「鐘崎数の子」といい、
メジロザメ目ドチザメ科ホシザメの干物なのです。

これは福岡県宗像郡鐘崎地区(漁港の町でフグのはえ縄漁などで知られている)の正月料理としてこの時期に作られているもので、この地域特有のものです。

最近この地区の近くに道の駅ができ、そこにも置いてあるようですが、私は作っているところに直接買いに行くことにしました。

港町の海産物加工所です。
事前に電話していたのですが、店頭には大小様々な大きさの「ノウサバ」が吊り下げられていて選び放題といった感じです。

大きなものは、まだ乾いていないと外にまだ干してありました。ここ数日でかなり出たとの事で、数日前はもっとたくさん干してあったとか。

綺麗に開いてありますよね。
なんとも姿がユニークです。

ひぇー!に、睨まれているぅ。。。

私が購入した「ノウサバ」の歯。
これで甲殻類などをバリバリ噛み砕くんですねぇ。

ザラッザラのサメ肌。
ヤスリのようです。
もちろん、このままでは食べられません。

どうやって食べるか、それはノウサバを熱湯に2〜3分浸し、タワシで表面のサメ肌をこすり落とします。
綺麗に水洗いした後、長さ5〜6センチに横切りにし、さらに楯に細かく短冊切りにして、醤油・酒・みりん・赤唐辛子少々で作ったタレに一晩浸けて完成だそうです。
結果はまた後日。。。

良い天気♪

今日も残業で朝まで仕事でしたが、外に出ると気持ちの良い快晴♪

「よし!こんな日は海だ!」

車を海岸へ走らせます。

北九州のいつもの海岸を散策し、数年越しのある目的のためまた車に乗り西へ向かいます。

途中、なみかけ大橋から水面に浮かぶ漁船が綺麗だったので撮影。場所は遠賀郡芦屋町の遠賀川河口。
この橋を建設する際、貝類やウニなどの化石が見つかっています。

移動の途中、三里松原海岸へ。
この周辺はサーファーのメッカ。たくさん車が停まってました。
潮が満ちていて面白そうな漂着物は見当たりませんでしたが、カワハギの仲間が打ち上げられていました。

2008年12月26日 (金)

12月25日早朝


更新が遅れてしまい申し訳ありません。
私の仕事、歯科技工はこの時期急ぎの注文が集中するため毎日深夜もしくは朝帰りでブログを更新する気力に欠けてしまって(汗)
画像は徹夜明けの北九州市若松区の海岸です。
荒れて波が高かったですね〜
遠くの船が大きく揺られてました。

2008年12月12日 (金)

小さなアオイガイ♪

水曜日の夕方、職場の忘年会を遠賀郡岡垣町の旅館「八幡屋」で行なうとのことで、マイカーで移動中に旅館の近くの浜に寄ることにしました。

夕方の三里松原海岸。
美しいでしょう。
前日2時間しか寝てなかった私ですが、とっても癒されます。

暗くなる前にビーチコーミング開始!
北九州の若松の海岸とは漂着している貝類の種類が少し異なります。
所々纏まっているのはキサゴの仲間です。
小さなアオイガイのかけらを発見!やっぱりどうやら最近寄ってきているようですね。
ヒラタブンブクの殻。脆くてどれも割れていました。完品は私も持っていません。

あ!あった♪アオイガイの子どもの殻です。
ラッキー!
暗くなってきたのでここで終了。
近くの旅館に移動しました。

忘年会後、旅館に泊まった私は翌日の朝、宗像の海岸も歩きに行きました。残念ながら一部欠けていましたがここでもアオイガイの子どもの殻を一つ見つけることができました。
海岸では毎日浜を散歩しているというおじさんと30分くらい浜の様子についてお話しました。こういう出会いもビーチコーミングの楽しみの一つなんです。

2008年12月 5日 (金)

12月4日ビーチコーミング、収穫祭♪5 アオイガイ♪

つづきです。

なにげに潮溜まりに目をやると想像してなかった光景が!「あー!」思わず声を上げてしまいました。
こんなところにアオイガイの完全体があるとは、、、。

ニンマリしながら手に取り撮影。
今シーズン初のアオイガイ採集です♪
奥に写っているのは「ひじき」採りの漁師さん。
じつは漁師さん、周りにたくさん居ます。


バンザーイ!
モクズガニもバンザイしてくれました。
(威嚇してるだけやん)

ウミウたちも喜んでくれました。
(んなことあるわけない)

おわり。。。

12月4日ビーチコーミング、収穫祭♪4

つづきです。

タマキガイ(グリキメリス)の化石層があるポイントにやってきました。

その横には黒いゴミ袋が破れた状態で、、、。
おそらくカラスの仕業でしょう。
中にはハングル文字の生活ゴミが、、、。

その数メートル先はこんな状態。
悲しいですね、、、。

気を取り直して久しぶりにサメの歯の化石でも探してみるかと腰を下ろすと「あ!あった」
久しぶりのサメの歯です。メジロザメでしょうか。
他に魚の脊椎骨も採集出来ました。


ツイてるなぁ。
そしてこの後さらに、、、もし少しつづきます。。。

12月4日ビーチコーミング、収穫祭♪3

つづきです。

なんだこの白い物体はと覗き込むと、それはハコフグの遺骸でした。
ちょっとグロいですか?

でも拡大するとどうですか?
体を覆った骨盤の模様が、まるで塩の結晶のようで綺麗ではありませんか。

バラけて落ちていた骨盤を拾って手にのせてみました。
本当に綺麗ですよね。
こんなのが単体で化石で出てきたりしたら、フグなんて現生と比較しないと分からないでしょうね。

このハコフグって、生きている時は皮膚から毒を出すそうで一緒の水槽で別の魚を飼うと死んでしまうことがあるそうです。

まだつづきますよー♪